きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS DSLR市場で国内2強が抜かれる日が来る?!

<<   作成日時 : 2008/01/14 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 35

 自分で確認できていないので、書いたものか、どうしようかと思案しましたが、連休中でネタもないということで、おもしろトピックという感じでさくっと書いてみることにしました。

 ペンタックスが、1月25日付け新聞の朝刊一面に広告(全国版は読売新聞だけ)をだすという告知をわざわざ、ニュース&インフォメーションにだして、話題になりましたが、それとときを同じくして(?)、ペンタックスと協業関係にあるおとなりの国のメーカーが、デジタル一眼レフの分野にも本格参入するということで、なんともごていねいなことに、キヤノンを抜くとまで宣言してくれたそうです。

画像


 これに関しては業界紙に掲載されたということで、このブログの読者のかたよりコメントで、お知らせいただきましたが、自分で確認していないので社名や国名は一応ふせておくことにします。

 というだけのはなしではありますが、可能性としては何年ぐらい先になれば「抜く」ことは可能なのかなと、素朴な疑問をいだきました。それ以前に、そもそも「抜く」ことは可能なのかなという疑問が、次にでてくるまでに、3秒もかかりませんでした。

 それほど、むずかしいことだと思うわけで、ということはニコンも「抜く」ということになるわけで、キヤノンもニコンも座して抜かれるわけもないと当たり前のように思い、やはり無理でしょう。という結論を、頭のなかではだそうとしています。

 ただ潜在的な底力は当然認めるところで、本気になってデジタル一眼レフ業界に参入してくれば、それなりの存在感を時間の問題で示してくるものとも思われ、はたしてそれがどれほどの存在感にまで成長するのかなということが当面の課題と思われます。

 当面、2強の座は揺るぎようのないものだとは思いますが、オリンパスの2強入り宣言もあることですし、ここは、ニコンユーザーとしては、2007年の年間シェア第1位の座を今年も守りつつさらにその座を強固なものとして欲しいと思うばかりです。

 その、今年の第一歩となるきになる売れ筋を、ニコンはPMAでだすのか、いま一番のきになったコトでした。


 お願い!

  どうか、コメントは、ひとつ穏やかに、お願いいたします!
   これでもみて、気分転換してくださいませ!
       http://www.youtube.com/watch?v=DBpcyf8ErJU
   ペンタックスではありませんが、これもURLを貼りたくなりました!
       http://www.youtube.com/watch?v=a-8GFhYSct0
   どちらも懐かしいと感じたかたは、オジサンだそうです!
   おまけ!
       http://www.youtube.com/watch?v=DFYx7lI_b5E
       http://www.youtube.com/watch?v=WcSsvDlKEm4
   はやりニコンもないとね!FA再掲載!
       http://jp.youtube.com/watch?v=kMLmL9HRN_w
   ニコンはAFの優秀さをアピールするために?!
       http://jp.youtube.com/watch?v=hWQPPYVEio0&feature=related
   戦え!ニコンD3
       http://jp.youtube.com/watch?v=bCkATswP3Ls

【資料】
PENTAX
news&infomation 2008年01月14日
新聞全面広告の掲載について
http://www.pentax.co.jp/japan/news/announce/20080114-01.html

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

【参考】
PMA
PMAとは、アメリカの写真業界団体、
PHOTO MARKETING ASSOCIATION INTERNATIONAL が開催する
アメリカ最大の写真関連見本市。
ディーラーなどカメラ業界向けのイベントですが各メーカーの最新機種が展示され、
試作機や発売予定製品の参考出品も行なわれることから一般の注目度も高い。

PMA2008は、1月31日から2月2日までアメリカのラスベガスで開催されます。
http://www.pmai.org/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(35件)

内 容 ニックネーム/日時
二強はゆるがないと思いますよ。
カメラファンはある意味頑固者ですからね♪
(ごめんなさい、もちろんいい意味で申し上げてるつもりです ! )
昇り龍
2008/01/14 23:44
ま、目標は高い方が良いんじゃない?
底上げされれば上も頑張るだろうし。
何事に於いても絶対は無いでしょうから。
もしかしたら会社が無くなるって事もありますからね。
凧tako
2008/01/15 00:34
ケイさん、こんばんは。
ソニーが自社センサーを持っていて、かつ
αレンズ資産を受け継ぎ、さらにツァイス
ブランドもありながら、苦戦を強いられて
いる現状をみれば、ケイさんがおっしゃる
ように「無理」と考えるのが普通ですよね。
それを覆すには、技術的かあるいは利用形
態で、あっと驚く先進性を打ち出す必要が
ありますね。
そんな隠し球があるのかな。
あったとしても、短期的な勢力図の塗り替
えはやはり難しいと思いますが・・・。
ごんた
2008/01/15 00:35
以前勢力図を大きく変えた事件としてはミノルタの大進撃がありました。
α-7000は世界ではじめてオートフォーカスを一眼レフに搭載したことで、カメラ業界にαショックと呼ばれる衝撃を与えました。
これと同様以上の事があれば勢力図を大きく変えることは可能だと思います。
ただ、当時の技術レベルと現在ではかなり違っており、今のカメラはかなり完成度が高く、今まで以上のブレイクスルーが無い限り難しいと思われます。
全く新しい今まで到底出来なかったことを実現する様なカメラでないとまずあり得ないでしょう。
もし、その様なカメラが出るのだとしたら、おそらく我々が想像する物を遙かに超えた画期的な機能を搭載したカメラなのでしょうね。
どんな物が出てくるのか?お手並み拝見という感じですかね。
YouPhoto
2008/01/15 01:01
一眼レフカメラのシェアでのキーポイントは画質とメカ性能の様なハードの単体性能の他にシステムと信頼性及びアフターサービスの充実等が不可欠であります。これは急に出来ることではなく、長い年月を積み重ねて来た実績から初めて得られる事であり、そう簡単に実現出来る事ではありません。
これらを実現するには膨大な事業整備も必要でしょう。
その辺ですが、サムスンは世界企業な訳でもしかしたら?とも思いますが、社運をかける位の相当なコミットが必要でしょうね。まぁ難しいとは思いますが。
YouPhoto
2008/01/15 01:25
今回新たに搭載する機能があるらしいのですが、HD動画記録が出来ると言う噂がありますね。まぁ、これはペンタックスやサムスンに限らず他社でもやりそうな事ですが。
後、ファインダー内有機ELライブビューの出願特許(特開2007-033701)・・・何でしょうね?気になります。
YouPhoto
2008/01/15 02:50
おはようございます。私もキヤノン、ニコンを抜くことは難しいと思います。メカの信頼性とレンズをどの程度そろえられるかですよね。SONYも意外と苦戦しているように、2強のブランド力にはかないません。サムスンのブランドをもってしても日本でのPC等のインターネット販売から撤退をしましたからね。でも強い競争相手がどんどん出てくる方が、ユーザーに取っては良いことだと思います。
Msumida
2008/01/15 04:29
韓国は、転職でキャリアをステップアップできる国なので、せっかく育った技術者がどんどん転職してしまいます。そういう風土では、基本技術の開発がおぼつかないので、ブレイクスルーは難しいでしょうね。
(今のアメリカも、同じ状況なので技術者が育たず苦しい・・・)
技術者個人のノウハウや、製造時の熟練作業者の技は図面には反映されないので、たとえ同じ図面を使って作ったとしても、同じ性能・品質は得られません。
家電やパソコンのように、いい部品や技術を買ってきて、組み立てるだけの産業なら、技術者の知識や熟練作業者は不要なので、ある程度は成功できますが、カメラのような精密機器に関しては、非常に難しいと思います。
ただ、高い目標を掲げて努力しないと、成長はありませんから、「キヤノンを抜く」という目標はいいと思いますよ。
かなり熟成の進んだ韓国車ですが、作りとしてはまだまだ「妥協点」が低いそうです。
カメラの開発では、この妥協点をいかに高くするかが鍵ではないでしょうか?
例えばニコンの妥協点は、異常なほどの高さとのウワサですよね。ニコン以上の妥協点を設定しないと、ニコンには勝てませんよ(笑)
58Caddy
2008/01/15 11:35
キャノンを抜く!という発言、志は高くというところなのでしょうね。まあ日本国内市場は10年かけても無理でしょう。ただ世界市場となるとまた事情が違うのかもしれません。自分としてはいつHo社から一眼部門をSa社が買い取るのか・・・という点が気になってしまいます。
正直時間の問題だとは思います。というのも正月に、ペンタの買収劇が裏では二転三転しておりかなりドラスティックなことが起きていた、との裏話を聞いてしまって、もう人情味あふれる「旭光学」は消えてしまったんだなと思ったからです。トップの独断に振り回される現場の技術者の人たちが気の毒です。ペンタとしては最後の花となる一眼レフかもしれません。楽しみに待ちたいと思います。
termn
URL
2008/01/15 12:49
根拠の無い自信や漠然とした精神論で物を語っていると思わぬしっぺ返しを食らうのが世の常です。
国内カメラ業界を支えていきたいのなら、まして無くなって欲しくないメーカーがあるのなら1台でも多くのカメラを新品で買いましょう(^^
会社も元気になって業界も活性化しないと、有能な技術者や天才はどんどん海外メーカーに流出してしまいます。
それは結局ユーザーの責任でもあるのです。
ささ
2008/01/15 13:27
こんにちは!
つまり、SがPを手に入れてシステム、事業所、技術者を手に入れ、国策企業であるSが資本を投入する。ってことなんですか?うーむ、それでもトップは難しそうですね。隠しだまは何でしょう。ライブビューで毎秒60コマでHDビデオ搭載のハイブリッドDSLR。これでも3位かな。
きゃのらー
2008/01/15 19:53
初めまして。いつも楽しく拝見しています。
単純な比較はできませんが、半導体露光装置ではURLのような状況ですので、油断することなく良い製品を作って欲しいですね。
やはり自国のメーカーですから応援したくなるものです。
D300修行中
URL
2008/01/15 22:45
おとなりの国のお国柄を考えると、大きく出るのは致し方ないと思います。



ですが。


キヤノンニコンだけに1位争いが許されているわけではなく、単に昨年の日本(?)の一位二位というだけのことです。二強といえどもなまけちゃえばあっという間に抜かれてしまうと思います。

去年の成績は既報の通りですが、ニコンは努力して強くなったのか、それとも苦労して元の場所に戻れたのか。
頂点を経験した会社はその大切さ、大変さを理解していると思います。
そういうメーカーが双璧になっている世界で食い込むのは大変でしょうが、一ユーザーとしては納得のいく製品だけを買いたいと思っています。

・・・メーカーを励ますにはこれにつきると思うのですが、多少納得行かなくてもニコン製品買っていました。えらそうなこと書いてすいません。
↑・・・から下は文字サイズを小さくして読んでください。

marusuke
2008/01/15 23:01
昇り龍さんこんにちは!
なかなか真理を突いた一言かと!
特に誰とはいいませぬが!(笑)
blog管理
2008/01/15 23:06
凧takoさんこんにちは!
志を高く持つということはどの分野にしても
いいことだと思います!切磋琢磨でニコンも
キヤノンというメーカーがあってこそさらに
いいものをということにもなりますしね!
でも、なくなっちゃこまる!(笑)
blog管理
2008/01/15 23:12
ごんたさんこんにちは!
まだ無理と結論付けたわけではないのですが、
ね〜、どうなんでしょ!という感じです!(苦笑)
ソニーやパナソニックのDSLRへの参入が決まった
ときは、もうNは生き残れないなんていわれました
よね!まだ結論はでたとはいいませんが。
どうしても、そんなに簡単なものではないと思うの
ですよね〜。そのメーカーが開発するようなことは
国内のメーカーも必ず開発するでしょうしそんなに
先進の技術でリードするとも思えないのです。
ユーザー規模もそうですし、20年後はどうかな
という感じのはなし程度かなと思います。
blog管理
2008/01/15 23:21
YouPhotoさんこんにちは!
もう、おっしゃるとおりだと思います!
全く同意という感じで、お返事が短くなって
すみません。個人的にはその発言はエントリー
から中級モデルで、日本以外で(現在も日本で
売っていない)特に新興著しいアジア経済圏で
圧倒的なシェアを握ってキヤノンのDSLR売り
あげを抜くという意味だと思います。
短期的にもしキヤノンを「抜く」としたらそれ
ぐらいのことでしかできないと思います。
長期的にもシステムやサービスそして技術でまでで
抜くというのは、むずかしいと思います。
ファインダー内有機ELライブビューの特許のはなし
は興味ありますけど!それとHD搭載はあるので
しょうかね?
blog管理
2008/01/15 23:34
Msumidaさんこんにちは!
おっしゃるとおりで、一長一短でできることとは
思えませんよね。携帯や液晶テレビと同じように
考えているのかもしれませんが、なかなかむずか
しいということは、これから理解するのではない
でしょうか。
エントリーから中級モデルで新興著しいアジア
経済圏で圧倒的なシェアを握って、キヤノンの
DSLRの売りあげを抜くということは可能かも
しれませんが。
blog管理
2008/01/15 23:44
58Caddyさんこんにちは!
なるほど〜!勉強になりました!58Caddyさん
ならではの視点がさすがという感じで感心しました!
結局、日本がカメラ作りでこれだけ成功して今まで
他の国が追随できなかったことがその証明ですよね。
そして、こんなにカメラを作っているメーカーが
多数あって、それが存在できているということも
他の国ではないことです。クルマや家電にも言え
ますが。その根底には、58Caddyさんのおっしゃる
ようなことがあるのでしょうね!
目標を高く持つ志はいいことという結論ですね!
blog管理
2008/01/15 23:53
termnさんこんにちは!
実は、今回の発言の真意を考えていました。
その発言の裏にはなにがあるのかなと。つまり
なんらかの根拠がないとそういう発言にはなら
ないと思うわけで、ただペンタックスが買われる
ことはないだろうなと思っていたのですがそれは
甘い考えのようですね。
おもしろいおはなしをありがとうございます!
日本は光学メーカーの海外買収を阻止するという
はなしを以前読んだことがあったのですが、そう
でもないのでしょうか。
>人情味あふれる「旭光学」とうい表現いいですね!
ブランドだけあげて技術者のかたは国内メーカーが
すべて引き受けるとかするといいのですが。
そうもいかないのかな。最後の花とならないように
祈ってます!(笑)
blog管理
2008/01/16 00:03
ささサンこんにちは!
そうですね!ニコンを買いましょう!(笑)
そしてキヤノンが抜かれるなんてありえないと
思うかたは、キヤノンを買うこれで安泰!と。
まあ、この意気込みを聞いて、国内メーカーが
気を引き締めていい製品(カメラ)をだして
くれるとユーザーはうれしいなと!
こんなのんびりしたこといってる場合じゃない?!
blog管理
2008/01/16 00:09
きゃのらーさんこんにちは!
ペンタックス自体がいままでもニコンやキヤノンと
競合しようとしていないメーカーでしたからね。
その会社を買収して、おしりをたたいて、抜けと
いってもというところでしょうか!
そのペンタックスということではエントリーから
中級モデルでもって、新興著しいアジア経済圏で
圧倒的なシェアを握りキヤノンのDSLRの売り
上げを抜くという意味かなととらえていますが。
どうなんでしょうね!
blog管理
2008/01/16 00:16
D300修行中さんはじめまして!
いつもお読みいただきましてありがとうございます!
HNから、D300のオーナーさんのかたですね!
ご購入おめでとうございます!自由自在に使い
こなしていい写真をいっぱい撮ってください!
おもしろい記事をご紹介いただき、ありがとう
ございました!その躍進の影にツアイスがあった
というあたりカメラにも通じるものがありそうな
感じもしてきますね!
国内メーカーには、今回の発言を受けて気を引き
締めて、いいカメラの開発にあたってもらいたいと
思いました。
blog管理
2008/01/16 00:24
marusukeさんこんにちは!
新年会からご帰還ですか!
確かに慢心すれば、その座は危ういものである
ことはいろいろな歴史の証明するところですね!
ところで、納得のいかないものを買われたという
ことのほうがきになりました!(笑)
新しく買った、D3はやっと納得できるカメラに
なっていたということでしょうか!(笑)
blog管理
2008/01/16 00:29
はじめまして、いつも情報の凄さに感心しながら、読まさせていただいておりました。

さて、PENTAXですが、すでに海外では隣国のSブランドでのOEMの方が市場が大きくなっているように思います。さらに液晶テレビや携帯電話においては、ヨーロッパ市場では日本のメーカーよりも市場の支配力があります。

日本国内においては、カメラにくわしいユーザーが多いので、2強に迫ることはできませんが、NikonD40(40X)が市場を拡大したように、安価なDSRを海外市場に投入すれば、売り上げ高は2強に迫れるものだと思います。

私の予想では、PENTAXはH社からS社に売り飛ばされて、日本国内向けのブランドとして残るのみで、海外ではS社としてブランド展開するものと思います。
Hiroyuki
URL
2008/01/16 00:37
ども。コメント欄を見てこちらへやって参りました。
記事の一部です。

旧臘、或る会合があった。写真映像経営者協会(JPEA)の定例懇談会である。同会はシグマ現会長が社長時代に提案させて設立させた。JPEA会員企業はアジア地域のメーカーと製品やパーツの供給関係を持っている企業が多く、それだけにアジア地域のカメラ産業に詳しい。その席上で台湾、韓国メーカーと関係の深い或るメーカーのオーナー社長から、驚くべきニュースとして韓国・サムスン電子のD-SLR本格生産について報告があった。
サムスンは丁度1年前にペンタックスの技術提携を受けD-SLRの市場参入を果たしている。韓国の電子機器トップメーカーであるその「サムスン」が自前のD-SLRで本格的に市場に乗り込んでくるようだ。既にコンパクトデジカメでは世界の五本の指に入っているサムスンは、過日、韓国で行われた記者会見で「D-SLRでキヤノンを抜いてトップになる」と宣言したという。(以下ずっと続きますが省略します)-続く

SFXN2000
2008/01/16 01:07
すみません。続きです。

もちろん、私自身、「そりゃ無理でしょう」と思ったのは事実です。実際、コンデジならともかく、SLRとなるとブランド力が物を言います。実際、海外のフォトショウでもSAMSUNGが出展していないところもあります。「プロ用ではないから」だそうです。
しかし、油断は禁物です。例えば、私の世代では、1眼レフに"SONY"のロゴはあまりに場違いなイメージであります。
しかし、昨年入社した世代などは、既にデジカメ世代であり、サイバーショットのSONYのおかげで違和感は皆無であり、1眼レフのSONYを当たり前のように見ています。
ですから、今は大したことのないSAMSUNGでも、10年後には強いブランドになっている可能性は否定出来ません。

上記の記事の終わりは、”(メイド・イン)ジャパン”というブランドをもっと向上させることが日本企業の今年の大きなテーマ、と言う提言で結んでいます。
SFXN2000
2008/01/16 01:11
Hiroyukiさんはじめまして!
コメントのお返事を書く前にリンクされたブログを
みだしたら、楽しくなって、しばらくいろいろと
みせていただいてしまいました!
D40ほかニコン以外にもいっぱいカメラをお使いで
楽しそうですね!魚眼の補正してトリミング&ビビト
処理の写真きれいですね!DXのフィッシュアイが
欲しくなってきました!こんどまたゆっくりブログを
みせていただきます!
いつもお読みいただき、ありがとうございます!
もうOEMしたカメラのほうが海外では売れて
いますか!販売事情はなかなかつかめないので
ペンタックスは相手先ブランドで売ってもらう
形になりつつあるのですかね。
当面はほかのかたのコメントにもかきましたが、
エントリーから中級モデルで新興著しいアジア
経済圏で圧倒的なシェアを握って、キヤノンの
DSLRの売り上げを抜くということになるの
でしょうかね。アジアに限らないのかな。
HOYAは売り飛ばしますかね。やめて〜!

これからも、ブログを楽しみにしています!
blog管理
2008/01/16 01:12
SFXN2000さんこんにちは!
情報をありがとうございます!あと話題性があると
思い、ここに書いてみたわけですが、反響は意外と
大きいようでした。
記事でも、「驚くべきニュース」ということなわけ
ですね!(苦笑)
ニコンもキヤノンも、もっともっとブランド力の
さらなる強化の余地はまだありそうですね!
ソニーのとらえかたも世代では違いがあって当然
ですよね!自分の周りのみかたで考えるとえてして
ものの見方を誤ってしまいますからね。
国内メーカーにも気を引き締めていいカメラを作って
いってもらい、さらにブランドに磨きをかけてもらい
ましょう!
blog管理
2008/01/16 01:24
私の発言で皆様のご心配をあおってしまったようで、申し訳ありません。まず自分は子供の頃からペンタファンです。自分の真意としてしましては「あの人情味あふれる旭光学は・・・」の方に力点があります。Hoyaへの買収劇の内幕であったドライな人の動きを耳にして残念に思ったことを端に発しております。とはいえ、Hoyaも上場企業ですし、オーナーの一存ですべてが決まる訳でもないと思います。が・・・
Q. 当社(Hoya)製品のシェアは?
A. シェアに対する考え方
「小さな池の大きな魚」HOYAは自社の技術力・営業力などの強みを発揮することができ、No.1になることができる市場で事業活動を行います。No.1になることでマーケットリーダーとなり競合他社が参入しにくい環境を作り収益性の高い事業に育ていきます。
この考え方に基づき当社の強みを生かし、収益を重視した事業運営を行っています。

当社主要製品のシェアは次の通りです。
(中略)
・ペンタックスデジタル一眼レフカメラ…市場第5位 約5%(世界シェア)

・・・がんばってください!!ペンタSLR技術者の皆さん!!!
termn
URL
2008/01/16 02:12
termnさんこんにちは!
ごていねいなコメントをありがとうございます!
ペンタックスはブランドを残してもう解散して
いたのですね。吸収合併で存続会社はHOYAです
からそういうことなわけですが。
ドライな人の動き、投資ファンドの動きに始まって
HOYAの売り飛ばし発言などほんとドライな経済
活動のみの動きでしたね!ペンタックスの歴史とか
写真文化といったことは一顧だにされませんでした。
HOYAのQAの「小さな池の大きな魚」理論では
デジタル一眼レフ部門の5位は、正に切り捨て対象
となりますよね。困ったものですね!
ペンタックスが結んだ協業関係をHOYAはどう
していくのかも不透明な感じもしますし、今後の
展開はどうなっていくのか心配ですね。
元ペンタックスの社員のかたには頑張ってもらいたい
と思いますが、売り飛ばされるなら全員で辞めて
国内メーカーに採用してもらえるようになると
いいなと思うのですが。。
blog管理
2008/01/16 17:24
こんばんは。この記事が出ていた業界紙ですが、同じ号に、(株)ケンコーの山中社長へのインタビューもありました。その中の記述によれば、HOYAの鈴木CEOはケンコーの山中社長の義理の兄にあたるのだそうです。もっとも、この2社間に資金的繋がりはなく、お互いに個人株主として株の持ち合いがあるだけ、との事です。
このインタビュー、なかなか非常に面白い部分があるのですがタイトルから外れますので・・・
SFXN2000
2008/01/16 21:48
SFXN2000さんこんにちは!
申し訳ありません、お気を使わせてしまって!
関連情報ということで、お書きいただいて全く
問題ないです!お互いに株を持っているとは
聞いたことがありますが、それほど関係のない
事業とも思えなんで?と思っていました。
なるほど〜!(笑)です!
blog管理
2008/01/16 22:23
情報流出です。
K20D,K200D
URL
2008/01/23 22:23
K20D,K200Dさんはじめまして!
すごい情報をありがとうございます!
とうとう発表ですね!あとは価格が知りたいですね!
このブログを書かれているご本人のかたですか。
blog管理
2008/01/24 02:03
DSLR市場で国内2強が抜かれる日が来る?! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる