きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニッコール千夜一夜物語 今回は初のVRレンズのおはなし!

<<   作成日時 : 2008/04/02 02:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

 4月に入り、『ニッコール千夜一夜物語』が更新されていました。今回はニコンで初めて手ブレ防止機構を搭載した、VRレンズのおはなしです。そのレンズの登場前にニコンでは世界で初めて手ブレ防止機構を搭載したカメラを世に送りだしていました。いまのデジタルコンパクトカメラでは当たり前になった機能ですが、1994年当時は少し早かったようです。

 世界初となる、レンズ内にVR機構を付けたカメラを発売したのはニコンでした。いまではもう常識の機能となっていますが、ニコンはコンパクトカメラの、ニコンズーム700VRQDに手ブレ防止機構を搭載して実用化していました。発売は、1994年4月のことで、
「当時のニコンでは、VR機構はコンパクトカメラにこそ適した機能だと考えていたようです。」とあるように、当初はAFと同じようにコンパクトカメラにこそ必要と開発していたようです。

 しかし、当時はカメラが少し大柄なことと価格が高かったこともあり、「大ヒット商品にはなりませんでした」とあるようにその真価はあまり知られることもなかったようです。その後このカメラに搭載された技術はレンズにも活かされることとなったようです。

 今回の千夜一夜では、Ai AF VR Zoom-Nikkor ED 80-400mmF4.5-5.6D に搭載された、VR機構とはどのようなものなのか、またどのような人物が開発したのか、そしてこのレンズにはどのような技がひそんでいるのかなどの秘密を解説しています。

画像


 ニコンで初のVR搭載レンズとなる、Ai AF VR ズームニッコールED 80-400mm の開発にはどれぐらいの時間がかかったのでしょうか、
「光学設計完了は平成9年(1997年)。そして、その翌年の2月に試作図面が出図されています。その後、試作、検証実験、実写テストを重ね、平成12年(2000年)11月に発売されました。」とあるように、実に長い開発時間がかかっていたことがわかりました。

画像


 光学設計完了から発売まで、約3年もの時間がかかっています。企画・設計の段階から考えると、さらに長い時間を要しているわけで、初めて作ることの大変さの、へんりんを思い知る感じです。詳しくは資料から読んでいただきたいと思いますが、いまでもVRの高い効果を発揮するこのレンズですが、リニューアルの要望もでているようです。

画像


 いまとなっては貴重な絞り環の付いた望遠VRズームということで、これを残しているのは、ニコンの良識か、というみかたをされているかたもいらっしゃるようです。


【資料】
ニコン
ニッコール千夜一夜物語
第三十五夜 手ぶれをなくせ ! レンズの中に防振機構を備えたレンズ
「Ai AF VR Zoom-Nikkor ED 80-400mmF4.5-5.6D」
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/nikkor/n35j.htm

企業情報 ニコンについて 技術紹介
手ブレをさまざまな角度から繊細に補正 VR(手ブレ補正)システム
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/technology/core/vr/index.htm

ほかの参考技術を紹介しているページのなかからその一部をご紹介!
デジタル一眼レフカメラシーン認識システム編
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/technology/life/scene/index.htm
精度と用途に応じて加工可能非球面レンズ
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/technology/core/aspherical_lenses/index.htm
世界最高の角度反射防止特性を実現ナノ粒子膜
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/technology/core/nano_particle/index.htm
高速で動く被写体も瞬時にピント合わせできる、最先端オートフォーカスシステム
予測駆動 AF(AutoFocus)
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/technology/core/caf/index.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
千夜一夜は面白いですねー。

おはようございます、ケイ様。
様々なネタを散りばめて毎日の更新楽しみにしています。

さて、このVR80-400。何回かはつかった事あるのですが、暗さや古さはありますが、非常にシャープに写る事で、純正では定番になったレンズですね。(今はVR70-30があるので、売れ行きは下がっているでしょうけど)
ただ、使うと思う「電池食い」な面や「AFの遅さ」が現在では非常に目立ちますね。
素性は良いけど、前方に集中したVRユニットやIFユニットのせいなのかな?とか勝手想像してます。
リニューアルするんじゃないかな?と噂だけは常に出ているこのレンズ、Dレンズなので、いつかは運命の時を迎えるでしょうが、併売するぐらいの心意気をニコンには見せて頂きたい!とか思うようになりました。
ある種、残って欲しいですね、これは。
sharlytemple@会社
2008/04/02 07:07
いざ使ってみたら、その効果に大変驚いたのを覚えています。
今や各社で手ブレ補正機能が充実して、何ともうれしいレンズ選びが楽しめますね〜。
最近私は鳥の撮影を楽しみ出したので、またこのレンズがガゼン活躍してくれてます(笑)
昇り龍
2008/04/02 09:28
こんにちは、
これは更新されてすぐに読みました。
このレンズ、一時期所有していたのですが、色々不満点もあり知り合いに譲りました。かなり以前からこのレンズのリニューアルを期待して譲ったので、期待して待っているのですがねぇ(笑)
ガンジー
URL
2008/04/02 09:59
お久しぶりです。
このレンズ、所有しておりますが、先日修理に・・・。
VRの調子が悪くて。

このレンズのVRは第一世代のVRなので、第三世代のVRに中身を替えてくれれば最高なんですが^_^;
Orca
URL
2008/04/02 12:49
以前、新幹線の撮影でお邪魔しましたichitaniです。このレンズ、今でも気に入っているので使ってます。(というか買い換えられないんですけど^^;)
シャープな描写なんですが、最近のレベルで見ると倍率色収差が結構出ていたり、ボケがあまり綺麗じゃなかったりしますが、フィルムのF100との相性は抜群です。D70だと厳しいかな〜。次のリニューアル時には最短撮影距離をもう少し縮めて欲しいところですね。
ichitani
URL
2008/04/02 17:33
偶然今日の昼休みにこの千夜一夜物語の記事を読みました。開発者のことにも触れられていて、なかなか読見ごたえの有る記事でした。
このズームは何度か買いたくなりましたが、その都度AFの遅さなどから思いとどまっています(^^);
Toshi
URL
2008/04/02 23:41
sharlytemple@会社さんこんにちは!
ほんとに楽しい読みものですね!
自分も一度だけ使ったことがあります。一度では
ありますが、おっしゃるようにシャープでVRの
利きもよかった記憶があります。VRユニットが
前方にあるということは今回の記事で知りました。
初代なので、VRはちょっと電池の消費が多いの
ですかね。AFはSWMではないのでしょうがない
部分でしょうね。改めてこうして千夜一夜で取り
あげられると、残してほしいなんて思いますよね!
初代VRはいつまで現役で販売されるのでしょうね!
それから、さまではなく、さんでお願いします!(笑)
blog管理
2008/04/03 01:28
昇り龍さんこんにちは!
昇り龍さん愛用のレンズの1本ですね!なので
これは取りあげないわけにはいかないぞ!と、思い
ました。各社とも手ブレ対策はポピュラーなものに
なってきましたが、ニコンの一眼レフ用レンズでは
これが栄えある最初のレンズですからね!愛着も
ひとしおではないでしょうか!そして趣味の変化で
最近また出番が回ってきたというのもいいですね!
高価なレンズなだけに眠らせておくのはもったい
ないですから、D1Xとの組み合わせで渋く使って
いってください!ほんとに変な意味ではなくいまの
時代に、返って渋くてかっこいいと思います!
blog管理
2008/04/03 01:35
ガンジーさんこんにちは!
さすが!読まれるのが早いですね!AFなどでは
SWM搭載のレンズと比べると若干不満もでるかも
しれませんね。かなり前からリニューアルを待って
いるということですが、なかなか実現しませんね。
IFで軽量にしてVRも強化した新モデルになると
魅力的なレンズになりそうですね!そして切り札の
ナノクリスタルコート仕様になって抜群のシャープさ
を楽しめるなんていいですね!
blog管理
2008/04/03 01:42
Orcaさんこんにちは!
お久しぶりです!現行品なのでまだ修理はは
利くのですね!そうか!ということは生産終了と
なってもかなり修理ができて使えるということに
なりますね!修理にだして直ったら最新のVR!
なんてことがあるといいですね!D40のキット
レンズを修理にだしたらモーターが静かになって
動作も早くなったといううわさもありますから、
ちょっと期待かな、でもVRはないですね。。
blog管理
2008/04/03 01:47
ichitaniさんこんにちは!
新幹線の撮影のことでは、いろいろと教えていただき
ましてありがとうございました!鉄道に関しては
詳しくないのですが、先日初めて鉄道ジャーナルを
買いました!500系の特集だったもので!
このレンズも時間がたってますから、そのあたりは
しょうがないのかもしれませんね。設計の問題で
フロントにVR機構を搭載したことなどもあって
制約のなか当時としてはがんばったのだと思います。
D3など最新のDSLRでは倍率色収差も問題ない
レベルになるとも思いますし、いろいろとあります
けどぜひ初代VRを愛用していってください。
最短は、2.3mですね。いろいろと見直して
いいレンズになって再登場するといいですね!
blog管理
2008/04/03 01:55
Toshiさんこんにちは!
Toshiさんもちゃんとチェックされているのですね!
さすが、早いです!昼休みにはもってこいのページ
ですよね!いまからこのレンズを買うのはちょっと
という感じになりますね。ほかにもいろいろと選択肢
が増えましたからね!いまならやはり、コスト
パフォーマンスに優れるシグマのレンズかな。
気軽に使うのに買いやすい価格がいいですね!
blog管理
2008/04/03 02:01
私もこのレンズのリニューアルを待っている一人です。
70-200VRを持ち出すときにはほとんどテレコンとの併用なのですが、遠くに居る動物を撮ると描写が甘いなぁと感じています。80-400になれば少し描写もよくなるでしょうから、期待しているのですが、出ないですねー(笑)。
いつもの
2008/04/03 08:45
いつものさんこんにちは!
このレンズのリニューアルを期待されて待って
いるかたは多いのですね!ニコンにもがんばって
ぜひ新モデルをだしてもらいたいですね!
一般的には、やはりテレコンなしのほうが描写に
与える影響はないですからね。早くでると
いいですね!
blog管理
2008/04/03 22:49
ちなみにこのレンズの後継は私も沼のほとりで待っています(笑)。

我が家の場合F4でVRが使えない(でしたよね?)なので、これに限ってはGレンズでも良いので、ナノクリスタルコートでリニューアルを待っています。
marusuke
2008/04/04 00:24
marusukeさんこんにちは!
marusukeさんも待たれているお一人ですね!
いまはほとりで小休止とのことですがいつ再開
ですか!(笑)F4はVR機能まではサポート
していませんので正解です。もしこれからでると
すれば、Gタイプでナノクリスタルコートになって
登場するのは間違いないでしょうね!
blog管理
2008/04/04 00:42
前のほうに同じようにVRで悩まれている人がいるようですね。私のも入院繰り返しているこのレンズ。VR入れるとぶれる(笑)

NIKONからの回答。

このレンズは3脚モードがないので、がっちり構えて撮影しないでください。



え〜〜〜〜!

VR切って撮影しております。(泣)

レンズそのものはお気に入りなので、早く新しいのでないかなあ〜と考えております。
マスター
2008/04/05 07:04
マスターさんこんにちは!
VRの調子がよくない感じですね。三脚使用時に
VRを入れると問題が発生するのでしょうか。
VR搭載レンズでも三脚モードを内蔵しているものは
限られていますから、その際にはOFFにして使う
しかないですね。それ以外の使用でVRの効果が
でない場合はやはり故障でしょうね。最終的に直ると
いいのですが。そういうことがあるとリニューアルに
期待してしまいますね!
blog管理
2008/04/05 16:38
ニッコール千夜一夜物語 今回は初のVRレンズのおはなし! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる