きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS レンズをめぐる明るい悩み! 結論までの経緯

<<   作成日時 : 2008/02/28 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 31

 始めに、このブログで書いた『レンズをめぐる明るい悩み!』(2008/02/19)ではその悩みの対象となったレンズ、A・Bの名称をふせて書いてしまったことをここでお詫びします。一応の結論をだして、レンズAを購入したことは昨日の記事で書いたとおりですが、これには大変満足し、今日もまだレンズを手にした感動の余韻が残っています。

 今回購入したレンズを改めてご紹介すると、コシナ製のフォクトレンダーブランドのレンズで、ULTRA WAID HELIAR 12mm F5.6 SL Asphrical (UWH)というレンズを購入しました。

画像


 このレンズは写真にあるようにシリーズで15mmのスーパーワイドヘリアー(SWH)も販売されていました。2003年8月に発売されたこの2本のレンズは4年たらずで生産は終了となり、おしいなと思っていました。ただおしいなとは思ったものの、その価格がけっこう高価だったことと、ミラーアップ機能のあるニコンの一眼レフでしか使えないという、レンズの特徴からちょっと手のだしにくいものとなっていました。

定価は、UWH 115.000円、SWH 75.000円。それぞれにビューファインダー付き。

 そのレンズに改めて興味を持つきっかけとなったのが、このブログで書いた、『Nikonエントリー残酷物語!』という記事で紹介した出来事でした。そこではある写真を趣味にされているブロガーさんが生産終了となったニコンのD50をオークションで安く購入して、15mmのスーパーワイドヘリアーを、ミラーを指で持ち上げて装着して使うという、自分の想像を軽く超えるような使いかたを記事に書かれていたのでした。

 その記事を読み衝撃を受けたことがきっかけとなり、今回購入したUWHに改めて興味を持つこととなりましたが調べると、その時点ではすでに両レンズとも生産は終了していました。レンズの発売当時に、この2本の特集記事が組まれていた日本カメラを購入して、その記事をスクラップしていつかは、と大切に保存していたのですがもうあきらめるしかありませんでした。

 ところが、ある日このブログにもよくコメントをいただくS氏が、なんとまだ在庫を販売しているカメラ店で、SWHを購入して、D40を小改造して、SWHを装着してしまったという記事をご自身のブログで発表されたのでした。そのコンパクトなワイド専用機と化した、D40はとてもきれいにまとまっていて、合わせて選んだ20mm相当のファインダーとのマッチングも絶妙なものがありました。

(下記『Nikonエントリー残酷物語!D40受難編』『Nikon D40が軽快なスナップカメラに変身!?【禁断ネタ】』『スナップカメラと化したD40で日常を撮ってみた【SUPER-WIDE HELIAR】』を参照)

 まだ在庫を持って販売しているお店があることを知り、興味は再燃したものの実はまだそのときの興味は種火という程度でした。というのも最初に知った価格のことが頭にあって、値引きしてもまだ高価なものという考えがあり、実際の価格を調べるということをしていなかったのでした。そうしているうちに、その在庫も終了したとの情報があり、今度こそもう入手はないなと思ったのでした。


 今年に入り調べものをしていて、その在庫を持っていたカメラ店のネット販売の会員になる必要がどうしても生じて、しかたなく会員登録をしました。そのときに価格を調べていたのが実は今回UWHとどちらにしようかと悩んだレンズでした。

 そのレンズとは、シグマの12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM というレンズで、このレンズも、UWHと同じ、12mmという焦点距離から始まるズームレンズでした。ちなみにSWHは発売当初より購入の対象には入っていませんでした。そして、ことは会員になったことが発端で始まることとなりました。

 そもそも最初は、次に購入を予定していたレンズがすでにあったのでした。それはやはりシグマのレンズで、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM というデジタル専用のレンズでした。その描写には定評のあるレンズで、次になにかレンズを買うときにはこのレンズを買うと決めていたもでした。しかし今年のPMAで事態は急変してしまいました。

 というのも、同じAPS-Cデジタル専用レンズで、タムロンが、SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II LD Aspherical [IF] というレンズを発表したからでした。当然シグマの、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM は新しいタムロンのレンズ性能をふまえて、どちらか性能のよいものを買うという方向になるわけで、購入はその新レンズの登場を待つということになってしまいました。

 それまで、シグマの10-20mmをいろいろなネットショップで価格の動向を調べていたのですがそのついでに、前々から興味のあった、シグマの12-24mmも毎回ついでに価格を調べていました。そうするとなんとなく最近価格がこなれている感じで、10-20mmと比べても高いというほどでもないことがわかってきました。

 シグマの10-20mmは、タムロンの性能が判明するまでは、購入検討も当分中断ということになったので、ニコンのD3や手持ちのF4Sでも使えるシグマの12-24mmに興味が集中していくことになりました。

 そのころにはDXフォーマットでも18mmからのズームとして使え、FXフォーマットでは12mmからのズームという世界でもこの1本だけというズームレンジのこのレンズに興味がいっぱいという感じになりました。もともと10-20mmを購入するつもりでいたので、価格が約1円程度高いだけ(最安店で)ならこの世界で1本だけの、1本で2度おいしいレンズもいいなと思うようになっていったのでした。

 そしていろいろとネットでシグマレンズの価格を調べていくなかで、会員になったUWHの在庫を以前販売していたカメラ店でも価格を調べていて、なんとなくフォクトレンダーシリーズの価格も単なる興味でみていると、在庫のなくなったはずの、ULTRA WAID HELIAR 12mm F5.6 SL Asphricaが生産終了品として、6万円を割る価格で販売されていることを知ったのです。

 これにはおどろきました。一度はメーカー発表の生産終了告知で入手不能と思いあきらめて、デジタルで使っているというおもしろい情報を知って、興味を持つと、なんと在庫を販売しているというカメラ店があると知り、しかしその遊びが広まったのか知ったときにはすでにそのお店でも在庫は終了していたのでした。

 そして、あきらめて超広角はシグマのズームを買おうと決めていると、ライバルのタムロンから魅力的な競合レンズが登場して、その内容を見極めようと思いながら、ニコンがFXフォーマットをだしたことから、やはり将来の楽しみのために、たまたま価格のこなれだしたフルサイズもカバーするやはりシグマの12-24mmを買おうと思ったところが、何度もすれちがった、UWHがもってけドロボー価格で販売されていることを知り、価格の似通ったUWH12mmか、シグマの12-24mmかで悩むという事態になりました。

 普通なら全く個性も使い勝手も違う、この2本のレンズで、どちらを買うかで悩むひとなんてまずいないと思うのですが、どちらもフルサイズで使うことができる12mmというただその1点の共通点と、価格がそれほど違わないということで、どちらを買うかで悩んでしまいました。

 それぞれ自分にとっては魅力的なレンズで、どちらか1本だけ選ぶという選択をすること自体むずかしいものがありました。結果はUWHを購入するということになりましたが、この結論はだした答えの半分でどちらか1本を選ぶという結論がでなかったので、いずれシグマの12-24mmも買うということで落ち着きました。

 今回は、絶滅希少価値のレンズの保護を優先するという最終的な結論で先にUWHを買ったという形になりました。現行シグマはすぐになくならないでしょうし、もしかするといまおこなわれているシグマレンズのリニューアルのリストに入っているかもしれません。もしコーティングが最新のものにでもなれば、また一段と魅力も増すというものです。

 レンズをどれにするかで、悩んだということを書きだすと、かように長いものとなってしまいますが文章にすると長いこのようなレンズをめぐるあれこれも、だれしも一度は似たような経験をされているのではないかと思います。

 次回は、ウルトラワイドヘリアーを入手した理由に、将来の展開も視野にいれた楽しみのあることを書いてみたいと思います。このあたりについては昨日コメントをいただいたかたの中でひとり鋭い指摘をされているかたがいらっしゃいました。


【関連記事】
『レンズをめぐる明るい悩み!』(2008/02/19)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200802/article_19.html
『病のきっかけはHN-2、そしてとうとう病を克服!』(2007/07/10)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200707/article_10.html

『Nikonエントリー残酷物語!』(2007/08/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200708/article_24.html
『Nikonエントリー残酷物語を軽く凌駕する実話!』(2007/09/01)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200709/article_1.html
『Nikonエントリー残酷物語!D40受難編』(2007/11/14)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200711/article_15.html

【資料】
新宿徒然日記 (S氏こと、ささサンのブログ)
Nikon D40が軽快なスナップカメラに変身!?【禁断ネタ】
http://eos.at.webry.info/200711/article_5.html
スナップカメラと化したD40で日常を撮ってみた【SUPER-WIDE HELIAR】
http://eos.at.webry.info/200711/article_6.html
お気に入りの組み合わせで撮影された撮りおろし!

【お断り】
ここで紹介した内容はこのブログでお勧めするものではないことをお断りしておきます。無理な使用において故障した場合は、メーカーの保障も受けられなくなりますし、ミラーボックス内の加工も伴う作業は、レンズやカメラに問題が発生することも考えられます。メーカーでの修理自体受け付けてもらえなくなる可能性もあることですので、実際に試してみようとお考えのかたがいらしゃいましたら、自己の責任において試してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
ぬあるほどー。
このような状態をレンズ沼と言うんですね?
wikiより分かりやすいです(笑)。
しかし、文章を拝見しているととても楽しそう?です。
きゃのらー
2008/02/28 05:40
 レトロフォーカスと対称型、ズームと単焦点という違いがあるので他の候補とは描写が大分違うでしょうね。デジタル設計以前のレンズ、特に広角系はカメラによってもかなり描写が変わります。それはビネッティングと倍率色収差の出方、そして背景のボケの雰囲気なんですが。D40ではどの程度になるのかな。

 ライカマウントとM42マウント(M42対Fマウントは1.1倍アダプターで取り付け可能)はユニバーサルマウントなので嵌り方によっては沼が10倍以上深いのでお気をつけて。
SK
2008/02/28 11:31
S氏こと「ささ」です(^^
記事のご紹介ありがとうございます&UWH購入おめでとうございます。
まさかSIGMA12-24mmとUWHの2択とは思いませんでしたが、素晴らしい決断をされましたね!コシレン同盟としてはやはりもう1本いってもらいたい....なんてことは今は言えませんね(笑)
そうそう、白状すると実は私D60がライブビュー機能があればSWHとUWHのために買ってしまいたいと思っていました。残念!
ささ
2008/02/28 13:41
過程、経過をあらためて拝見しまして‥‥。
かなり長〜い間悩まれていらっしゃったのですね(笑)
でも、本当に明るい・楽しい悩みです。
私も悶々と明るく悩むようにします(笑)
昇り龍
2008/02/28 14:27
きゃのらーさんこんにちは!
沼なのでしょうか!(笑)
wikiよりわかりやすいとは!(苦笑)長い文に
お付き合いいただきありがとうございます。
書くとこんなことになりますが、普段なにげに
考えていたことをまとめるとこんな感じでした。
趣味は楽しくということで、レンズ選びもいろいろ
と楽しんでいます。
blog管理
2008/02/28 17:05
SKさんこんにちは!
どちらも両極端な性格のレンズで1本だけ選ぶ
というわけにはいかないですよね!(笑)
それをどちらか1本と考えるのが間違いのもと
でした。
マウントアダプターはMマウントまで広げると
かなり大変なことにおちいりそうですよね。
将来も、ニコン-Mだけにしておこうと思います。
blog管理
2008/02/28 17:10
ささサンこんにちは!
ありがとうございます!
ささサンの記事を紹介させていただきました。
今回のコシナとシグマの2択は普通ないですよね。
もう1本は、、発売当初より、もし買うなら絶対
12mmだよな〜と思っていたので15mmは
考えたことがありませんでした。これからもしか
すると、レンズの病が新たに発症するかも
しれませんね。恐いな〜。
こちらはD40のシルバーボディが似合うかなと
あらぬ考えが頭をよぎっていますよ!(苦笑)
D60はLVがあれば便利でしょうね!ってなにに
便利なんだか!(笑)
blog管理
2008/02/28 17:23
昇り龍さんこんにちは!
長い文にお付き合いいただきありがとうございます。
書くと長いのですが、普段こんなことをああでもない
こうでもないと考えていて、これはという1本を
手に入れたいなと思っています!そして今回の決断は
これで正解でした。もう1本は売っているわけですし。
いろいろと用途も考えて撮影までも想定してレンズ
選びをしているのは、ほんとうに楽しいですね!
そして、やっとこさ手に入れたレンズを使うのが、
また楽しいですね〜!これから春の撮影にどんどん
使いますよ!
blog管理
2008/02/28 17:30
ケイさんの追加お知らせが気になって、コメント途中で見てしまいました。
さてねらいはMマウントを見据えてだったのですね。奥が深いのか欲が深いのか(笑)。やはりカメラやレンズに造詣の深いケイさんならではの計算ですね。って今日はオヤジギャグ連発で失礼しました(^^);
Toshi
URL
2008/02/28 21:43
Toshiさんこんにちは!
最近コメントが滞りがちですみませんでした。
ブログは悩みながらもみせていただいていたの
ですが。これでまた普通の生活に戻れます!(笑)
Mマウントは、あくまでも将来の楽しみという
ことで!いまはまだ手をだすつもりはありません。
ただフルサイズのMマウント機がでた日にはこの
レンズの自慢ができるなと!(笑)それにLVが
付いていれば、ビューファインダーも不要になる
かな、なんて想像もして楽しめます!また、
ささサンを見習って、D40のシルバーボディに
このレンズが似合うかなとかいろいろと考えるだけ
でも楽しめますよ!いろいろと将来の楽しみが
広がるだろうなと想定しての購入ということは
ありました。たまにはこういうレンズも遊べて
いいと思いました!Toshiさんも、コメントを
楽しそうに書かれている感じでこちらもうれしく
なってきます!ただ造詣なんてないですよ。(笑)
blog管理
2008/02/28 22:06
一度は縁が無かったとあきらめたUWHですが、まさに奇跡というか、運命のいたづらでしょうか?
「絶滅希少価値のレンズの保護」という気持ちは、よくわかります。69年式のキャデラックを買う時の思いが、まさにそれでした(笑)
シグマの12-24は逃げませんから、どちらか1本となるとUWHしかありませんね。
いや〜、こっちまでワクワクしてしまいます。
どんな写真が撮れるんでしょうね。楽しみです。
58Caddy
2008/02/28 22:09
58Caddさんこんにちは!
ありがとうございます!在庫限りとか、ディスコン
とか、生産終了とか、名玉とかいうことばに敏感に
反応してしまうのですね。(苦笑)
余裕で買っておけよ!と、いわれそうですが、
F2終了のときも、F3がでてあわてて探して、
TC-16ASもなくなったことを知って探し回り、
ズームマイクロは1本だけの在庫限りでしたし、
今回も在庫が一度なくなり、それが復活するという
信じられない事態に直面してやはり買うしかないと、
こんなことばかりです。(苦笑)
それでも、58Caddyさんのキャデラックに比べれば
全部新品で安いものです。維持費もかかりませんし。
部品を取り寄せて、ご自身で修理までしてしまう
というのとは次元が違います。
希少性のあるものを保護したくなる気持ちは同じ
だと思いますが、58Caddyさんのクルマの保護には
頭の下がる思いがします!
今度はお互いにシグマの12-24mm狙いですね!
UWHは早く試写してみたいと思います!
ただスキャナーを持っていないので、フイルムから
どうしようか思案中です。。
blog管理
2008/02/28 22:38
初めまして!いつも読ませていただいてます。
私もこのページからSWH 15mm SLとD50の話を知りまして同レンズを買った者です。
15mmは直径23mm、黒い鏡胴部分が同じく23mmなのですが、12mmは何ミリかよろしければ教えていただけませんでしょうか?
後、途中までが細くなっていますが、鏡胴の長さは太いところ、細いところの長さがわかるとうれしいです!
が、面倒ですのであくまでこのお話に興味が有ればでかまいません。
もし興味があった場合だけお願いします!
ちなみに自分の15mmはD40にそのまま差しています。ミラーボックスの起毛部分は削れました。
D300には入らなかったんですよ。それでちょっと気になりまして。
ライブビューで使ってみたいなと思ったんです。ミラーダウンしてしまうのでD40なら壊れてもいいやで済みますが、ちょっとD300で常用するのは怖いので実際にはやらないかも知れませんけれど。
てぶ
2008/02/28 22:46
てぶさんはじめまして!
いつもお読みいただきましてありがとうございます!
さてご質問の件ですが、UWHの黒い突き出た
レンズ部分だけの数字で書きますと、長さが
やはり23mmぐらい、レンズの後ろ側で20mm
ぐらい、少し太くなっている部分が22mmぐらい
という感じでしょうか。普通の物差ししかないので
正確に測ることができないのでだいたいで、お許し
ください。(なお数字は正確性に欠けると思います
ので参考程度にしてください)
このブログの記事で、SWHとD50を買われたの
ですか!(笑)D40に直接入れるとピントが重く
なるというはなしもあるようですがきになりま
せんか。D300には入らないのですか。貴重な
情報をありがとうございます。
ちなみにD3にOPフィッシュアイを付けたかたが
いますよ!(URLを参照)このかたはUWHを
5Dに付けても試されています。
blog管理
URL
2008/02/28 23:06
2度目のコメントですが。。。
前から気になってました。私も欲しくなってきました。
ちょっと質問なのですが、
>ピントはどうやって合わせるのでしょうか?
そぼくな疑問ですが、教えていただけますか。

mille
2008/02/28 23:31
milleさんこんにちは!
このレンズですが、ピンとは目測で合わせます。
ごく大雑把にいいますと、超広角なのでピントの
合う範囲が広いのです。レンズに被写界深度を
示す指標がありますが、開放(F5.6)でも
ピント位置を1mに合わせると、無限遠(約)
から0.5mまでという表示になります。
上の製品写真では隠れてわかりませんが、URLに
リンクしたかたのブログに写真がありそれをみて
いただくとレンズの下のほうに小さなかわいいレバー
があることがわかると思います。ピンとはその
レバーでピントリングを動かして合わせます。
その感触がまたいいですよ!
blog管理
URL
2008/02/29 00:01
ありがとうございます
やはり。。。。笑
なおさら可愛く思えました。
と、いうことは
シャッター音も、静なのでしょうか?
質問ばかりですいません、よろしければお聞かせ下さい
凄くきになりました。
mille
2008/02/29 00:49
milleさんどうも!
このレンズはニコンFマウント用で、ニコンの
一眼レフでミラーアップ機能の装備されたカメラで
しか基本的に使うことができません。デジタルカメラ
はミラーアップ機能の付いた機種はありませんので
実質的には、F・F2・F3・F4・F5・F6ほか
一部ミラーアップの付いたニコンの一眼レフ用の
レンズです。自分の場合はF4に付けてみました
ので、超低速巻上げというモードと組み合わせると
ミラー駆動のない、とても静かなシャッター音と
巻き上げ音だけになります。
F2とかF3単体ではミラーアップするとシャッター
音だけになりますので、さらに静かなものとなると
思います。
あと、このレンズをニコンのデジタル一眼レフに
付けることもできますが、自己責任でおこなって
ください。関連記事とその紹介ブログ、また資料を
読まれれれば、どういう適合があるのかわかると
思います。このレンズの入手のお店がわからな
ければ、プロフィールにある連絡先に名前と
店名希望と書いてメールしてください。
blog管理
2008/02/29 01:21
早速の回答ありがとうございました!
細い部分の長さ(太くなる部分まで)が何ミリか、気持ちが萎えてなかったらで結構ですのでお願いします(笑)
D50は買わずに当時のメインのD40につっこみましたよ。
確かに少し動きが渋くなります。
15mmの方は、D200はかなり無理すれば!?で、D80・D300は完全に無理。なので後玉側が細い12mmが気になっていたんですよね。
D300のミラーボックス部分は縦が21〜22mmぐらいです(狭い部分で)。深さは18mm以降が狭くなっています。
こちらもおおよそで誤差はあります。上と下でレンズの中心からの差があるかも知れません(たぶん上のミラー側の方が狭い)。
写真で細い部分を想像するにちょうどOKかちょうど駄目かのぎりぎりな感じです(笑)
ミラーを押さえてのレリーズも寿命や精度への影響を自己責任とすればOKそうです。
重ねて情報ありがとうございました。
リンクの方も拝見させていただきました。
てぶ
2008/02/29 02:12
てぶさんどうも!
黒い部分だけの長さで、太いところとその先の
細くなったところの長さですよね。物差しだと
ほんとに大雑把な感じになりますけど、
根元の太いほうが8〜9mmぐらい10mmは
ないです。そして、フイルム側の細いほうは、
13〜14mmぐらい、15mmはないです。
トータルで23mmぐらいですから、計算が。。
こんな感じでもよいですか。
失礼しました。D50は買ってなかったのですね。
早とちりです。D300にはあまり無理はしないで
くださいね!壊れても保障はききませんし。
LVが使えるというのはこのレンズを使ううえで
すごい魅力的なことですよね!なのでお気持ちは
よくわかります!レンズもカメラも破損には
くれぐれもご注意いただいて、楽しんでください!
blog管理
2008/02/29 02:44
夜中までご迷惑おかけしました。
そうなるとマウント面からは17〜18mmでまさにぎりぎりですね。ミラー側は18mm以降が急に狭くなっているのではなくその手前はなだらかな傾斜なのでレンズの太くなる部分との干渉は十分考えられますね。
昨日検証してたら、案の定ローパスにゴミがつきました。
肉眼ではわからない大きさだったのですが、6回ぐらいセンサークリーニングをやっても駄目でしたね。
ブロワー吹き飛ばしとテスト撮影を3度繰り返して、ようやく無事きれいになりました。センサークリーニングのテストになりましたね。
いろいろありがとうございました!
てぶ
2008/02/29 09:31
こんにちは!
悩まれていたもう1本はシグマ12-24だったのですね^^
実を言いますと、私も今になってこの12-24に心が揺れ動いております(笑)

心が揺れる経緯はケイさんが記事で書かれている過程とほぼ似ていまして、最初はシグマ10-20でほぼ決まりだったのが、タムロンの10-24の発表を聞いてこちらがいいかなと思っていたところに、以前から心の隅で気にはなっていたシグマ12-24が突如急浮上してきました。

私の場合、急浮上したきっかけは先日購入した雑誌『カメラマン』の特集「間違いだらけのレンズ選び」です。
シグマ12-24の評価が非常に高かったので、急速にこのレンズへの興味が沸々と湧き上がってきたというわけでした(笑)

いずれにせよ次に買うレンズは上記3本のうちのどれかになると思いますが、現状は12-24が頭ひとつリードといったところです(笑)
yamataka
2008/02/29 10:38
てぶさんこんにちは!
レンズの黒い部分と物差しの黒いメモリと重なり
いまいち正確性に欠けてすみませんでした。
おおまかな感じはつかめましたでしょうか。
D300はそうとう厳しいようですね。こちらも
参考になりました。ありがとうございます。
破損にはくれぐれも注意して、お楽しみください!
blog管理
2008/02/29 15:53
yamatakaさんこんにちは!
シグマの12-24mmはとてもおもしろいレンズ
だと思います。次はシグマの10-20mmで決まり
と思っていたのですが、PMAのタムロンでそれも
先送りとなり、なにか超広角をと考えると急にこの
12-24が浮上してきました!カメラマンの記事も
きになりますね!(笑)異常に評価が高いです。
ただシグマの12-24は大柄なレンズで持ち歩き
には覚悟がいります。って、ちょっとおおげさか。
一度その外観だけでも、会社の帰りにみてください。
ネットの写真やカタログ数値ではわからないほどの
ボリューム感です。重さは600gなので、自分の
場合はAF-S17-35をD40で使っているので
きにならないとは思いますが、ニコンのミラーレンズ
の500mmの大きさに準ずるような太さは圧巻
ですよ!実物をみるとやっぱり1020にしようと
思うかも!あるいは軽くて明るいタムロンか。
まずは実物の見学をお勧めします!(笑)
blog管理
2008/02/29 16:06
そこなんですよ!
実は昨日、店頭で現物を見てきたんです(笑)
確かにあの大きさはちょっと個人的には引っかかる部分ではあります。
もともとシグマ10-20やタムロン10-24がいいなと思っていたのは、ちょっとした街スナップ用に持ち出せる比較的コンパクトなサイズが気に入ったということもありましたので。。。

そういう意味では同じ超広角レンズといってもシグマ12-24は上記2本とは少し性質の異なるレンズともいえますね。
それは分かっていても雑誌であれだけ絶賛されているのを見てしまうと、大きさには目をつぶって描写性能をとるべきか、などとも考えてしまったりします(笑)

悩んでいるうちが楽しいんでしょうけどね(笑)
yamataka
2008/02/29 20:11
yamatakaさんどうも!
現物はもうみましたか!それもたまたま?昨日!
(笑)かなり重症になりつつありますね!(苦笑)
あれをちょっとした街スナップにも使うのですよ!
気合を入れて!(笑)がんがん使わないと!
超広角の世界は街中にありです!なんてね!(笑)
思い切って手に入れてみれば使うようになりますよ!
きっと!重さは意外とそれほどでもないので、今度は
実際に持たせてもらってはどうですか!
でも、急がないのでしたらタムロンがでてから3本の
中から検討してもいいかもしれませんね!
blog管理
2008/02/29 20:25
シグマの12-24、そんなに大きいんですね。
シグマのカタログの写真を見ると、レンズの大きさが全部同じ太さに見えるので、知らずに買うとびっくりする所でした。
チャンスがあれば、実物を見たいと思います。
でも、大きさは関係なく、買いますよ。今すぐではないですが・・・
次に買うレンズ候補の第1位です。
それにしてもシグマは、このレンズのすごさをもっとアピールすればいいのに・・・
58Caddy
2008/02/29 22:40
58Caddyさんこんにちは!
そうなんですよ!大きいです!(笑)
ぜひ実物をみて、できればカメラに付けた状態を
試してみてください。ブログでも書いたのですが
去年のPIEではシグマのブースできになるレンズ
を全部試させてもらいました!それはとてもいい
経験になりました。シグマの1224は大きくても
これしかないというレンズですからね!お持ちの、
F4でもF5でも使えますし、そのカメラなら
バランスも悪くないと思います。このレンズは
前玉が大きくでた形でフレアーに気を使うようで
もしかするとコーティングなどリニューアルする
可能性もありそうな感じです。シグマではUタイプ
になったレンズが最近でましたが、1224もU
にならないかなと密かに思っています。なので
アピールしていないのかなとなどと深読みして
いたりします。(笑)
blog管理
2008/02/29 23:33
どうしても12mmの超広角が欲しくて、このレンズのLマウントタイプとBessa-Lを共に購入しようと思った時期がありました。
そうこうしている間に、ケイさんが購入されたニコンマウントタイプが出て、現職を退いていたF3に付けようと思っていました。(購入まで至らず)
それからしばらくしてD2Hを購入した事からデジタルにも使え、35mmフイルムカメラにも使えるシグマの12-24mmを購入しました。
ケイさんの記事を読みあのときBessa-Lと共に購入しておけば良かったとちょっと後悔しています。
「カメラマン」に書かれている通りシグマの12-24mmは良いレンズです(11以上に絞れば)、このレンズが有るからニッコールの14-24mmの購入を思い留まっている次第です。
ガバチョ
2008/03/01 16:31
おっしゃるようにシグマの12-24mmは、太く重たいレンズですね。
一度不注意から1m50cmの高さから落としてしまいました。
レンズの方から落下しフードが凹みました、ただこのフードが本当に頑丈でレンズを守ってくれました。
フードの凹みを戻そうとしてもちょっとやそっとで戻りません。
まぁケラレる程の凹みでは無かったのでそのまま使っています。
D3に付ければ倍率色収差軽減機能のおかげで超広角の画質が生きています。

ガバチョ
2008/03/01 16:58
ガバチョさんこんにちは!
UWHのFマウントは自分が購入した時点でまだ
在庫がありました。いまならまだ間に合うかも!
シグマの12-24は評判がいいですね。フイルム
にもデジタルにも使えるというところが貴重です
よね。ほかに代わるレンズはありません。
ニッコールの14-24も興味津々です。雑誌など
でレポートを読むとすごい性能のようですね。
将来の楽しみです。
それにしても、落下で問題なかったですか。
光軸がずれるとか心配ですね。
D3とD300ではいままでのレンズが生き返る
という感じで、また新たに使えるようになるのが
すごいですね。シグマの1224は買いですね!
blog管理
2008/03/01 18:17
レンズをめぐる明るい悩み! 結論までの経緯 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる