きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS パナソニック2010年にDSLRのシェア10%目指す!

<<   作成日時 : 2007/09/29 03:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 パナソニックのLUMIX DMC-L10が国内でも正式に発表されました。なぜか海外での発表が先行するという形でお披露目されていたパナソニックの新モデルですが、日本での発表が遅れた理由については特に説明もなかったようで、先行した海外モデルより国内のモデルのほうが特別な機能を装備しているということもありませんでした。

 L10は海外で、8月末に突如発表され、そのときには国内発表は未定とされていて、オリンパスの海外で先行発表されたE-400と、あとで国内発表となった、E-410のような関係で、L10も国内モデルのほうがなにか機能を充実させてあとから国内発表してくるのではないかとも思われていましたが、そのようなサプライズもなくただ遅れただけなのという感じの発表となりました。

 今回、新たにわかったことでは、(自分が知らなかっただけかもしれませんが)同時に発表された新レンズのうち高倍率の、LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.に、同社のレンズでは初採用となる超音波モーターが搭載されていたことでした。手ブレ補正を内蔵しAF駆動に超音波モーターを採用した、換算28-300mmの高倍率なレンズとなるわけで、価格もそれなりに高価なものとなっています。

 LUMIX DMC-L10の価格と、同時に発表されたレンズの価格は以下の通り。

 L10、L10K ともに価格は、オープン価格。実勢価格は、
 ボディ単体の、L10が約10万円前後、発売日11月22日、月産台数2,000台。
 レンズキットの、L10Kは15万円前後、発売日10月26日、月産台数 5,000台。

 LEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm/F3.8-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
 本体希望小売価格99,750円 (税込)発売日10月26日月産台数 500台

 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S.
 本体希望小売価格170,100円 (税込)発売日11月22日月産台数 500台

 L10で採用されたフリーアングル液晶はデジタル一眼レフでは初採用となるもので、オリンパスのE-3でも採用してくるとみられることから、ここは少しでも早くだしておかないと、L10のセールスポイントが減るところでした。ほかにも世界初となるコントラストAFによる顔検出機能もあり、顔認識AFは人物の顔を検出してピントを合わせるほかにも顔に最適な露出で撮影できる機能もあわせ持っています。

 L10はライブビュー機能にいろいろと特徴を持たせてほかのデジタル一眼レフと差別化を図っている感じですが、ライブビュー時のコントラストAFを使うにはこの機能に対応したレンズを使う必要があるということで注意がいるようです。

 L10の発表の席では松下電器として、『デジタル一眼事業の強化』をひとつの項目として掲げ、他社と異なるユニークで独創的なラインナップを展開して、2010年には、デジタル一眼レフ市場で、シェア10%を狙うとしました。

 これに関して、DSCビジネスユニット 企画グループマネージャー 房氏は、「非常に高い目標だが、ネバーギブアップの精神で取り組んでゆきたい」と、これからチャレンジしていくとの決意表明を語ったようです。

 あと3年後には、デジタル一眼レフの勢力地図は、どのように変化しているのでしょうか。予想はとてもむずかしいと思いますが、D3の開発で次世代のデジタル一眼レフの姿をまざまざとみせつけたニコンが、それをきっかけに大躍進して、シェア1位をキープしていて欲しいと個人的には思いました。ほんとに手前みそなブログでもうしわけありません。今日、書きたかったことはこれにつきるわけで、L10のおはなしは、その前菜のようなものでした。


【追記】
例のブログにまたきになることが書かれていました!

【関連記事】
『パナソニックからLUMIX DMC-L10登場!』(2007/08/31)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200708/article_33.html

【資料】
Panasonic
L10デビュー・イベント
http://panasonic.jp/dc/event_l10/
プレスリリース 2007年9月25日
世界初 デジタル一眼レフでフリーアングル液晶搭載デジタルカメラ DMC-L10K/L10 を発売
フリーアングル液晶&ライブビューがデジタル一眼を変える
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn070925-2/jn070925-2.html
ライカ D レンズ 標準ズームと高倍率ズームの2本を発売
LEICA D VARIO-ELMARレンズ 14-50mm / F3.8-5.6
LEICA D VARIO-ELMARレンズ 14-150mm / F3.5-5.6
光学式手ブレ補正機構搭載「ライカ D VARIO-ELMARレンズ」
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn070925-3/jn070925-3.html?ref=news

デジカメWatch
パナソニック、顔検出AFを備えたデジタル一眼レフ「LUMIX DMC-L10」
顔検出機能やバリアングル液晶を搭載
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/09/25/7086.html
パナソニック、手ブレ補正ズームレンズ「Vario-Elmar」2モデル
「14-150mm F3.5-5.6」と「14-50mm F3.8-5.6」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2007/09/25/7087.html
パナソニック、「LUMIX DMC-L10」の発表会を開催
「デジタル一眼レフカメラの撮影スタイルを変えたい」
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/09/25/7092.html
パナソニック、「DMC-L10」体験イベントを東名阪で実施
26日からショールームで先行展示
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/09/25/7095.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。松下がキヤノンとニコンの二強の牙城を荒らすことは容易ではないと思います。ただ、それだけの意気込みが目標には一歩一歩近づけるのではないのでしょうか。今のところフォーサーズ規格の戦略で市場の隙間を狙っているようですね。オリンパスと似た感じだと思います。
ハードロック大ファン
2007/09/29 06:47
いつ記事になるかな〜と思ってました(笑)
私はコンパクトやビデオカメラはパナ製を使用してるので少なからず一眼にも興味あったのでケイさんの目にはどう映ってるのか気になってました(笑)
やっぱニコンやキヤノンに対しては厳しいように思いますね。フォーサーズ一眼メーカーではオリンパスが抜きん出てるような気がする私でした。
凧tako
2007/09/29 07:13
ハードロック大ファンさんこんにちは!
おっしゃるとおりだと思います!10%なら
なんとかいけるのかなという感じですけど!
ただ、これからさらに機種を増やしていかないと
10%も無理だとは思うので今後の展開がどう
なるのかでしょうね!
オリンパスは2強の牙城に挑むそうですからさらに
強力な戦略が必要でしょうね!フォーサーズがこれ
からどう発展していくのか、フォーサーズなりの
特徴をいかに持たせられるかにかかっているように
思います!
blog管理
2007/09/29 17:52
凧takoさんこんにちは!
記事にはなったものの結局は、そこかよ!って、
感じでしたか!(笑)すでに発表された内容と
なんら変わらないので、どうしようと思いましたが、
シェア10%を考えているのか〜と思い、記事に
しました。今のままでは無理でしょうから、今後
さらなる展開を期待できるのかなと!
ソニーは10%はいけそうな感じがしますけど、
こちらはどうなるのか、興味ありますね!
blog管理
2007/09/29 17:57
松下も大胆な目標を掲げましたね。
でも、
資本力、技術力、知名度
うまく歯車が合えば
数年後は、結構いけるかもと思います。
問題はどのくらい本気か!
でしょうね。

きゃのらー
2007/09/29 21:01
きゃのらーさんこんにちは!
松下が本気をだせば、いける可能性は十分あると
思います!ただ社内でDSLR事業に対してどう
位置づけているのかですよね!地道に売っていく
というような感じにしか今のところみえないです。
総合力は発表会の席上でもアピールしていたよう
ですけど。。。
blog管理
2007/09/29 21:29
フォーサーズ連合でシェア10%というのはひょっとしたらありかなとも思えるのですが、パナソニック単体では難しいでしょうね。
おっしゃるとおり、松下が本気で総力を結集すれば可能性がないともいえないのですが、今のところ一眼レフ事業に対する明確な戦略がいまいち分かりづらいような気がします。L1のあとにL10ときても、松下がどのようなラインナップ体系を築こうとしているのかがよく分かりませんよね(^_^;
まだソニーの方が、(ミノルタの事業を引き継いでいるからということもありますが)体系的にラインナップを構築していっているので分かりやすいですね♪
yamataka
2007/09/30 08:53
yamatakaさんこんにちは!
あ〜あっ!自分も書かなかったこと、
書いちゃいましたね!(苦笑)ストレート直球!
でも今の状況だけみると、そう書かれてもしょうが
ないですよね!(苦笑)
あと、約3年の間にのはなしですから!ここはまあ
ようすをみていきましょう!自分は天下の松下です
から、なにかしら展開を考えているのではないかな
と、思ってもいるのですが!なんといっても
コンパクトデジカメではシェアNo1ですからね!
それを考えると、10%はやってくるかもと思う
わけで、6社の健全な競争でいいものがどんどん
でればユーザーはそれにこしたことはないので!
blog管理
2007/09/30 16:26
おはようございます。
いやー私もちょっと書きにくいのですが、yamatakaさんの意見にほぼ同意ですね。
でもライカレンズという強いブランドも抱えているし、何より企業の体力が強大なメーカーですから、ケイさんのおっしゃるように何かしらの展開はかんがえているのでしょうね。
個人的にはL1のデザインは好きなんで、あれを小型軽量化してくれると嬉しかったんですが。
ではでは。
fortunati
URL
2007/10/01 09:27
fortunatiさんこんにちは!
いまの現状だけみると、そう思ってもしょうがない
と思いますよ!
ライカブランドのレンズは、海外での受けがいいの
かな。(笑)ソニーと違い、オリンパスと協業は
あるとはいえ、社内で一からのDSLR開発は
けっこう大変なのかもしれませんね!
これからのダークホースになったりして!
L1はいずれ生産終了になるのですかね。
これから売れそうな感じもないようですけど。
どういう展開になるのか、今はよくわからない
ですね!(苦笑)
blog管理
2007/10/01 20:36
パナソニック2010年にDSLRのシェア10%目指す! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる