きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンF4の補修用性能部品保有期間!中古カメラの楽しみ!

<<   作成日時 : 2007/09/27 02:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

 今日もカメラ雑誌ネタで恐縮です。コメントをいつもいただき、懇意にさせていただいている、とあるブロガーさんへの勝手な連動企画ということで、少しだけきになったことをまとめてみたいと思います。ほんとは、連動企画というほどおおげさなものではありませんけど。

 このブログによくコメントをいただくかたで、yamatakaさんというかたがいます。このブログを何度かお読みのかたなら、常連コメンテーターのかただとおわかりかと思います。そのyamatakaさんは、今お手持ちのフイルム一眼レフを整理して中古のニコンF4(F4Sかな?)を購入するべくおりをみては中古カメラ店に足を運んで目利きをしているようです。

   『いま、ニコンF4が気になる・・・』
   http://yamataka320i.at.webry.info/200709/article_8.html

 そんな楽しい買い物を検討中の、yamatakaさんにぜひお知らせしたいような情報がアサヒカメラにでていることを発見したのでした。仕事柄モニターをいつもみているせいか、目が疲れてくると細かな文字を読みにくくなるようで、この情報も雑誌を買ったばかりでぱらぱらとみていたときはなにか細かく情報があるなという感じで、目の自動スルー機能が作用して、ちゃんとみていなかったのでした。

 きになる記事はということでは、後編で、この記事を取り上げていたのですが、その後ゆっくり読み進めていると、『メーカーでのフイルムカメラ修理対応状況』という一覧表の中に、細かな文字でびっしりと、各メーカーの機種ごとの修理対応状況が書かれていることにきが付きました。

 その一覧の各メーカーの中で、ニコンの項目には、「補修用性能部品保有期間」としてF4の期間も書かれていたのです。もう、生産中止となってだいぶ時間のたつF4がまだ期間が残っていたことが意外でした。

画像


 1988年9月に発表されたニコンF4は同年の12月から販売が開始され途中でF4Eというモデルも仲間に加わり、F5の登場する1996年まで生産が続けられました。そういうことから考えるともう10年はとっくにすぎていて、勝手にもう修理は不能なのだろうなと思っていました。

 ところが、一覧表の「補修用性能部品保有期間」には「F4」の名前があり、おどろいたことに保有期間は「2008年の8月」となっていたのです。これは朗報です。仲間に教えなくては!ということで、メールでお知らせするという手もあったのですが、記事にしてみなさまにもお知らせしておくことにいたしました。フイルムカメラを愛用されているかたはこの特集のために今月のアサヒカメラを買っても損はないのではないかと思いました。

 ただなんで勝手に、もう修理は終わっているのだろうなどと、のんびりしたことをいっていたのかという理由も、お知りになりたいのではないかと思います。ひとことで書くと自分のF4Sは一度も壊れたことも不調になったことも一切ないということが理由でした。なのでなんら不安なものがなく、なんとなく壊れるという不安とは無縁でいままできたことがのんびりしたことをいってられる理由だったのだと思います。

 このことを知って、まだ安心して中古のF4を買うことができるのかなと思うとなんだかすごいことなのではないかと思いました。


【関連記事】
『ニコンF4のCSモードとは?!』(2007/04/03)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200704/article_3.html
『TC-16ASという面白いテレコン!』(2006/02/08)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200602/article_8.html
『F4s 災い転じて F4 となる!』(2005/12/30)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200512/article_30.html

【資料】
ニコン
第1回 遡るニコン史 〜 Nikon F4
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/rhnc/rhnc01f4.htm
第2回 遡るニコン史 〜 Nikon F4 (その2)
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/rhnc/rhnc02f4.htm
一眼レフカメラ(1988〜):「Nikon F4」の時代
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/d-archives/camera/history5_f4.htm

ニコンの歴史
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/index.htm
ニコン物語遡るニコンカメラ史
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/rhnc/index.htm
Digital Archives Camera ニコンデジタルアーカイブズ[カメラ編]カメラの歴史
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/d-archives/camera/historyindex.htm

第16回 ニコンF4の逆襲
http://www.photovoicebb.com/column/akagi/column_akagi16.html
赤城耕一の連載コラム アカギカメラ
http://www.photovoicebb.com/column/akagi/column_akagi.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
うちのF4はEですが、旅行ではF4にもなるという分離型の長所を満喫しています(笑)。

うちのF4も不調になったことすらなく、2年前にSSにオーバーホールに出したときも調整程度で部品交換は絞り込みボタンのバネだけ済みました。

個人的にはF一桁の部品だけは修理代や部品代が切りあがって行っても切らして欲しくないのですが。
ニコンSSではSP復刻版の部品をSP現役版の修理部品に使うという対応はしないそうです。FやF2の復刻版が出ても現役機の修理が出来る可能性は低そうです。
marusuke
2007/09/27 05:35
おはようございます。
ああ、これはyamatakaさんには朗報ですね。というか私にとっても朗報です。F4Sは私にとっても記念すべきカメラなんですよ。最初はEMだった私のカメラもいつしかF-1,A-1のキヤノンシステムに移行していました。それからしばらく写真からは遠ざかっていたのですが、久しぶりにカメラ屋に寄ったら時代はAF全盛期。キヤノンがFDマウントを捨てたことは知っていたのですが、ニコンがFマウントを継続していたことをそのとき知りました。
それにいたく感激した私はFDシステムを温存したまま、新しいAFシステムはF4Sで再構築することになり、今に至るわけです。
F4はMFとAFという時代の狭間の頂点にあったカメラとも言えるでしょう。yamatakaさんが無事、手に入れる日を楽しみにしています。
fortunati
URL
2007/09/27 10:01
プラスチックボディが不評でしたが、F4、頑丈ですよね。
私は中古で買ったのですが、一度オーバーホールでマウントを調整してもらったきりです。
あちこちについた歴戦のキズまでが、いとおしい(苦笑)。
無骨さを感じさせてくれる軍艦部、もう大好きです☆

それにしてもケイさん、「目の自動スルー機能」ってスゴク便利そうな機能ですね(笑)。私もつけたいです♪
昇り龍
2007/09/27 10:35
こんにちは!
ケイさんが昨日おっしゃっていた記事はこのことだったんですね、ありがとうございます(^o^)♪

私も今月のカメラ雑誌は新製品の特集にばっかり目が行ってしまってこういう情報は完全に見落としていました(^_^;

F4がまだメーカーで修理可能ということは、今年出版された『究極のニコンカメラ』という本で知り、私も意外に思いました。このことも私がF4欲しい熱を再燃させたきっかけのひとつなんですよ(笑)

私がF4の記事を書いて驚いたのは、私のブログの常連さまの中でF4のオーナーさんが非常に多かったこと、そしてみなさんのF4に対する評価が思っていた以上に高いということです♪

多くの先輩方から背中を押していただいて(笑)、購入の意志は高まるばかりです(^-^)

早く手に入れて、後押ししてくれたみなさんに報告できればなぁと思っています♪
yamataka
2007/09/27 11:04
製造終了後20年
信頼のおける会社ですね。
きゃのらー
2007/09/27 11:33
こんにちは。
F4と聞いて思い出しました。
外装がエンプラと言う事で高級感がないとか色々言われましたが、私はこのエンプラの外装に助けられた経験が有ります。
三脚でカメラを下に向け接写をしていた時の事です、不注意からカメラごと前に倒れてしまい丁度ペンタカバーから地面に激突しました。
天板がフラットと言う事もあり、なんと割れもせずカスリ傷程度で済みました、もし他のカメラならと思っただけでぞっとします。
ただペンタプリズムに丁度ひさしのようにくっ付いている明かり窓用の小さなプリズムの端が少し欠けました。別にカメラの機能に問題は無かったのですが、ファインダーを覗く度に気になってプリズムを交換しましたよ。

SCで交換した部品を記念にしたいと言って頂いて帰りました。
今このF4のペンタプリズムは、私にとってちょっとした宝物です。
ガバチョ
2007/09/27 12:26
偶然かもしれませんが、最近またフィルムのカメラが欲しいと思って、中古のボディをいろいろと見ています。
新宿のMap Cameraとか、ネットのショップなど。
そうなるとやはNIKONかCONTAXかな。
おっと、その前に貯金しておかなければいけないのでしたっけ。
Toshi
URL
2007/09/27 12:56
marusukeさんこんにちは!
自分のF4Sもあとでグリップを買ったので、
F4に変身します!(笑)小型軽量になって
いいですよね!
marusukeさんのF4も調子がいいようでなにより
ですね!
SPのおはなしは初めて聞きました!
補修部品の保有はメーカーとしても大変なこと
だと思います。いつまで保有するのかも決まって
いるようですけどF4の場合は長いほうですよね!
ユーザーは長く部品を保有してもらいたいとは
思うでしょうけど、実際には難しいのでしょうね。
フイルムカメラは、完全マニュアルのものが生き
長がらえそうですね!また、FやF2人気が再燃
したりして!
blog管理
2007/09/27 20:21
fortunatiさんこんにちは!
fortunatiさんにも朗報!それはよかったです!
そしてF4Sは記念となるカメラだったのですね!
ニコンに復帰するきっかけを作ってくれたカメラ
というわけですね!そして、それは今D300の
購入にまでいたるわけですね〜!
F4のいいところはレンズが幅広く使えるという
ところですよね!AF-Sは滑らかにAFが使えて
動かすたびにうれしくなります!
blog管理
2007/09/27 20:35
昇り龍さんこんにちは!
当時F一桁機がプラボディで登場したということで
賛否の嵐でしたよね〜!どちらかというと否のほう
が多かったような。。。
でもその後丈夫というはなしが広まって収束した
感じですね。シャッターダイアルのクリック感が
好きです!
目の機能は、疲れてくると最近は細かな文字を
みたくなくなるという、無意識の機能なのだと
思います。(苦笑)便利ですか?!(笑)
blog管理
2007/09/27 20:44
yamatakaさんこんにちは!
なるほど!もう知っていて、修理も可能という
ことで、F4大研究が始まったのですか!
yamatakaさんの記事でほんとに多くのかたが愛用
されていることがわかりましたね!D3の発表に
も負けないぐらい記事にコメントが入っていて
びっくりしました!
補修部品の期間内にF4を購入してどんどん使い
なにかあれば、完璧にしておきたいですね!
blog管理
2007/09/27 20:51
きゃのらーさんこんにちは!
計算すると、製造開始後20年?!
生産終了後でも12年修理可能ということで
面倒見は確かにいいですね!こんなところにも、
やっぱり、いいわ!ニコン!なんていいたくなる
のですね〜!(笑)
blog管理
2007/09/27 20:57
ガバチョさんこんにちは!
読むのも恐い、恐怖体験ですね!(笑)
プラのペンタ部は衝撃を吸収しやすいとなにかで
読んだ記憶があります。
F4のプリズム!それは宝物ですね!
blog管理
2007/09/27 21:03
Toshiさんこんにちは!
最近またフイルムカメラが欲しいということは、
以前お持ちだった一眼レフはもう手放してしまった
ということですか。
ニコンかコンタックスですか。種類も多いので、
選ぶ楽しみがありますね!F4はかなり価格も
こなれているようですね!ねらいはどのあたり
なのでしょう!入手後のToshiさんのブログの
記事がいまから楽しみです!
blog管理
2007/09/27 21:10
F4は出た当初の状況をまったく知らないのですが、プラボディはそれほど批判されたのですか。中にダイキャストボディがあるのでも表面がプラなのはみんな嫌だったんでしょうかね。F2からF3に移行したときは電子シャッターがずいぶん叩かれていたのを思い出します。
fortunati
URL
2007/09/27 21:47
ケイさんこんばんは!F4ですか!私もフィルムカメラは、F4sとニコマートFT3(中学生の時に始めて買ってもらったカメラ)を所有しています。F4シリーズは、現役時代は、AFが遅い、プラボディーだ!とか、評判は悪かったですが、現在では、マニュアルで使用するには、最高のカメラと(AFカメラなのに^^;)言われていますね!F4のファインダーは今でも最高にいいですね!あとささやくシャッターの超低速巻き上げも、舞台撮影で、音で邪魔しないようにと、手巻き時代からの変わり目でのつなぎの役目をしていました。
今でも、F4のシャッター音は、気持ちいいですね!一生付き合えるカメラです。
せいちゃんです
2007/09/27 22:14
fortunatiさんどうも!
F4Sの入手はでてすぐにではなかったのですね!
ボディの材質にはけっこう文句がでたように
記憶しています!今ではなつかしいはなしですね!
新品のF4では一応つや消しなのですが使っている
うちに、やっぱりてかりがでてきてしまうんです
よね〜。自分の経験ではF801がひどかったです。
それにくらべるとF4はまだそれほどでもない
ような感じもしますが、かなり光ったものもたまに
中古ではみかかます。そんなこともあってかF5
ではまた金属ボディの採用に戻ってますよね!
やはりF一桁といえどもプロばかり相手にできない
のでカメラとしての趣味性の部分も大切にしないと
だめだと、メーカー各社も考えを改めたのでは!
F3の電子シャッターとAEの採用もいろいろ
ありましたね!
それにくらべると、D3は隙がないですね〜!(笑)
blog管理
2007/09/27 22:50
せいちゃんですさんこんにちは!
自分もF4のAFって実際の撮影では使わなかった
ですね!AFレンズでピントを合わせる時の甲高い
おとがきになって!そのころのAFレンズのピント
リングのすかすかな感じも嫌で増やさなかったので
そもそもAFレンズはずっと1本だけでした。
ところがAF-Sレンズを付けると別のカメラの
ようになりますよね!やっとF4がAFカメラと
して使えるようになった感じがします!(笑)
低音巻上げは、もうこればかりという感じで好きで
使っていました!他のカメラにないF4の大きな
魅力のひとつですからね!
F4はこれからも、長く使えそうですね!
blog管理
2007/09/27 23:03
ケイさんはじめまして!
私にとって初めてのニコンカメラがF4です。ちょうど新しいカメラが欲しかった頃でF801の他、α7700、EOS620なども考えていた時に偶然発表になりました。当時の自分の月給よりも高価でしたが憧れのF1桁最新機ということもあり、自分の腕も省みず清水の舞台から飛び降りた気持で買ってしまいました。ところが失敗なく撮れるのは良かったのですが、巻き上げ、フォーカシングと全てが自動で撮影できてしまいあまり楽しくなかったのです。
しばらくして、その昔憧れのカメラ F2を中古で買ったのですがF4と同時に買ったAFレンズではフォーカシングの感触が最悪で、それ以来F2での使用も考慮しレンズはMFばかり購入しています。私のF4は露出関係などで何度か不調になりましたが愛着もあり修理しながら今でも愛用しています。
他にもカメラは持っていますが、F2は(失敗しても良いので)純粋に撮影を楽しみたい時、F4は撮影を楽しむことに加えて結果を求める時にそれぞれリバーサル専用機として使い分けています。
カズ
2007/09/28 02:40
カズさんはじめまして!
初めて買ったF一桁のF4が最初は自動で楽しく
なかったというのも、今となっては、笑い話に
なっているのでしょうか!
F2とともに愛機になってよかったですね!
F4はマニュアルのAiレンズも使いやすいので
F2と併用してもレンズで困らないですね!
そのF4に機会があれば一度AF-SのSWM搭載
レンズを付けてAFを試してみてください!
F4の新しい魅力発見となることと思います!
また、気軽にコメントしてください!ケイ!
blog管理
2007/09/28 20:23
F4sには思い出いっぱいです。
本業と違う路線の野鳥を撮り始めた時にF4s。そのままドップリはまった野鳥写真イコール2台のF4s。厳冬2月の根室海峡で流氷混じりの海水を共に浴びたのもF4s。裏ブタ開けてフィルム交換しようと指を伸ばしたら、三脚のパン棒絞め忘れていて右手の人指しゆびがそのままズッポリ! まるでスローモーション映像見ているようなアワワオヨヨのシャッター幕大破損。人指しゆびに今も残る、いまもって甦るアノ時のビミョウな感触。

F4sこそ我が人生を狂わせた官能の名器... じゃなくって、名機なのですョ。。
純米吟醸
2007/09/28 21:51
純米吟醸さんこんにちは!
味わい深いおはなしの数々ありがとうございます!
F4Sで野鳥を追いかけているお姿が目に浮かぶ
ようです!シャッターの破損はさぞびっくりされた
ことと思います!
F4Sこそ、わが人生の名機!素晴らしいですね!
そこまでいえるように一つのモデルを極めたいと
思います!
blog管理
2007/09/28 22:12
車にしてもカメラにしても、その世界で名人といわれる方の跡を継ぐ人も、注目度が高いほど跡継ぎは批判を浴びると思います。

そういう声を良い意味でねじふせられるかどうかがキモかと。

なんだかんだで銀塩ではF4を使うことが一番多いです。
現役時代はとかくプラボディはネ、とかF一桁偶数はネなどなど言われていましたし、DレンズやVRレンズ、Gレンズなどでの機能制限に過渡期的な印象を受けますが、なんだかんだでF5はEOS-1を、F6はF4を横目ににらんで作ったようにも思います。

marusuke
2007/09/29 00:08
F4を持っているわけではないのですが、
先日F4ベースのデジタルカメラである
DS-505Aを入手しました。
さすがに古いので作品を撮るような用途には
使えませんが、
縮小光学系のおかげでレンズの撮影倍率が
「等倍(決してフルサイズではない)」
だったり、F4がベースなだけあって、
明るく見やすいファインダーや見たらわかる
操作系など面白いカメラです。
でもこちらのほうは、故障しても多分修理は
できないでしょうね。
古いカメラ好き
2007/09/29 01:15
おお、F4だぁ!と喜んでしまいました。
やはりF4は格好良いですねぇ。
うちのはF4とF4Sです。もう3年くらい使っていないですが、デジタルに移行する前はメインで使っていました。
カメラのデザインが各社、どんどん似てくるなか今もってみても素晴らしいデザインです。

たしかに、F4は一度も壊れたことがなかったです。同時使用していたF5はフィルムが送られていなかったりするトラブルがあって、ひやひやしながら使った覚えがありますが、F4はフィルム給送の音で調子がわかるので、安心して使えました。(電池がなくなると、つらそうな音になるのが忍びないですが...。)
たまには連れ出すかな。
いつもの
2007/09/29 03:21
marusukeさんこんにちは!
角界の継承者にたとえるとはおもしろいですね!
今回のニコンのD一桁は、継承者として完璧で
批判の、ひ、もでそうにありませんね!(笑)
自分もフイルム一眼としてはF2とF4を残す
形になりましたけど、フイルムを使うときは
当たり前のようにF4ですね!AS-Fのレンズを
つけたときの快適さは、時代をへてこれが本来の
F4の姿なのではと思うほどです!
過渡期にできたことで多くのレンズがほぼ使えて
今でも価値ある存在感を放っているのでしょうね!
blog管理
2007/09/29 16:59
古いカメラ好きさんはじめまして!
めずらしいカメラをご購入されましたね!
いまいちぴんとこなくてグッグてしまいました!
なるほど〜でした!(笑)
これはF4ベースだったのですか。それは知り
ませんでした。縮小光学系の採用などは知識と
しては知っていましたが、凝ったカメラだった
のですね!壊れないことをお祈りしております!
また、気軽にコメントしてください!ケイ!
blog管理
2007/09/29 17:06
いつものさんこんにちは!
いまにしてみていると、F4の無骨さもかっこいい
ものにみえてきますね!やはりメインでお使いでし
たか!
最近のカメラのデザインももちろん好きですが、
この時代のF4も古さを感じさせないと思います!
F4はじょうぶというイメージが自分の中には
あって、とにかくトラブルとは無縁でいままで
きています!
そうですね!電池の容量で巻き上げ音が変わるので
状況がわかりやすいですね!
ぜひぜひ、これから始まる秋の撮影シーズンには
F4もたまには連れ出して、シャッターを切って
あげてください!使うことも長生きの秘訣ですから!
blog管理
2007/09/29 17:13
ニコンF4の補修用性能部品保有期間!中古カメラの楽しみ! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる