きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンは今年 中・高級機路線にシフトする

<<   作成日時 : 2008/05/17 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 昨日はなぜか、ニコン関連の話題やうわさやが同時にでてきてにぎやかな感じでした。D3Xに関するうわさやレンズに関するうわさ、そして新しい特許に関するおはなしまで盛りだくさんという感じでした。

 最初は、ニコンD3Xのうわさから。まずきになるポイントは登場時期が来年4月となっていたあたりがひっかかる感じです。内容は、23.6MPで、ISO 50から12800高画素モデルでも高感度域まで問題なく使えるモデルなのでしょうか。画素数が24MPを切っています。

 そしてコマ速は秒6.5コマ、クロップ時は11コマとなかなかの性能のようです。そして興味深いのは動画撮影ができるような感じなところでしょうか。重量は1.4キロできになる価格は、6.750ドルということで、価格はだいたい想定の範囲内という感じでしょうか。そしてうわさでは、名称はD4になる可能性があるのではとしていました。

 まあ、あくまでもうわさなのでいろいろな疑問もわいてきますが、こんなはなしもあるという感じです。そしてレンズに関するうわさでは、オリンピックを前にしてニコンでは新レンズをだすのではないかということで、ラインアップが書かれていましたが、それをみてなんとなくここで紹介するのをためらう感じもあり書かないことにしました。

 というのは書いたひとの希望のように思えたからで、これは単なる感としか書けませんがどうもそんな印象です。ただリストにあった、AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)などはリニューアルを期待されているレンズですし、同じく、Ai AF VR Zoom-Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6Dも、千夜一夜の記事では、お使いの皆さまよりやはり、リニューアルを希望される声をコメント欄にお寄せいただきました。

 書かれていたほかのレンズも、でればいいなと思うものですが、PC-E Micro NIKKOR 45mm F2.8D ED と PC-E Micro NIKKOR 85mm F2.8D は、すでにニコンから登場が予告されていますが、PC Nikkor AF-S 28 mm F2.8 という予定にないレンズがリストには書かれていて、なんとなくこのはなしはどうなのかなと思う一因となりました。

 そして海外で取りあげられていた特許のはなしは、ファインダーに関するもので、ペンタ部につけた小型カメラの映像をファインダー内の「イン・ビューファインダー」に表示して、実像とあわせてみることができるというもののようです。(情報をお寄せいただきました読者のかたにはここで改めてお礼を申し上げます。)

 わかりやすく書くと、D3のDXサイズのクロップ画面がレンズを通した実像で、そのまわりの映像は小型カメラで写した画像ということのようなイメージのようで、スポーツ撮影、特にサッカーの撮影のような場面で威力を発揮しそうなファインダーシステムという感じでしょうか。

 シグマのSD10のスポーツファインダー(小さな撮像素子画面のまわりの範囲までみえるファインダー)をもっと高度化したようなイメージのようです。(個人的な理解が間違えていなければということで、参考のために下記の資料もご参照ください)一眼レフのファインダーもデジタル技術との融合で進化していきそうな感じですが、まだ特許がだされただけということですので、実用化の時期や実現されるのかなどはまったく不明です。

 ここで、ニコンの話題をさらにもうひとつ。これは日経産業新聞に掲載された記事のおはなしなのでうわさとはわけがちがい、今年のニコンの戦略にも関係してくる重要なおはなしという感じのものです。この情報は、先日読者のかたよりコメントでいただいたものです。

 日経産業新聞の報道によると決算説明会の中で、ニコンは今年のデジタル一眼レフの生産計画を330万台に抑えて、中・高級機路線にシフトする旨の発表があったという。これはなかなかに興味深い情報という感じがしました。

 情報を寄せてくださった読者のかたも、「敢えてシェア争いを避けて利益重視の堅実経営に舵を切ったようですね。」と、語られていましたが、まさにそういう感じがします。「330万台におさえて」という部分が、もっといけいけどんどんで生産して販売はできるという余力さえ感じさせ、ニコンの今年の動きが楽しみになってきます。(情報をお寄せいただきました読者のかたには、ここで改めてお礼を申し上げます。)

 つまり、ここでは、「中・高級機路線にシフトする旨の発表があった」のに、D3Xを来年だすのかという冒頭のうわさの信憑性にはなしはもどる感じがしてくるわけです。そして先日の仙台ニコンの生産力増強の報道ともあわせて考えると、中・高級機路線にシフトするなら、そこで売るものがなければならないという単純なはなしになってきます。

 ということで、今日のうわさはほんとなのという感じで、3回連続の、ほんとなのシリーズになってしまった感じです。先日書いたようにそんなシリーズの計画はないつもりだったのですが。



【資料】
GIZMODO 日本語サイト カメラ全般
Nikonがデジタル一眼レフ用に「イン・ビューファインダー」の特許出願
http://www.gizmodo.jp/2008/05/nikon.html

【関連記事】
『ニコン D3生産の国内高級機生産拠点を強化!』(2008/04/25)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200804/article_25.html
『ニコン2008年度過去最高益を発表!新製品に膨らむ期待!』(2008/05/12)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200805/article_12.html
『ニッコール千夜一夜物語 今回は初のVRレンズのおはなし!』(2008/04/02)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200804/article_2.html

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
「中・高級機路線にシフト」ですか…と言うことはD40みたいなのはもう終わりってコトなのかな?以前はD40よりも下位機種もみたいな話しでしたよね?
でも「中・高級機路線にシフト」されるってコトは5D対抗も期待できるってことなのかな(笑)
ほんと、今年の動向が気になりますね。
凧tako
URL
2008/05/17 19:25
凧takoさんこんにちは!
D40クラスはもう終わりではなくD60とD40で
しっかりとライン構成ができているので今年は
ということだと思います。そしてD90も期待され
ますし、D40の後継がでるのかは不明ですが
でるとすれば来年ということで、今年は中・高級機
に注力するということではないでしょうか!
今年はα200や、うわさの1000Dなども安い
モデルに動きもありD40は息の長いモデルとして
存在しそうな感じになってきましたね!
FXのD300のようなカメラが楽しみになって
きましたね!
blog管理
2008/05/17 21:16
まったくの素人考えなのですが、生産数の計画は、販売動向により上方修正される可能性がありますね。
ここはぜひ景気よく、上方修正になって欲しいものです。
D3xもこのうわさ通りだったとしたら‥‥2度目の生命保険解約とか、会社&家族に内緒でアルバイトでもしますかね(笑)
最後のは冗談ですよ(笑)
昇り龍
2008/05/17 22:43
昇り龍さんこんにちは!
そうですね!ニコンの思惑に反して、売れすぎて
上方修正という事態は十分にあり得ることですよね!
まだ今年も売り上げが飽和するとも思えませんので。
じょうだんにしても、そんな感じでも欲しいという
お気持ち、よくつたわりました!(笑)ここは
やはり昇り龍さんは、D3で初志貫徹ですよ!
D3貯金の目的外使用の誘惑をこれまで幾度も
断ち切ってきたわけですから!
blog管理
2008/05/17 23:47
D3Xいつ出てくるんでしょうね?1D3→Nikonへの乗り換えを検討中の者としては興味のあるところです。
レンズの噂にMikroNIKKOR 200mmも出ていましたが、露出倍数が掛かる際の実効F値表示/非表示の選択設定できるようにいい加減使用変更してくれないかな...。Nikonの一番馴染めないところです(-_-;)
HANAZONO
URL
2008/05/18 00:28
中・高級機への取り組みに力を入れるということは、プロの要望に応えるとともに、これらの市場を伸ばそうというニコンの戦略なのでしょうか。
エントリー機の市場開拓は一段落したので、ここはニコンとして既に戦略が見えているということで、手を抜くことは無いと思います。
私はラインナップが一層充実してくると期待してます(^^)/
Toshi
URL
2008/05/18 00:47
これは、富士が1眼レフの開発を中止した噂と関係があるのではないでしょうか?富士の噂は確率が高いようです。 以前特許を申請していた、受光部の交換できるカメラとの関係もつじつまが合います。
もう画素数のUPは、もう少しで必要ないところまで進行しています。カメラの機能も操作部分は完成の域で、ライブビューの進歩と、カメラ内で、画像編集がどれだけ出来るかになっています。そもそもカメラは普通の人は、今の画質で満足していればね買い換えないです。これからはプロ用のカメラに力を入れるのは必然でしょう!キャノンのプロシェアーを挽回するには自然の流れですね。
以前言った、ニコノスデジタルとか出れば、水中カメラマンとか喜んで買いますよ。(夢ですが)
せいちゃんです
2008/05/18 09:53
HANAZONOさんはじめまして!
D3Xのうわさが、直近ではD4になるとかという
うわさが流れてきて、来年の4月といううわさも
でてますよね。今年中の登場なのかなと思っている
のですが実際にどうなるのか、なかなかつかめない
感じです。乗換えをご検討中なのですか。そうなると
登場時期は特にきになりますよね!
露出倍数に応じたF値の切り替え表示があると
便利そうですね。URLのHPを少し拝見させて
いただきましたが、こだわられる理由がよくわかり
ました!素晴らしい花のお写真の数々!ゆっくりと
みせていただきたいと思います!今日あたりのうわさ
では今年でるなんてまた書いてありましたが、さて
さてどうなるのか。早く知りたいですね!
blog管理
2008/05/18 20:33
Toshiさんこんにちは!
そうですね。まさにおっしゃるように、いままで
少し手薄になっていたプロユースの市場で再度
ニコンの存在感を確率させてブランド価値の向上を
図るということではないでしょうか。
今年度の目標もブランド価値向上のようですし。
エントリーからその少し上はしっかり確保して
地盤固めできたので、今年はさらにその上も固めて
いこうということですね。おっしゃるように、
エントリーの手抜きなどあり得ないと思います。
ラインアップの充実ということでは今年ニコンの
DSLRは、フルラインがそろう年となるのかも
しれませんね!これは希望的観測です。(笑)
blog管理
2008/05/18 20:40
せいちゃんですさんこんにちは!
なんだか意味深な予告めいたおはなしで興味深い
です!なるほど。これから上級機に注力するのは
自然な流れなのですね!ブランド価値の向上という
ことでは、やはり高級カメラに力をいれてシェアも
確保していくことが大切になりますよね。
ニコノスはデジタルでこそという感じもしますよね。
カメラの進化と幅の広がりなど、楽しみはつきま
せんね!
blog管理
2008/05/18 20:46
ニコンは今年 中・高級機路線にシフトする きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる