きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニッコール千夜一夜物語 ニコンを世界ブランドにしたレンズ

<<   作成日時 : 2008/07/10 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 7月に入り、『ニッコール千夜一夜物語』が更新されていました。今回はニコンのレンジファインダーカメラ用のニッコールレンズのお話でした。戦後、ニッコールレンズが世界的に認知されるきっかけをつくった、伝説のレンズともいえる、Nikkor P.C 8.5cm F2 が今回の主役です。

 その後の、ニッコールレンズの大口径化の先鞭をつけたレンズともいわれる、Nikkor P.C 8.5cm F2 ですがこのレンズを語るときに切っても切り離せない人物がいることはもうニッコールファンのかたにはおわかりのことと思います。ニッコールレンズが世界的に知られるきっかけを作った人物とはデビッド・ダグラス・ダンカンという報道写真家のかたで、当時のLIFE誌というグラフ雑誌で活躍されていたかたでした。

 自分もこの逸話に関しては、ものの本などで読み感動した記憶がありましたが、そのダンカン氏のニッコールとの出会いの詳細が、今回の千夜一夜では書かれていて、初めて知りました。その一部だけを抜粋すると、

「当時社長であった長岡正男は3人をレンズの検査室に案内し、投影検査機でダンカン氏、ブリストル氏の手持ちのレンズとニッコールレンズの性能比較を見せたという。ニッコールレンズの優秀さをまのあたりにした2人は、すぐさまライカ用のニッコールレンズを買い求めた。」という。

 ニコンで実際に検査をみて、そのレンズの素晴らしい性能を目の当たりにして、入手した経緯があったのでした。今までは、同じLIFE誌のカメラマンだった三木淳氏が、持っていた、Nikkor8.5cm でダンカン氏のスナップを撮影し、後日その写真を引き伸ばして見せたところ、ダンカン氏がその性能におどろきすぐにニコンにいきレンズを購入したというはなしが一般的に語られたものと思われていました。

 実際には千夜一夜を読むと、ダンカン氏を撮影したレンズは三木氏のものではなかったこともわかり、それはたまたま遊びに来ていた友人のものだったこと、そして、ダンカン氏が訪れたニコンでは当時の社長さんが自ら、投影検査機でダンカン氏と同行されたブリストル氏の手持ちのレンズとニッコールレンズの性能比較を見せたということなど、神話の生まれた背景が詳しく語れらていて読んでいて楽しい回となっていました。

 今回は投影検査機を使った、当時のレンズ検査方法などのおはなしもあり読み応えのある内容になっていました。


【資料】
ニコン
ニッコール千夜一夜物語
第三十六夜 伝説のレンズ「Nikkor P.C 8.5cm F2」
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/nikkor/n36j.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
見てまいりました。
そうなのか〜、と私も驚きましたよ。ケイさんと同じく、色んなニコンのムック本ではスナップの描写に驚いて買い求めたものと認識していましたから。
それにしても「千夜一夜〜」。ちょっと久しぶりに見ましたが、衝動的に(純正ニッコールの)レンズが欲しくなる誘惑に満ちみちていますね〜(笑)
昇り龍
2008/07/11 19:52
昇り龍さんこんにちは!
定説には、さらにその先の逸話があったのですね。
感慨深いです。社長さん自らテストしてみせたという熱心さがもしなかったら、でもまた別な神話が生まれていたのでしょうね!千夜一夜は危ないですよ!自分もけっこう困ったことになりましたから!でも読むと楽しいのでぜひ時間のあるときに読破してください!(笑)
blog管理
2008/07/12 00:10
こんばんは、ケイさん。
この話なんですが、今月号のアサヒカメラの
ダンカン氏のインタビュー記事によると、
三木氏の使ったレンズは85mmF2ではなくて、
50mmF1.5であったと記憶していると書いて
あるんですよね。
果たして真相はどちらでしょうか?
tetuya
2008/07/12 20:21
tetuyaさんこんにちは!
tetuyaさんのコメントを読んでさっそく積読状態のままだったアサヒカメラを読みました!めちゃくちゃおもしろいですね〜!真相はどうなのでしょうね!ライバルのC社にもいくところだったのが、電話で断られてお終いというのも歴史にもしもはないといいますがもし断っていなかったら歴史は変わっていたのでしょうか。
この真相はわからないほうが夢があって楽しいかもしれませんね!
blog管理
2008/07/12 23:13
ニッコール千夜一夜は、本当に面白い記事ばかりですね。
アサヒカメラの記事も読み応えがあり、永久保存版という感じです。
両方合わせて読むと、面白さ倍増で感激です!
ダンカン氏がFEがお気に入りで、今でも使っているというのがうれしいです!
58Caddy
2008/07/13 01:41
58Caddyさんこんにちは!
千夜一夜はほんと楽しいですね!今回のアサヒカメラの記事も新事実がでていて、大変興味深いものがありますよね!おっしゃる通り両方合わせて読むとすごくおもしろいですよね!FEがお気に入りというもの自分もかつて愛用していたカメラがFEなのでなんとなくうれしい感じです。
blog管理
2008/07/13 23:57
ニッコール千夜一夜物語 ニコンを世界ブランドにしたレンズ きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる