きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS Nikonエントリー残酷物語!D40受難編

<<   作成日時 : 2007/11/14 02:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

 以前、『Nikonエントリー残酷物語!』という記事で、オークションですごく安く落札したD50にウルトラワイドヘリアーの15mmを無理やり装着してヘリアー専用デジタルカメラにしてしまったかたのおはなしを書きましたが、昨日いつもコメントをお寄せいただいているかたのブログをみて、ぶっ飛びました。そのかたはなんと、ご自分の新品のD40に同じレンズをつけてしまったのです。

 このブログにコメントをいただくかたのなかには、もうその記事をお読みになられたかたも多いのではないかと思いますが、あまりにもびっくりして思わず、ご本人に記事にさせていただいてもよいかとの確認をしたところ快諾いただけたので、ここで記事として、取りあげさせていただくこととなりました。

 その痛快な、というか楽しいというか、少々マニアックなことをしてしまったのは、いつもこのブログにコメントをいただいている、ささサンでした。ご自分の愛機、新品のD40の、ミラーボックスを少々削って、コシナが以前販売していたミラーアップ専用レンズのウルトラワイドヘリアーの15mmを装着してしまったのでした。

 Nikon D40が軽快なスナップカメラに変身!?【禁断ネタ】
 http://eos.at.webry.info/200711/article_5.html

 以前、『Nikonエントリー残酷物語!』という記事で紹介したかたは、無理やり、ミラーアップ状態で使うこととなるために、どうなってもいいようにと、オークションで超安く落札して入手したD50を使ってミラーアップした状態でないと使用できない、特殊なウルトラワイドヘリアーというレンズを装着して写りを楽しんでおられたのでしたが、ささサンの場合は愛用のカメラ、D40のミラーボックスの加工までして、つけてしまったのですから、気合が違います。

画像


 D40にウルトラワイドヘリアーを装着する場合、レンズの一部がミラーボックス内で干渉するために、ミラーボックスの内部を少し削るという加工が必要となります。この加工が必要になるということを自分は知っていたため、ささサンが愛用のカメラのミラーボックス内を削るという、まさに暴挙とも思えるようなことを、いともあっさりやってのけてしまったという報告記事をみたときは、かなりびっくりしてしまったということでした。

 加工のようすを簡単にメールで教えていただきましたが、干渉する部分をまず特定して、カッターでざっくりと削るという作業ののち目の粗いヤスリで形を整え終了。と、はなしで聞くぶんにはしごく簡単に終わったようですが、削ってヤスリがけですから、ちょっとしたほこりにもきを使うデジタル一眼レフのミラーボックス内での作業です。少し削ってはゴミを吸いだしたり、粘着テープなどで粘着させて取り除いたりと、作業にあたってはかなり注意をしておこなわれたようでした。

 そして、前回の記事のタイトルに対して、ささサンは、「D40は元気ですよ〜。残酷って感じではありません」とコメントを寄せてくださいました。それにしても個人的には『Nikonエントリー残酷物語!D40受難編』と書きたい気持ちがこみ上げてきました。

 ささサンのブログの記事をみると、ウルトラワイドヘリアー15mmとホットシューには、フォクトレンダーの21mmレンズ用のビューファインダーを装着したD40の写真が掲載してありますが、これがまたD40に似合っているのが泣かせてくれます。すごいことをやってしまうなと感心してしまいました。


【資料】
新宿徒然日記 (ささサンのブログ)
Nikon D40が軽快なスナップカメラに変身!?【禁断ネタ】
http://eos.at.webry.info/200711/article_5.html
スナップカメラと化したD40で日常を撮ってみた【SUPER-WIDE HELIAR】
http://eos.at.webry.info/200711/article_6.html
お気に入りの組み合わせで撮影された撮りおろし!

【関連記事】
『ミラーアップとライブビューでこれは使える?』(2007/08/15)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200708/article_16.html
『Nikonエントリー残酷物語!』(2007/08/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200708/article_24.html
『Nikonエントリー残酷物語を軽く凌駕する実話!』(2007/09/01)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200709/article_1.html

【お断り】
ここで紹介した内容はこのブログでお勧めするものではないことをお断りしておきます。無理な使用において故障した場合は、メーカーの保障も受けられなくなりますし、ミラーボックス内の加工も伴う作業は、レンズやカメラに問題が発生することも考えられます。メーカーでの修理自体受け付けてもらえなくなる可能性もあることですので、実際に試してみようとお考えのかたがいらしゃいましたら、自己の責任において試してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
いやー、さささんのD40+スーパーワイドヘリアーびっくりしました。でもビューファインダーを付けた姿がまた凛々しくてカッコいいんですよねー。スーパーワイドへリアーのLマウントはいずれ買うつもりだったんですが、あれを見るとSLシリーズのレンズも欲しくなってしまいそう・・・。
ではでは。
fortunati
URL
2007/11/14 09:14
ケイさん、記事にしていただいてありがとうございます。
この組み合わせは一眼レフカメラとは思えないほどコンパクトで軽快です。
もちろん、一眼レフカメラのメリットはほとんど残っていませんが(笑)
このレンズはLマウントの同銘柄レンズをそのまま流用したと聞いておりますが、通常の一眼レフ用レトロフォーカスタイプの超広角レンズと比較すると歪みが小さいのも利点です。スッキリした写りはなかなか新鮮ですよ。
ささ
2007/11/14 17:11
 もう製造中止なんですよね。スーパーワイドヘリアーのFマウント用。カッコイイデザインでしたね。

 私は改造ではないですがニコンおもしろレンズ工房を手に入れました。折りたたみ式の超望遠400mm、可変フォーメーションで構成を変えマクロ120mm/ソフト90mm切替可能レンズと20mm対角魚眼のセットです。D40とD3で使おうと思ってます。
SK
2007/11/14 17:33
あのカメラを見てびっくりしない人はトーシローですね。一眼レフにビューファインダー、普通は思い付きもませんよね。ところでそのD40さささんスペシャルはもう他のレンズは付かないんでしょうかね。
きゃのらー
2007/11/14 17:35
>きゃのらーさん
いえいえ、加工ったって大したことやっていませんので(ミラーボックスの一部を削っただけ)このレンズを外せば全然普通に使えます!
今のところは異常やトラブルも発生していないですよ。
ささ
2007/11/14 19:03
以前に書かせて頂きましたが、私もPCニッコール28mmをマミヤ645のボディーに付くように加工した事が有りました。
その時の経験では、そのレンズがお釈迦になっても構わないと言うような覚悟が必要でした。
それがボディーの加工と言う事で有ればかなりな覚悟があった事と察し致します。
でも成功すると得も言われぬ喜びが、込み上げてくる事も経験いたしました。

勇気ある、ささ さんに乾杯!!
ガバチョ
2007/11/14 20:39
fortunatiさんこんにちは!
ささサンの今回のポイントはビューファインダーを
みつけて装着したことですね!まさにあつらえた
ような可愛らしさですね!
ほんとにこういう楽しいものをみてしまうと
自分でもと、つい思ってしまいますよね〜!(笑)
blog管理
2007/11/15 00:11
ささサンこんにちは!
とんでもないです!こちらこそ、ささサンの
D40の楽しい改造の顛末を記事にさせて
いただけて、感謝しています!
そして、一つ前の記事ですでに撮影データーを
公表されていたのにきがつかず、やられたと思い
ました!(苦笑)たんなるスキャナーが直った記事
ではなかったか〜!(笑)12mmを使わなかった
理由もコメントでわかりました!
一眼レフのメリットはないものの、もともと
Fマウントの銀塩カメラでミラーアップできるもの
で気軽に楽しんでもらおうとコシナもFマウント化
してだしたのだと思いますから、APS-Cで多少
画角が狭くはなりますが、それほどコシナの意図から
離れているわけではないので、十分ありの組み合わ
せでしょう!こんどはD3でこのレンズ本来の画角を
楽しまれるのでしょうか!!
blog管理
2007/11/15 00:23
SKさんこんにちは!
いぜん日本カメラでこのレンズをレポートして
いて、そのときから注目してはいましたが、前に
書いたD50で楽しまれているかたがいることを
知ってが〜んという感じでした!(笑)
おもしろレンズ工房はカメラ雑誌で取り上げている
記事を読みましたがあなどれない性能のようですね!
暗いだけで、ニコンの名前でだすだけのことが
あると書かれていました!キャッチフレーズが
たしか楽しかったことを覚えています!
blog管理
2007/11/15 00:30
きゃのらーさんこんにちは!
びっくりしないひとは、トーシロ!(笑)
そうですね!なんであんなに薄いレンズがついて
いるの?という感じでしょうね!知らないかたが
みれば!ミラーが使えない状態にレンズが奥まで
ささっているなんて想像もできないと思います!
(苦笑)疑問点はすでにささサンがお答えに
なられていますので、省略します!(笑)
blog管理
2007/11/15 00:36
ささサンどうも!
たいしたことやってます!(笑)
ミラーボックスの中を削る!
そんな発想、自分の辞書にはありません!(笑)
blog管理
2007/11/15 00:43
ガバチョさんこんにちは!
レンズの加工となるとマウントの変更を伴った
ものと想像しますが、そうなるともともとの
マウントのカメラには使えなくなりますよね。
今回の場合は、おはなしを聞くと少々削る?で
いいようですから、普通の使用も問題ないよう
ですね!覚悟と気合は必要でしょうね!(苦笑)
おっしゃるように、あんなにキュートな感じに
まとまると、さすが!と、もう感心しきりです!
もう自分のことのようにすごく嬉しくなりました!
ほんとに乾杯です!
blog管理
2007/11/15 00:50
こんばんは!
もしD3を入手出来ても、いきなりこのレンズをD3のミラーボックスに突っ込むのは勇気がいりますね....
F、F2、F3のようなミラーアップ撮影が出来れば別なんですが。
ささ
2007/11/15 01:25
ささサンどうも!
EOS 5DにOPフィッシュアイをお使いの
かたは、D3でも試すそうです!(笑)
でも、勇気がありますよね!自分には絶対に
まねができない自信があります!(苦笑)
ほんとに、前に記事で書きましたが、ミラーアップが
できれば楽しいのにと思いますよね!それをLVで
みながら撮影できれば、ビューファインダーいらず!
(笑)こんなことを考えているのは。。。(笑)
blog管理
2007/11/15 01:54
ケイさん

お久しぶりです.お約束どおり,D3&1Ds MarkVにもOPフィッシュアイの装着,試写を行いましたので報告させていただきます.どちらも入手困難な中ラッキーに2台とも入手できました.しかし,まともな撮影もままならない天候ゆえ,話題作りにでもと.

http://yukikatsu.blog59.fc2.com/blog-entry-132.html
カツ
2007/11/30 11:42
カツさんこんにちは!
D3と1DsMK3のご購入おめでとうございます!
URLのページ、拝見させていただきました!
わ〜お!という感じでした!(笑)すごいですね〜!
新品に!心配じゃないですか?
また撮影した結果などぜひレポートしてください!
この記事は紹介させていただいてもよいでしょうか?
blog管理
2007/11/30 15:09
Nikonエントリー残酷物語!D40受難編 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる