きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンの収益性重視路線は販売サイドと利害が一致?

<<   作成日時 : 2008/06/05 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 コンパクトデジタルカメラの売り上げが今年に入って横ばい状態のようです。以前からいわれている市場の飽和が現実味をおびてきた感じでしょうか。そんななか、デジタル一眼レフは2007年の勢いこそないもののまだまだ伸びているようです。

 毎日 j p の CNETニュース、『デジカメ春商戦は成長続くも伸びが鈍化 一眼レフは堅調に推移』で報じているもので、ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンの資料を元に、この春のデジタルカメラ商戦の対前年比較を紹介していました。(下記資料を参照)

 それによると、2月から4月のデジタルカメラ全体の販売実績では同時期の対前年比で、101%と1%の増にとどまったことがわかりました。それに対してデジタル一眼レフの同時期の対前年比では、110%増とまだまだ伸びていることがわかりました。記事よりデジタル一眼レフに関する部分を抜粋すると、

「一眼レフカメラは前年同期比で数量ベース110%、金額ベース118%と堅調な伸びを見せているが、2007年には及ばない。デジタルカメラ全体に占める割合は数量ベースで13%、金額ベースで40%となり、カメラ専門店のみで見た場合、数量ベースで31%、金額ベースで70%を占める。機種別では販売数量トップにキヤノンの「EOS Kiss X2 ダブルズームキット」がランクイン。またレンズセット人気が高く1位から5位まですべてがレンズセットとなった。特に家電量販店では8割がレンズセットの販売となっている。」

 ということで、カメラ専門店ではデジタル一眼レフの売り上げが、金額ベースで70%を占めていることもわかりました。販売サイドからみても、売れるデジタル一眼レフの市場投入が待ち望まれていることになります。

 このことだけで、一概にはいえないとは思いますが、ニコンの今年の戦略である、ハイエンドのデジタル一眼レフの売り上げを伸ばして、シェアにはこだわらずに収益性を重視していくといった方向性は、市場の伸びが徐々に落ち着きつつある状況に即したものといえるようです。

 そして、ニコンのハイエンドモデルの投入ということも、デジタル一眼レフの売り上げが金額ベースで、70%を占めているカメラ専門店サイドからは利幅の取れるカメラの投入ということで、歓迎されるものとも思われ、利害の一致もみられそうでカメラ専門店の積極的な販売展開も期待できそうです。

 ニコンでは、年内に国内生産能力を3から4倍に増強し、国内の年間生産能力を約14万台から50万台程度まで引き上げ、D3の生産を維持しながら複数の新モデルを投入するとしていて、収益性の確保の面からもそう遠くない時期に、D3の生産を維持しながら投入される新モデルがでてきそうな感じもしてきます。

 ニコンのいう収益性に寄与するハイエンドの新モデルとはいったいどのようなモデルとなっての登場なのか、ニコンのホームページからはとうとう、D200の『本製品のメーカー在庫は終了しました。』という告知が掲載され、次の動きがなにかあるのではないかと、このブログにコメントが寄せられましたが、一昨日の、Capture NX 2 がすでに対応していると思われる未知のカメラの発表も近いのかとてもきになります。


【資料】
毎日jp
CNETニュース
デジカメ春商戦は成長続くも伸びが鈍化 一眼レフは堅調に推移
2008年06月03日 21時54分
http://mainichi.jp/life/electronics/cnet/archive/2008/06/03/20374561.html
【この記事を参照しました】

【関連記事】
『ニコンはハイエンドに注力し収益性重視に舵を切る』(2008/05/31)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200805/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この様子だと、D3X、FX中堅機、D80後継は年内に出てきそうですね。個人的には+αがあるのか気になるのですが。D60が最近主流になりつつあるライブビューに対応していなかったので、エントリーラインにライブビューデジタル一眼レフがあっても(シェアの維持的に)いいように思います。いくら収益性重視でもシェアは維持していかないと、後々に響きそうですし・・・・。
それはともかく、この収益性重視という所から、デジタル一眼レフではなく、コンパクトデジタルカメラをどうするか、というのが気になっています。
僕はFOVEONを扱いこなす自信がなかった事もあってDP1は見送っているのですが、Nikonから同じようなコンセプトのコンパクトデジカメが出てきたら(D300あたりのセンサーでしょうか?)、ふらっといってしまうかもしれません(笑)
真の意味でデジタル一眼レフのサブ機となるコンパクトデジカメが出てきたら面白いだろうな、と思ってます。
しろうさぎ
2008/06/06 00:39
ニコン本来の戦略ではありますが
キャノンの低価格機を大量に販売し
若いユーザーを囲い込む戦略にやられたのが
近年のニコンの低迷の一因だというのを忘れてもらっては困ります。
せっかくキムタクを使い、若いユーザーを獲得できてきたのですから、
さらに魅力的な低価格機も投入してさらなるエントリーユーザーの獲得も継続すべきではないでしょうか?
サーキットのロバ
URL
2008/06/06 01:14
しろうさぎさんこんにちは!
タイ工場でエントリークラスの新モデル生産準備の
うわさがありましたよね!おっしゃるようにLVは
エントリーモデルにこそ必要な機能と思っています。
なので、ニコンもそのあたりを押さえた新モデルの
投入はあると思います。デジタル一眼レフの世界
市場は今年、出荷台数で前年比20%以上増えて、
900万超ともいわれていますがニコンでは今年
400万台の生産体制に持っていくということ
ですからこの数字をみるとシェアも当然意維持する
とみていい数字に思います。コンパクトの面では
高級コンパクトがこれからどうなるかだと思います
けど、各メーカーから大サイズのセンサーを搭載
したコンパクトがでてきそうな感じもありそうです
ので、そうなってからまた動きがありそうな感じ
ですね。
blog管理
2008/06/06 16:35
サーキットのロバさんこんにちは!
そうですね。キヤノンもエントリーの格安モデル
での競争はしないといっていたのに1000という
モデルのうわさもありますから、ニコンもD40
クラスのモデルは引き続き継続して底固めはして
おいたほうがよさそうですよね!
収益性重視ということですが、ことしは400万台
体制に持っていくということですからシェアの面で
もだいじょうぶではないでしょうか。今年の伸びが
900万台超といわれていますがその中で400万
ですから。あとはD40(D40xも)で獲得した
新規の顧客を離れていかないようにD40に似合う
魅力あるレンズの投入などもしていったほうがいいと
思います。昨年のD40の大成功でエントリーモデル
の重要性はニコンとしてもよ〜くわかったと思うので
そのあたりの新モデルの継続投入も問題ないのでは
ないかと想像しています。
blog管理
2008/06/06 16:44
せっかく頑張って働いたお金で買い物をするのですから、どれだけ満足してもらえるかがポイントだと思います。

昔に比べてネットで積極的に情報を発信できるようになった現在。
コンデジより撮影者の意図を反映させやすいのは間違いのないところだと思います。

ただ、ちょっと大きくて嵩張るのでもっと小さいDSLRがあれば多少高くても欲しいなあと思います。
あわせてパンケーキのDXも欲しいところですが・・・。
次期型D80でも書かせていただきましたが、上下展開も充実させつつ、特定の目的を満足させる商品も成熟した社会では必要かと思います。

世の中の車全部がフェラーリではかえって不便そうですが、トラックやファミリーカーの中にあるフェラーリはとても貴重だと思います。
marusuke
2008/06/06 20:43
なるほど〜。金額ベースで70%の構成比にもなるんですか !
だとすると販売側としては、さらなる構成比アップを目標にしてくると想像します。値崩れしないハイエンド機は、粗利益確保も見込めますものね。

ニコンはもちろん、ソニーの存在が気になります。
昇り龍
2008/06/06 23:29
marusukeさんこんにちは!
D40クラスよりもさらに小型のDSLRという
ことですか。あまり小さくてもぶれやすくなる
心配もありそうですが、(笑)DXでもFXでも
いいのですが、D40クラスに似合うレンズは
欲しいところですよね!あとニコンでは趣味性の
あるカメラ(DSLR)があってもいいというよう
なはなしもしていましたけど、そのあたりはどう
なったのでしょうね。キラリと光る個性的なモデル
もあってもいいような感じもしますが、商売的には
むずかしいのかな。。
blog管理
2008/06/06 23:33
昇り龍さんこんにちは!
70はカメラ専売のお店のはなしのようですけど。
かなりのウエイトをしめていますよね!
値崩れしないハイエンド機はご利益もありそうです
しね!(笑)じょうだんはともかく、販売サイドと
しても美味しい商品になると想像します。
ニコンはもちろんC社もS社もきになりますよね〜!
そして、意外なところではP社の動向もL社との
からみできになるのですが。。
blog管理
2008/06/06 23:37
ニコンの収益性重視路線は販売サイドと利害が一致? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる