きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンとキヤノンで年末年始商戦のDSLR市場9割制す

<<   作成日時 : 2008/02/16 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

 デジタル一眼レフの冬商戦の動向をまとめたものが発表になっていました。その中でデーターをみてよくわからなかったのは、メーカー別シェアということでは数字がでていなくて、今回の集計の切り口がなんだか2社のメーカーに配慮したような発表に感じたことでした。

 BCNの集計による、昨年の12月と今年の1月のデジタル一眼レフの販売動向をまとめた記事が、NIKKEI NET にでていました。それによると、12月1月のメーカー別台数シェアでは、キヤノンが、49.6%で、ニコンが42.0%。

 また、レンズキットの販売別シェアでは、ニコンが、51.8%、キヤノンが、35.9%となり、ボディ単体でのシェアとレンズキットでのシェアとで、それぞれで1位と2位をニコンとキヤノンがわけ合うという形になりました。この際の全部合算したメーカー別シェアの数字が今回はでていませんでした。

画像


 このあたり、BCNが2社に配慮してメーカー別シェアをださずに、それぞれ1位のシェアの数字をわけてだした、ということはないとは思いますが、なぜかかんじんな数字がでてこなかったのは不思議です。昨年からの動向ということで年をまたいでいる集計なので、だしてないということなのかもしれませんけど、それぞれの月のメーカー別シェアの数字をだしてもいいのではないかと思いました。

 年末年始にかけては、ニコンもキヤノンも既存モデルでの勝負だったことから、これから販売が始まる新モデルの発売開始では、シェアの戦いも熾烈になりそうな感じです。そして今回の数字をみるとニコンとキヤノンだけでメーカー別の台数シェアは91.6%、レンズキットの販売別シェアでは87.7%とデジタル一眼レフの売り上げの大半をニコンとキヤノンでしめていることがわかりました。

 この圧倒的な市場支配をほこる2社の間に割って入ることになる、ソニーやペンタックス、そしてオリンパスは新モデルが一斉に発売される春商戦でどのような戦いをみせるのか、楽しみなものがありそうです。昨日近所の家電量販店にいくと、ソニーのα200の発売予定日だったので展示モデルがかざってあり、パンフレットもかなりの量が置いてありました。


【資料】
NIKKEI NET IT+PLUS
PC&デジタルカメラ 最新ニュース 更新 2月15日 15:35
カメラ本体はキヤノン、レンズキットはニコン首位・1月のデジタル一眼シェア
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=MMITda001015022008

カメラ本体はキヤノン、レンズキットはニコン首位・1月のデジタル一眼シェア

調査会社のBCN(東京・文京)は15日、デジタル一眼レフカメラの冬商戦期の販売動向をまとめた。12月、1月のメーカー別台数シェアはカメラ本体ではキヤノンが首位、レンズキットではニコンが首位と市場を分け合う展開で、シェア9割近くを占める2強の競争が激しさを増している。

BCNによると、コンパクトカメラを含めたデジタルカメラ市場全体のうちデジタル一眼の占める比率はここ数カ月間、台数で7%前後、金額で20%台で推移している。12月、1月は台数、金額とも前年同期に比べ2ケタの伸びで好調が続いている。ただ、3月に新機種の発売を控え、平均単価はレンズキットの場合で11月の9万8000円が1月には8万9000円へと下がった。

1月のメーカー別台数シェアはカメラ本体がキヤノン46.9%、ニコン42.0%に対し、レンズキットはニコン51.8%、キヤノン35.9%と競り合っている。3位はカメラ本体がペンタックスで4.9%、レンズキットがオリンパスで6.1%と2強との差が付いている。2月下旬にはニコンが入門機の「D60」を、3月下旬にはキヤノンが同じく「EOS Kiss X2」を発売する予定で、春商戦での首位争いのカギを握ることになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
デジタル一眼は2008年1月、レンズキットが台数ベースで3倍以上、金額ベースで2倍以上、本体のみの売り上げよりも多いです(だいたいキット販売のほうがいつも多い傾向です)。
なので、それから勘案すると1月もニコンの圧勝だったことになります。もし、別々にわけてその現実をカムフラージュするような圧力がかかったとしたら間違いなくキャノンからでしょうね。
小鳥遊
2008/02/16 07:48
予想通りの展開でしたね。今年も二強は腰をどっと置いて構えてくるでしょう。その他の会社に関してはペンタックス、オリンパスが独自にじっくりと攻めて、ソニーが一気に攻勢をかけるといった感じでしょう。ソニーの性急なラインナップを見てみるとちょっと焦っているような気がして不安を感じます。
New pioneer
2008/02/16 10:26
被害妄想的になんでも悪いことはキヤノンのせいにしてみたり、ソニーのラインナップを性急と上から目線で馬鹿にしたりしないでデジカメ市場の活性化と良い商品の低価格化を素直に喜びたいなあと思いました
コロン
2008/02/16 16:52
小鳥遊さんはじめまして!
とくに圧力がということはないと思いますが、
今回は冬商戦の動向ということでこの集計には
メーカー別シェアをだしていないだけだと思い
ましたが、一緒にデーターをだしてくれてもいいの
ではという感じがしました。
おっしゃるようにレンズキットのほうが確かに多い
と思いました。今年の実質的な始まりは2月から
3月の新製品が反映されてからの戦いになります
よね!
blog管理
2008/02/16 17:59
New pioneerさんこんにちは!
年末年始でこれほどニコンとキヤノン一辺倒
だったとは思いもしませんでした。ソニーに
関しては昨年から着実にラインアップ充実の
構想の元、開発を進めてきたものと思いますので、
性急なものではないと思いますよ。
特に家庭用のビデオカメラなどと比べてもそれほど
多くないですし、あせっているという感じもないと
思います。すべて計画通りの順調な開発でしょう。
blog管理
2008/02/16 18:05
コロンさんはじめまして!
おっしゃるとおりで、このブログでもDSLR
の各メーカー間の健全な競争を願うばかりです。
ソニーのα200などは、意欲的な価格戦略で
打ってでてきましたよね!こういった競争は
DSLRユーザーの裾野を広げるもので多くの
かたが一眼の楽しさを知ることにもなるので、
大歓迎したいと思います!春商戦の推移が
楽しみですね!
blog管理
2008/02/16 18:15
入門者などは市場動向を参考にして機種を選定することが多いのでしょう。店員の説明でもXXが売れていますとかの説明のほうが説明し易いといったことも影響しているのでしょう。またインターネットと検索ツールの普及で、だれでも簡単に市場動向や売れ筋を知ることができるようになったことも原因かもしれません。

今日秋葉原のヨドバシに寄った時に、αの説明員が特設場所(と言っても一人分の台だけですが)で大きな声で商品の説明をしていたのですが、ほとんど立ち止まる人がいませんでした。ロングテールの理論では無いですが、上位の一握り以外は淘汰されていく時代になったのかもしれません。
Toshi
URL
2008/02/16 21:52
ボディ単体のグラフでわかるのは、レンズを持っているユーザーが買い替えもしくは買い増しのボディを買っていると言うことで、11月を境にNikonが伸びているのは、ほとんどD300(ちょっとだけD3)の影響ですね。同じ時期にCanonのシェアが下がっているのは台数は安定していても、パーセンテージなので見かけ上グラフが揺れただけだと思います。

レンズセットのグラフでは、主に入門機のデータが出るはずですが、NikonはD300までレンズキットが発売されていますので、D40からD300までトータルで台数が多くなっています。Canonは安定してKissDXが売れてますし、とりあえずDSRといえば、無難にKissDXを薦める人が多いのも確かです。KissDX2とD60がどうなるかが楽しみですね。ここにOlympusが入ってきているのは、なかなか健闘していると思います。

SONYのα700のレンズキットは、完全にマーケッティングの失敗だと思います。その点こんどのα200&350は、シェアに食い込んでくる可能性の高いカメラだと思います。
Hiroyuki
URL
2008/02/16 22:22
Toshiさんこんにちは!
一般的に初めてエントリー機を買うかたは
みんなが買っている!というのは大きな選択肢の
ひとつになりますよね。D40シリーズなどでは
店頭で実際に持ってみて比較してからいいので
買ったというはなしもよく聞きました。
手にとって持ちやすかったということはデモ機を
展示する上でとても重要なことだなと思いました。
それも最初にふれる大切な性能の一つでしょうね!
ソニーのαは一般にはまだまだ認知度が低いのです
かね。ニコン・キヤノン以外が淘汰はいやだな。。
Eシステムに興味深々なので!E-3いいな。。
blog管理
2008/02/17 01:27
Hiroyukiさんこんにちは!
わかりやすいグラフの分析をありがとうございます。
ボディのメーカー別で大きくみるとニコンの右肩
上がりに対しキヤノンのだんだん下がってきている
グラフの流れがきになりますね。
レンズセット別ではおっしゃるようにオリンパスが
健闘しているのがうれしいですね!がんばれ10%!
ソニーのα700は既存のコニカミノルタユーザー
に向けて開発したと開発説明で明言していましたから
これはこれで、そういう位置づけのモデルなので
販売面でのことはしかたがないのかなという感じも
しています。それにしてもソニーの旧ユーザーを
大切にする姿勢には生真面目だなと思いました。
そういう手当ても済んでのこれから一般へ浸透と
いう段階に入っていく年に今年はなるのではない
でしょうか。
blog管理
2008/02/17 01:39
こんにちは。私は、長年ニコンだけを使ってきましたが、昨年からソニー、キヤノンも使うようになりました。最近ニコンが大受けなのは、今まで余りにもキヤノンとの差が大きすぎた反動だと思います。私は最近よく手にするのはソニーのα700の方です。ニコンよりも低速時のシャッターブレが少ないのです。編集ソフトもRAW中心ですが軽くて使いやすいです。自宅の庭の雪景色を撮影しても、雪の白飛びがα700の方が少なくて良い写りをします。ソニーのフルサイズが楽しみですね。キヤノンのEOS40Dも動きの速い被写体には良いと思います。ニコンのD300の使い方は未だに悩んでいます。
Msumida
2008/02/17 14:27
競争することは良いことですが、ニコンとキヤノンとのシェア争いばかり注目するのは良くないと思う。もう少し写真文化を育てる事も考えて欲しい。
亀象
2008/02/17 15:12
ニコンのシェアがキヤノンを上回ったのは、
キムタクをCMに使ったことによる一般ユーザへの認知度が高まったこと、
廉価な小型軽量モデルを出したこと、DX VR 18-200mm 等のレンズを出したこと、
さらにキヤノンの高感度性能の優位性が薄れたことなど、複合的理由だと思います。
当たり前ですがシェアを伸ばすには、ブランドイメージを高め、ユーザのニーズにマッチした商品をタイムリーに出すことでしょう。
kofuji
2008/02/17 16:12
Msumidaさんこんにちは!
長年同じメーカーを使っているとほかのメーカーの
カメラも使ってみたくなりますよね。同じクラスの
DSLRを3台使うということでそれぞれのよさが
わかってくると思います。クルマでは大変なこと
ですがカメラはそのてん比較的複数メーカーを持ち
やすいので楽しみの幅が広いですね!
長年のニコンユーザーですからD300もフルに
使いこなすのは時間の問題ではないですか!
blog管理
2008/02/17 20:52
亀象さんはじめまして!
このブログでは、ブログのタイトルにあるように
きになるニュースといえるおはなしもいままでに
多数取り扱ってきています。今ではデジカメの進化を
追うという感じになりつつありますが、おっしゃる
ような側面も考慮していきたいと思います。
blog管理
2008/02/17 21:08
kofujiさんこんにちは!
おっしゃるとおりだと思います!いろいろと
努力の結果が複合的に実ったという感じですね。
ユーザニーズにマッチした商品をタイムリーに
ということではニコンのマーケット優先の戦略が
功を奏したのだと思います。今後もユーザーの
ニーズにどんどん応えて小型軽量な単焦点やFXの
中級モデルなどを積極的に展開して欲しいですね!
blog管理
2008/02/17 22:52
追うもの強しともいいますか・・・
キヤノンという会社の怖さかともいうべきでしょうか、春モデルの他社の動向を事前に調査。
kissの後継を
価格、スペックともに他社モデルに劣らないようにと2モデル用意していたようです。
他社に比べ発売が3月下旬と遅いのは生産の体制をととのえるためのようです。
5D後継機の発表を夏以降に遅らせている理由も他社の動向からとのことです。
1D統合機か5Dの上位スペックまた安価なモデル。
キヤノンは秋に向けていろいろなスペックのモデルを用意してます。
サムスン社がソニーのCOMSを購入するとの話もでてます。
nikonon
2008/02/19 22:53
nikononさんはじめまして!
おっしゃるように、X2はどこからみても
すきのないモデルに仕上がっていますよね。
そして、売れ行き好調なKissDXも続投と
いうことでKissシリーズを2機種にして
万全の構えですね!
5D後継も遅らせているのですか。今年の後半は、
キヤノンが動きをみせるというはなしがあるようで
きになりますね。サムスンは、ソニーのフルサイズ
でも購入するのでしょうか。ほんとうならおもしろい
展開になりそうですね。
blog管理
2008/02/19 23:19
ニコンとキヤノンで年末年始商戦のDSLR市場9割制す きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる