きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【5月号前編】

<<   作成日時 : 2008/04/20 03:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 いつもおなじようなことを書いている感じがしますが、毎月20日が早い感じです。このあいだ4月号の「きになる」を書いたと思ったらもう5月号です。机には読みかけのカメラマン4月号がまだあったりします。

 とりあえず今月もレギュラーの4誌を購入してきました。一応知らないかたのために書いておきますとレギュラーとは、アサヒカメラ、CAPA、月刊カメラマン、デジタルカメラマガジンというカメラ雑誌4誌をいいます。

 今月は、デジタルフォトの、最新レンズパーフェクトガイドという特集もよさそうで、きになっていますし、フォトテクニックデジタルの特集もよさそうで、明日再度書店にいってみようと思っています。

 というところで、ざっと目を通せた2誌について今日は書いてみます。まずはアサヒカメラ。今月号は朝、新聞の広告をみたときからおもしろそうと思っていたので、最初にみてみました。

 そのおもしろそうと思った特集はというと、『巷の「噂」「風評」を徹底調査 デジタル一眼レフは本当に大丈夫か?』というもので、いろいろと語られているデジタル一眼レフ(DSLR)のあれやこれについて、徹底解明してくれています。

 簡単にいうと、DSLRについてまわる都市伝説のようなものを実際にはどうなのかということで、メーカーに取材をして確認したということで、自分でも振り回されていたようなことがはっきりして、なるほどと納得するものがありました。

 ただしこの特集、一箇所重大な間違いがあって、残念というか、よく調べた特集だなとその箇所を読むまでは思っていただけに、ちょっと白けてしまうぐらいの間違いがありました。それはバッテリーのことを書いたページで、ニコンのD1用のバッテリーがもう入手不可能と筆者のかたが思い込んで書いているという事実誤認があった部分でした。

 思わずニコンのホームページを確認して、Yカメラのネット販売のページまで確認して現在でも入手には全く問題のないことを調べてしまいました。また、サードパーティ製の互換バッテリーも性能にはなんの問題もなく、入手も簡単なことも知らないようでした。

 アサヒカメラにしては、ちょっとめずらしいほどの事実誤認の記述という感じで、校正の段階でだれも疑問に感じなかったのか、不思議なほどでした。

 『デジタル時代の超高感度撮影徹底研究』という特集もデジタル時代ならではという感じで特にD3登場以降の特集らしいという感じで、見出しにもあるように、新たな写真表現を可能にしているということでは、デジタルの恩恵という感じの特集です。特集では、D3の開発者に、ISO 25600はいかにして実現したのかという、インタビューもおこなっています。

 そして、いまなんとなくこのブログの読者のかたたちの一部で流行っている感じのフイルム一眼レフでの撮影にとても役に立ちそうな特集がありました。正にぴったりという感じの特集で、『マニュアルで目指せ!自分優先AE』というマニュアル露出の極めかた指南という内容となっています。

 露出計に、セコニックのスタジオデラックスを持ちだすあたりが、アサヒカメラらしい感じで、かなり詳細に反射光式露出計も交えて使いかたの解説をしていますので、これはお勧めという感じの特集です。

 ニューフェース診断室では、ニコンのD300が、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED とともに取りあげられていました。これはこれからゆっくりと読みたい記事です。

 もう一冊、ざっと目を通したのはCAPAでした。『ゆるぎなきピントのためのAF大全』という特集では、AFの基本原理から最新のDSLR(D300、40D、E-3)のAFシステムについて、写真家のかたの作例も交えて詳細な解説をしています。DSLR、24モデルのAF機能チェック表付きです。

 アサヒカメラもCAPAもそうですが、PIEの特集記事は自分で細かなところまでみて来たので、ここではふれていませんが詳しい展示内容を伝えています。そのPIEの特集ではなくCAPAの馬場信幸氏が書いているシンクアウトというページでは、馬場氏のみた注目製品ということで記事があり、ソニーのフルサイズ機とともに、参考展示されていたストロボがおもしろい機能を備えているようだということが書かれていました。

 このストロボはそのページのカット写真をみると、なるほどと思わされるような仕掛けがあって、なかなかいいアイディアだなと思わされました。PIEには2度もいきましたがこれは見落としていました。どういう仕掛けかはCAPA本誌をお読みください。

 レンズの話題では、『激安高性能レンズ厳選15』と『交換レンズ完全ガイド』が充実していて楽しかったです。各社のキットレンズやニコンの新VR16-85mmほかが取りあげられています。

 今回取りあげた2誌では、もちろんほかにも盛りだくさんの記事があって読み応え満点という感じです。この2誌では、今回はアサヒカメラがお勧めという感じでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
私も毎回、20日が来るのが早いなぁって思っています(笑)
アサヒカメラ、よさそうですね。明日本屋に行くので見てみます。
それにしてもバッテリーの件はちょっとお粗末といった感じでしょうか。量販店のネット通販に出ているほどのものを入手不可能というのは・・・
マニュアル露出の極め方の記事は面白そうですね、大変興味があります。セコニックのスタジオデラックスは買うつもりでいましたので、参考になりそうです♪

CAPAも面白そうですね。明日からまたしばらくは新しいカメラ雑誌で楽しめそうです^^
yamataka
2008/04/20 06:59
ホントに一ヶ月経つのが早く感じますね。
D1のバッテリーは、ドキッとしましたよ。私もニコンのサイトで確認したクチです(苦笑)
D1X、愛着ひとしおなんで、またバッテリー確保しなきゃと一瞬思ってしまいました〜(笑)
昇り龍
2008/04/20 10:46
こんにちは。私は5月号はまだ買っていません。家の方のスーパーの本屋さんが閉店したため買えなくなりました。明日会社の帰りに買います。「マニュアルを目指せ・・・」の記事は良いですね。私もニコンSPの復刻版用のツアイス50mmF1.5がようやく手に入りましたので使ってみようかと思っています。露出計はホクトグレンダーのVC METER Uを持っていますので試してみます。最近はマニュアルで使ったことがないのでどうなりますか?
Msumida
2008/04/20 13:58
アサヒカメラに載っていたセコニックのスタジオデラックスは懐かしかったですね。
写真を始めた頃からスタジオデラックスを使っていて、このモデルは金型が割れるともう作られないと聞き、丁度その頃2000台限定で作られたゴールドモデルを記念に購入した覚えが有ります。

この記念モデル専用の皮ケースが良くできていて普通のスタジオデラックスにも皮ケースのみ別途購入し使っていました。
デジタル表示では無く、ダイヤルで補正値を計算尺の様に計算できるの事や、電池がいらないのが使いやすかったですね。
ただ暗いところでは針が振れないので最近は出る幕が無いです。

もっと古いのも載っていましたね、関式露出計セノガイド!
私の持っているのはライカのアクセサリーシューにも取り付けられる小型のセノガイドBですが、最近のカメラ雑誌でセノガイドを見ようとは思わなかったです。

ガバチョ
2008/04/20 19:59
今日は忙しかったのですが、電車の中でケイさんのブログをチェックして、CAPA、アサカメ、カメラマンの3冊をゲットしました。
まだCAPAのAF特集までしか読んでいませんが(^^);
いつもご紹介助かります。ありがとうございます。
Toshi
URL
2008/04/20 22:11
yamatakaさんこんにちは!
なんか早い感じですよね!(笑)アサカメの
誤記の件はびっくりしました。ちょっと調べれば
だれでも簡単にわかることなのに、思い込みは
恐いですね!yamatakaさんがといっては大変失礼
ですが、スタジオデラックスに興味をお持ちでした
とは!意外でした!でもM3にはとても似合うと
思いますよ!趣味の用品としては最高です!
上で書いたように、今日書店にいって追加で2冊も
買ってしまいました!(苦笑)どちらも魅力的で、
買うしかない!ということで。。(笑)
blog管理
2008/04/20 22:57
雑誌のレビュー、いつもありがとうございます。
今月はアサヒカメラを買わなければいけませんね。
D300のニューフェース診断室も、資料として欲しいです。
最近はCAPAがレギュラー化しています。カメラマンも先月買ったら面白かったので、レギュラー化しそうな勢いですよ。
58Caddy
2008/04/20 23:01
昇り龍さんこんにちは!
ほんとに早いですね〜。。なんででしょうか。(笑)
D1Xのバッテリーの件はお互いユーザーとしては
聞き捨て置けない問題ですよね!(笑)まだちゃんと
販売されていることは、けっこうすごいことだと思い
ます。さらにサードパーティ製も持ちますよね!
あれはいいですね!たまにD1Xも使うといいです
よね〜!
blog管理
2008/04/20 23:02
Msumidaさんこんにちは!
書店の閉店はこまりますよね。でも最近多いですね。
ニコンの復刻SP!すごいですね!お持ちでしたか!
それはそれは!ツアイスの50mmもご購入おめでとう
ございます!VCメーターはホットシューに付ける
小型の露出計ですね!なかなかかっこいい製品
ですよね!SPにも似合いそうですね!アサヒカメラ
の記事を、ぜひ参考にされて、いい写真をものにして
ください!
blog管理
2008/04/20 23:09
ガバチョさんこんにちは!
いまの時代にスタジオデラックスが紙面に登場する
とは、思いもしませんでした!(笑)ゴールドモデル
のことは、なんとなく覚えているようないないような
感じですが、確かなにかの記念モデルでしたよね。
皮のケースも別途販売していたのですか。いまのは
味気ないケースのようですね。自分のは皮の時代の
デラックスです。28CUだったかな。いまのは
アモルファスで受光部分は最新デバイスとなって
います!(笑)URLに記事を!
セノガイドもでてましたね!さすがにこれは知識と
して知っている程度で実物はみたことはないと
思います。アサヒカメラも生きる道を見出しつつ
ある感じ(苦笑)ですかね!
blog管理
URL
2008/04/20 23:21
Toshiさんこんにちは!
いえいえ!この記事は以前、Toshiさんがお読み
だとわかって以来毎回のレギュラーとなりました。
なので、レギュラー化のきっかけはToshiさんの
おかげです!ブログを始めるまでは、カメラ雑誌は
買うと安心してしまい、積読が恒例でした。(笑)
いまは目を通すだけでもみて、きになる記事という
ことで書いています。今月は、デジタルフォトの
最新レンズパーフェクトガイドという特集もいい
ですよ!これも買ってしまいました!(笑)
blog管理
2008/04/20 23:30
58Caddyさんこんにちは!
いえいえ、どういたしまして!(笑)
土日で記事のネタのないときにはちょうどいい感じ
です!(笑)D300オーナーとしてはアサカメは
きになるでしょうね!診断室は安心して読めそう
ですよ!カメラマンは最近力が入っている感じで
おもしろくなってきましたね!ブログでDSLRや
写真の関係のことを書いていると、買う冊数が多く
なりがちで困ります。58Caddyさんもせっかく整理
したお部屋がまたカメラ雑誌で狭くなりそうですね!
blog管理
2008/04/20 23:35
AFの性能の特集見てたらD300が欲しくなりましたよ〜
我ながらよくD40でピント合わせられてるな…なんて感心しきりでした(笑)
凧tako
URL
2008/04/28 01:18
凧takoさんこんにちは!
D300いいですよね〜!D3もいいし両方欲しい
です!(笑)D60も欲しいしな〜。。困った
ものです!(笑)D40は思いのほかMFでも
ピントは合わせやすいですよね!
blog管理
2008/04/29 01:07
今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【5月号前編】 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる