きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンDSLRで初の年間シェア1位が視野に!

<<   作成日時 : 2007/10/13 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

 このブログでも何度も取り上げることとなった、ニコンのシェア1位というニュースですが、とうとう年間を通じたシェア1位も視野に入りつつあるという報道がありました。キヤノンがEOS 40Dの投入と大々的なCM展開などで巻き返しを図りつつあるようですが、ニコンは逃げ切れるのか。その躍進の影にはある組織の存在が!

 ニコンのシェア1位という躍進には最初はびっくりして、これは記事にしなくてはと思わされたものでした。というのも、シェア1位がそんなに長く続くとは思いもしなかったので、重大なトピックということで書いたのですが、次の月もその次の月もさらにその次もという感じでレギュラーの記事になるとは想像もしていませんでした。

 これには、ニコンの各部署でご尽力になられた関係者のかたにはほんとうに申し訳ないと思いますが、そのころは常勝ニコンという事態になるとは思いもよらなかったというのが正直な感想でした。D40がうわさになり発表になって価格もわかった段階でこれは大ヒット間違いなしとは思いましたが、ここまでの躍進は想像を超えていました。

 ニコンの『ニコングループの中期経営計画(06年度〜08年度)を策定』という投資家向けの発表で、デジタル一眼レフ事業をおこなう映像カンパニーの事業方針には『(前略)新しい商品を開発・提案し市場を創出して(中略)08年度にはデジタル一眼レフで40%以上のシェア獲得を目指します。』としていたことは本当になったわけで、それも前倒しで07年に達成してしまったということは、コミットメントを正に実行したという感じです。

 ところで、このニコンの快進撃を影で支えていたスペシャルチームの存在が日経ビジネスの記事で報じられていました。ニコンでは、顧客情報や販売情報などを集約して、スピーディーに分析する専門組織『マーケティングラボ』を作り情報の分析を図っているという。この組織の重要なところは、マーケティング戦略をスピーディーに修正できるよう支援するというところが重要な役割としてあるようで、細かな製品ラインアップもそのような背景のもとに練られたものだということがわかって興味深いものがあります。

 マーケティングラボの詳細は記事をご覧いただくとして、そのようなスペシャルチームがまるで、CTUのような鋭い分析で、ニコンを脅威から救っていたことは知りませんでした。ニコンの年間シェア1位の影には名もない多くのジャック・バウアーの努力があったということで、なんだか感動してしまいました。まだ、『24』の最終回を昨日見終わったばかりで、その余韻が残っていて、はなしがそれ気味になってしまいました。


【NBonline 日経ビジネス】
ニコン、デジタル一眼市場で初の年間首位が視野に
データ分析専門組織がきめ細かなラインアップを支援
2007年10月12日 金曜日 杉山 泰一

大手精密機器メーカーのニコンは、2007年上期のデジタル一眼レフカメラ市場で40%以上の販売台数シェアを獲得した。不動の首位だったキヤノンを抑え、初の年間1位が視野に入っている。ニコンの躍進を間接的に支えるのは、顧客情報や販売情報などを集約してスピーディーに分析する専門組織「マーケティングラボ」である。

「CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)システムにかなり投資をしたが、データを集めるだけでは仕方ない。スピード感を持ってきちんと分析できる体制を作った」と、ニコンの本田隆晴・映像カンパニー事業企画部ゼネラルマネジャーは説明する。

BCN(東京都文京区)の調査によると、ニコンのデジタル一眼レフの市場シェアは2005年が29.3%で、2006年は33.6%。最大のライバル、キヤノンはそれぞれ52.1%、44.6%だった。2007年はニコンとキヤノンがシェア40%前後でデッドヒートを演じている。

ニコン躍進の直接的な要因は、多様な顧客ニーズを考慮して配置した製品ラインアップにある。昨年終盤に発売した割安な中級機「D80」と割安な入門機「D40」などによって、同社のラインナップは現在、入門機2機種、中級機3機種、上級機1機種となり、それらがバランスよく売れているという。

映像カンパニー内に設けたマーケティングラボの役割は、製品ごとに購入者を様々な観点や手法によって類型化していき、マーケティング戦略をスピーディーに修正できるよう支援すること。顧客調査はもちろん、販売店や販売会社から日次販売データも集める。インターネット上にある自社製品や他社製品に関する書き込み情報も、特に新製品が発売されたタイミングで詳しく調べる。

デジタルカメラ市場はコンパクトデジカメとデジタル一眼レフに大別できるが、両者を合わせた世帯普及率は6割を超え、すでに「一家に1台」の時代から「1人1台」の時代に突入している。CIPA(カメラ映像機器工業会)の統計では、2006年の国内総出荷台数は942万台で、このうちデジタル一眼レフは7.6%を占める。購買層が多様化してきたため、今後は市場分析力の優劣がデジカメメーカー各社の競争の行方を大きく左右するだろう。

ニコンは、2006年3月30日に発表した2006年度から2008年度までの3カ年計画の中で、「2008年度にはデジタル一眼レフで40%以上のシェア獲得を目指す」と宣言。現在の快進撃が続けば、40%以上のシェア目標は1年前倒しで実現する可能性が高い。


【資料】
NBonline 日経ビジネス
ニコン、デジタル一眼市場で初の年間首位が視野に
データ分析専門組織がきめ細かなラインアップを支援
2007年10月12日 金曜日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20071011/137340/
この記事を参照しました。

【関連記事】
『ニコンがDSLRでシェア40%を目指す!?』(2006/04/01)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200604/article_1.html
『ニコンのシェア40%はエイプリルフールではなかった』(2007/04/01)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200704/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
この組織、きっとケイさんのブログを読んで参考にしているのではないでしょうか(笑)

個人的なニーズと勝手に?予想した世のニーズはD3Xと、D3のAFや撮像素子を積んだコンパクトなFXと廉価なFXなのですが。
marusuke
2007/10/13 08:44
1DやD3はシェアにはあまり関係ないですよね。
やはりラインアップを揃えた事が
勝因でしょうね。
ニコン強し。
キャノンの場合ラインアップがなんかバラバラ
って感じます。
ネーミングを含めてきちんと並べたほうがよさそうです。
きゃのらー
2007/10/13 13:01
ニコンはD3登場までプロ戦略はさっぱりでしたが、コンシューマ・プロシューマ戦略は2年前から成功し始めたのが今回の結果に繋がったのだと思います。ただ、キヤノンもこのまま黙って見過ごすことはないと思います。何か手を打って出てくるでしょう。
ハードロック大ファン
2007/10/13 13:58
確かに現状だとキヤノンのラインナップが若干物足りなく感じてしまいます。
そうそう、来年貼春にキヤノンのあっと驚く(?)新製品が出るらしいとの噂があるみたいですね。
ささ
2007/10/13 17:48
私もこの記事を読んで、なるほどと思っていました。
勝負はデータの分析から先の具体的な製品開発や販売戦略をどう実現していくかでしょうね。ニコンの場合は販売側の期待を開発陣がみごとに応えた結果だと思います。分析チームも含め、このチームワークには、おもわず拍手したくなりますね。
Toshi
URL
2007/10/13 18:50
年間一位に王手ですか〜。なんか祝杯あげたくなりそうです(笑)。 あとはレンズのラインナップに期待してます。攻めるなら今ですしね !
昇り龍
2007/10/13 19:47
ニコンが好調になるにしたがって、製品にも自信が溢れているように思います。たとえば、望遠レンズのライトグレー仕様は、近頃の製品にはありません。あれは、まさに、キヤノンのホワイトレンズを気にしすぎたあまりの製品であったように思うのですが、そういう意識をする必要がなくなった(自社の製品に自信ができた)のでは、と感じます。スポーツ中継を見ていると、カメラマン席にはホワイトレンズ群が並んでいるように見えるのですが、実は、黒レンズは目立たないだけ損をしているのでは、と思っていました。今後、D3の導入でどう変わるかが楽しみです。
Nikkormat
2007/10/13 20:05
marusukeさんこんにちは!
参考にはならないと思いますよ!(笑)
それよりmarusukeさんの書き込みを参考に
しているかも!
コンパクトで廉価なFXではなくて別々ですか!
自分の夢を書くとD40ぐらいのFX機がいいな!
blog管理
2007/10/13 20:30
きゃのらーさんこんにちは!
お怪我はなかったですか!
ユーザーニーズを掴んだラインアップの勝利
という感じですね!
ライバルの品揃えはそれぞれの考えの上でのもの
だと思いますが、ニコンの場合すき間が少ないと
思います!選ぶのに困るぐらいだけど、それぞれ
ニーズがちゃんとあるという感じですね!(笑)
blog管理
2007/10/13 20:35
ハードロック大ファンさんこんにちは!
ニコンはD3の登場で上から下まで磐石の品揃えと
なりましたね!プロユースにも今度は文句ない対応
となり、次はニコンユーザーのための機種をひとつ
だすだけとなりました!FXフォーマットの中級機
です!これは楽しみですね!
来春には5D後継もでそうな感じもありますし、
それにニコンがどんな感じでぶつけてくるのか
つい期待してしまいます!
blog管理
2007/10/13 20:40
ささサンこんにちは!
そうそうなんて思いだしたように、重大なことを
書かないでください!(笑)
すごく興味のあるおはなしですね〜!来春ですか!
あっと驚く!新製品!翻訳すると、
あっと驚くデジタル一眼レフの登場ということ
ですね!それもフルサイズとか?5D後継かな!
当面、ニコンとキヤノンの2強は揺るぎそうにない
感じですね!
それにしても、どうあっと驚くことになるのか
きになりますね!(苦笑)
blog管理
2007/10/13 20:47
アテネ五輪でのトラウマがD3で晴れて、尚かつ年間シェア一位ですか?
盆と正月が一緒に来た感じですね!

>黒レンズは目立たないだけ損をしているの
ケイさんその通りです、鼻毛の白髪みたく白レンズはよく目立ちます。
でも黒い長玉は凄みがありますよね。
ガバチョ
2007/10/13 20:49
>黒レンズは目立たないだけ損をしているの
すみません、Nikkormatさんの間違いでした。
ガバチョ
2007/10/13 20:52
Toshiさんこんにちは!
この記事のおはなしはおもしろいと思いました!
マーケティング戦略をスピーディーに修正という
ことをしているんですね〜!
開発側がそれに応える柔軟さがないとだめなわけで、
技術者魂を込めるのが難しくならないかと少し
心配になったりしますけど、売れなくてはそれ
どころではありませんからね!
今回の偉業は社内のリレーションが、すごくうまく
機能した結果でしょうね!
blog管理
2007/10/13 21:00
昇り龍さんこんにちは!
「年間1位祝勝!OFF会」とかやれそうですね!
野球の応援団か!って、突込みが入りそうですが!
(苦笑)
なんかそうとう盛り上がりそうな予感がします!
レンズに期待は同感です!攻めの展開に期待です!
blog管理
2007/10/13 21:07
Nikkormatさんこんにちは!
ニッコールのライトグレー仕様がでたときは
いろいろと言われましたね!(苦笑)
特に超望遠のライトグレーは!(笑)
ニコンにも迷いがあったのか要望からだしたのか
謎ですけど!
今は自信に満ちているという感じを受けますよね!
黒レンズは目立たないから損とは!(笑)でも
一時はほんとうに目立たなかったですよね。
トリノなんかの中継をみていると悲しくなる感じ
でした!
blog管理
2007/10/13 21:13
ガバチョさんこんにちは!
ほんとにおっしゃるとおりです!祝杯をすでに
あげているかたもいるようですよ!(笑)
鼻毛のシラガ!(苦笑)すごい例えです!
いままで聞いたことがない!(笑)
暗い室内とか確かに目立ちますよね!
対して、黒い超望遠レンズは凄みがある!ほんと
ですね!NIKKORの新レンズはカッコいいです!
blog管理
2007/10/13 21:18
横レスですみません。
ガバチョさん。やりますねー
その発想メチャいけてます。
何とか私がニコンを陥れる
なんか凄いコピーを
考えますね。
ちきしょうーーーーーー。
最近負けっぱなし。
飲みいこー。
きゃのらー
2007/10/13 22:31
きゃのらーさんどうも!
>ニコンを陥れる
んっ!!そんなこと考えなくても。。。(笑)
負けてないですって!対等に勝負が出来るように
なっただけですって!(苦笑)
blog管理
2007/10/13 22:43
ケイさん、こんにちは。
ニコンの年間シェア1位!
今年はD40xを購入したので、少しでも貢献できたと思えば、感無量です。
来年もD3,D300はもちろん、D80の後継機(出るんですか?)などで、シェアを維持して欲しいです。
それにしても、マーケティングラボ部隊はすごいですね。一度走り出すと、マーケティング戦略の修正は非常に難しい為、かなりの権限が与えられたのでは?と推測します。
また、それに答えた開発部隊もすばらしい仕事をしたと思います。
58Caddy
URL
2007/10/14 13:05
58Caddyさんこんにちは!
新たにニコンのページを作られたのですか!
なんだか本格的な感じになってきましたね!
D80の後継機も当然でてくると思います!
D300をみていると、これは密かな楽しみと
いう感じになってきます!
おっしゃるとおりでラボ部隊はすごいですね!
修正なんてほんとに簡単ではないですからね!
それでつい、スペシャルチームなんて書いて
しまいました!(苦笑)
ニコンの楽しい記事の展開を楽しみにしています!
もちろんクルマの記事も!
blog管理
2007/10/14 17:03
ニコンDSLRで初の年間シェア1位が視野に! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる