きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニーのフルサイズ S5 Pro のほんとかなのうわさ

<<   作成日時 : 2008/05/15 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 昨日に引き続いてほんとですかシリーズというわけでもないのですが、ちょっとどうなのというおはなしを2題ほど。ひとつはソニーのフルサイズ機の価格に関するもので、もうひとつはとあるメーカーがデジタル一眼レフから撤退するのかというものです。ほんとかな。

 始めのうわさは、ソニーのフルサイズ機の価格を聞いたとするもので、その国の税金を除くとアメリカドル換算で2.600ドル相当になるというもの。ちょっとそれはないでしょう。と、記事を読んでさすがに思いました。

 そしてもうひとつのうわさは、富士フイルムで生産しているデジタル一眼レフ、FinePix S5 Pro がこのモデルで生産は終わりというもの。富士フイルムのサービス部門の技術スタッフから後継モデルはないと聞いたとするはなしがでていました。

 以前、S5 Pro とは別にリーズナブルなデジタル一眼レフの開発もおこなっているといううわさもあったように記憶しているのですが、それも立ち消えになりさらに S5 Pro の後継モデルもないということなのか。独特の撮像素子とダイナミックレンジの拡大技術などで特徴のあるカメラなだけに、もし後継モデルがないとなるとさびしい感じです。

 ということで、ここまでは2日連続のほんとなのシリーズ(そんなシリーズの計画はありませんが)なのですが、先日のEOS 5Dのうわさに付随してでていたEOSの新モデルのうわさが具体化してきた感じです。内容はまったく不明ながらEOS 1000DというEOS Kiss X2 の下位モデルと思われるようなカメラの登場がとりざたされています。

 すでにキヤノンの画像処理ソフトのDPP 3.4 ウインドウズ版に名前がでているということでキヤノンの情報サイトにPCのキャプチャー画像も掲載されています。

 いろいろなうわさが流れてなにがほんとうなのか判断さえできないほどですが、もしかすると信じられないようなはなしでも、それはいまのはなしではなく将来現実になる技術のおはなしなのかもしれませんし、否定できない以上ここではそんなうわさもあるということを楽しんでいただければと思います。


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
後継モデルは無い。ではなくて。
後継モデルは暫く無い。だと思います。

元ネタはこちら
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/
2008/04/03/8233.html

中判フィルムカメラの新機種を出すような会社ですから(笑)今後の売れ筋のデジタルを辞めることはないでしょう。
以前のインタビューでもニコンやキャノンと同じ土俵では戦わないというような事を言っていました。

S5ユーザーなので贔屓めに読み取ってますけどね。
kojimac
URL
2008/05/16 00:18
kojimacさんこんにちは!
この記事(URL)のこと、すっかり忘れて
いました!ありましたありました!

「一眼レフについてはノーコメントです。我々はこれまでも、一眼レフカメラを比較的長いスパンで開発してきましたし、もうしばらくS5 Proをよろしくとお伝えしたいと思います。」

ということで、だすとしてもかなり先になりそうな
ニュアンスですね。D300という素晴らしいベース
ボディもあるのにもったいないなと思っていました!
ここはぜひ継続して、またいいDSLRをだして
もらいたいですね!

このコメント欄は機能が低くURLを記入すると
途中から消えてしまうので、文中のURLには
改行をいれさせていただき、別途URLを表示
できるようにその部分だけ直して再掲載しました。
blog管理
2008/05/16 00:26
失礼しました。URLの件、以後気をつけます。

予想というか希望なのですがS5Proの後継モデルは
D300ボディーのS6、Nikonの廉価版フルサイズボディーのS7と続けば良いなと。
kojimac
2008/05/16 02:21
こんにちは!
汎用のセンサーを各社が採用して、価格がこなれてくれば必然的に手に入れやすいカメラが出てきますね。さらに2400万画素だとエントリーには2世代−3世代、4、5年は売れそうなセンサーで量産効率も期待できます。(歩留まりがよければ)皆さん仰るように5年後は2400万画素がエントリーになるのでしょうかね。パソコンも5年後には8コアがメインストリームになっていそうですし。(苦)
きゃのらー
2008/05/16 11:47
kojimacさんこんにちは!
いえいえ、そんなおおげさなことではないので、
きにしないでください!
それ、kojimacさんの予想いいですね!
SProシリーズも2系統でDXとFXででると
お仕事で使われているかたからも歓迎されるで
しょうね!富士のセンサーでフルサイズのDSLRの
絵をみてみたいです!
blog管理
2008/05/16 20:27
きゃのらーさんこんにちは!
おっしゃるとおりだと思います!汎用センサーで
安くなった典型的な例はD40ではないでしょうか。
D100から改良はあったと思いますが、ずっと
使われてきて、いまD40はお店によっては新品
ボディでも3万円台から手に入ります。
そうか、エントリーも24MPというのはそういう
ことなのですね!価格的に買いやすくなったら
ハンドリングのことも、なにか対策が考えられる
ようになるのでしょうね。PCもそのころには
かなり進化していそうですしね。
blog管理
2008/05/16 20:33
ソニーのフルサイズ S5 Pro のほんとかなのうわさ きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる