きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニーのフルサイズ機は中級機?別にプロ用を開発?

<<   作成日時 : 2008/05/30 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

 このところ、ソニーのフルサイズ機の価格に関するうわさがとりざたされていますが、ソニーのフルサイズは1機種ではないというようなうわさもでてきて、ソニーのモデル展開もバリエーションの広がりをみせるのか新たな展開もあるのでしょうか。

 ドイツのカメラ雑誌のインタビューにソニーのスタッフが答えたということで、年内に登場するソニーのフルサイズ機はセミプロ向けのもので、プロ向けのフルサイズ機は別に準備中であるとするうわさがありました。

 ソニーのAPS-Cサイズのデジタル一眼レフをみると、α700からα350、α200そして海外専用モデルの、α300と4機種ものバリエーションがあります。コニカミノルタから一眼レフ事業の譲渡を受けて始めた一眼レフ事業ですが、ここにきて短期間でかなりのモデル展開をおこなってきた印象です。

 そのような短期間でモデル展開をおこなえるソニーが、フルサイズ機の分野でもモデルバリエーションを展開してきても、それほど不思議なことではないのかもしれません。年内に登場するといわれるソニーのフルサイズ機はすでに、「アマチュアの方にも無理せず購入できる価格にしたいと考えています。」と事業部長が語っているように、フルサイズ機ながら価格面でかなりこだわった設定をねらっていることをうかがわせ、上位モデルがでてくる余地はありそうな感じもします。

 今年登場するといわれているソニーのフルサイズ機が24MPながら、セミプロ向けということになると、EOSの5DやニコンからもでるのではないかとされているFXフォーマットの中級機と競合する機種という位置付けになり、価格的にも対抗できる設定にしてくることになります。そう考えると「アマチュアの方にも無理せず購入できる価格にしたいと考えています。」という言葉の意味もなんとなく理解できる感じです。

 今回のうわさが仮にほんとうだとすれば、今年登場するソニーのフルサイズ機の位置付けがわかり、価格設定に関する事業部長の言葉の意味も通じてくる感じですが、そうなるとプロ用のソニーのフルサイズ機とは、いったいどのようなものになるのか、今度はそちらに興味が移りそうな感じです。


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
今年出るフルサイズの機種名がわかると、ソニーがどの位置にその機種を位置づけているかわかると思います。α9なら、最上位機種。α7なら、来年上位機種が発売されると推測されます。

ただ、プロ向けに上位の機種があっても、どこの誰をターゲットにして開発するのか、迷走するような気がします。
Hiroyuki
2008/05/31 01:35
Hiroyukiさんこんにちは!
うわさではA900ということになっていますが
まだうわさの段階ですからね。この情報を載せて
いるサイトではA800とA900と書いてあり
ました!どちらがどちらなのか。。
過去の例からするとA900がプロ用でしょうかね!
そうなると今年でるソニーのフルサイズ機は、
α800でしょうか!おっしゃるように機種名が
一桁番になるかもしれませんし、機種名で今後が
うらなえますね!
blog管理
2008/05/31 01:47
ソニーのフルサイズは先にアマチュア向けを出して後からプロ向けと思っていますが、24MPの素子を共用するのかプロ用はもっとすごい素子を出すのか・・・30MPも現実味が出てきそうでちょっとうらやましいです(笑)。

話は変わりますが、PC-Eレンズは買うことにしました。
気が変わらないように宣言しておかなくては(笑)。
フルサイズはAPS-Cより画素数の増やし代があるとも思えるので、ひょっとしたらソニー、ニコン、キヤノンの間で画素数がすごいことになるかもしれません。
D3もあっというまに置いていかれるかもしれませんがPC-Eレンズがフルに使えるカメラということで愛用したいと思っております。
marusuke
2008/05/31 08:13
おはようございます!
うーむ、Sonyがガチンコを仕掛けてくるようですねー。そうなると5D2は1670万画素と予想していましたが、2200万画素を乗せてくるかもしれませんねー。いままではC社のラインアップ上1Dsの1世代前と同じ画素数でよかったのかもしれませんが、ソニーさんがブレイクスルーしてくれそうですね。待ったかいがあったかも!
きゃのらー
2008/05/31 08:58
marusukeさんこんにちは!
ソニーが今年だすフルサイズ機はプロの用途も
にらんだものと思っていました。それが違うと
なると、これはすごいことだと思いました!
ソニーのモデルラインアップは将来すごいことに
なりそうですね!画素数での差別化をするのか
興味がありますね!
PC-Eレンズを買うのですか!それはそれは!
ここで宣言とは光栄です!将来のロードマップが
どうなっているのかわかりませんが、APS-C
でもかなりの画素数になる(18MP)ようで
フルサイズなら相当なものができそうですね!
D3はあえて12MPにおさえての性能追求モデル
ですから、存在価値はなくならないと思いますが
さらなる高画素モデルも想定したレンズにはちがい
ないと思いますので、買って損はないでしょうね!
いや〜楽しみですね!
blog管理
2008/06/01 00:22
きゃのらーさんこんにちは!
このうわさはあり得そうな感じですよね〜。。
ソニーのモデル展開の早さとほかの製品の多品種
展開を考えると!対するN社C社はどう対抗製品を
展開してくるのか。フルサイズの画素数競争も
始まるのか、興味を持ってみていきたいと思います。
フルサイズでソニーの登場によりきゃのらーさんの
お使いのメーカーのカメラ環境もよいものになりそう
ですね!
blog管理
2008/06/01 00:27
ソニーは、皆をアッと言わせるようなすばやい行動を取ることがありますよね。例えばミノルタの開発技術者を中心とした体制をとったり、レンズのラインナップを予想以上の速さで展開したりしてきました。
こんなサプライズなら、ユーザーは楽しいでしょうね(^^)
Toshi
URL
2008/06/01 00:56
Toshiさんこんにちは!
そうですよね〜!一眼レフ事業の譲渡では関係
する社員のかた約200名をまとめて面倒みた
という実績には、当時おどろいたものですね!
そしておっしゃるレンズではまだまだ発表が続く
ようですし、会社の規模が大きいので開発体制も
以前とは比べものにならないほどのようですよ!
DSLRのラインアップでは上位2社にすぐ追い
つくかもしれませんね。ZAレンズとGレンズの
充実しだいではこの先けっこう健闘そしうな感じも
しますね。
blog管理
2008/06/01 01:27
管理人さん、こんにちは。

この噂は、価格.COMなどでも持ち上がっていましたね。
PMA2008の段階では、フラッグシップ機のみという事でしたが、5D後継機を視野に入れて、フルサイズ中級機をぶつけてくるんでしょうかね?
ニコンもフルサイズ中級機を投入との噂もあり、まさに戦国時代といった感がありますねぇ。
pugichi
2008/06/02 14:53
PMA→PIEの間違いです。><;
pugichi
2008/06/02 14:57
pugichiさんはじめまして!
価格のほうはみていませんでした。そちらでも
話題になっていましたか。確かはじめはソニーの
フラッグシップというはなしでしたよね。それが
いつの間にかという感じですが、どういうライン
アップでくるのか楽しみですね!今年はフルサイズ機
の充実した年となりそうですよね。ニコンのうわさも
でていますよね。いろいろと今年も楽しみですね!
blog管理
2008/06/02 20:49
ソニーのフルサイズ機は中級機?別にプロ用を開発? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる