きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのちょっとしたこぼれ話 10 LBCASTがフルサイズ?

<<   作成日時 : 2007/08/08 02:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 28

 昨日、読者のかたよりいただいた情報は、おどろくような内容で、D200後継モデルとフルサイズ機に関するおはなしは大変興味深いものがありました。ここでは、ご提供いただいたその内容に基づいて、あれこれ想像をめぐらせて、遊んでみたいと思います。こんなはなしもあるのかといった、娯楽としてお読みいただければ幸いです。

 始めに、読者のかたよりご提供いただいた、ニコンの新モデルに関する情報を、箇条書きに直して並べてみます。


 発表日はかなり近い日付。

 発表されるカメラは2機種。

 1台は、D200後継機。

 この、D200後継機は、ニコン得意の下克上をする。その相手は、D2Xs。
 この、D200後継機は、多くの部分で、D2Xsと同等もしくは、それ以上の性能を持つ。

 もう1台は、D2Hs後継機。

 D2Hs後継機は、X1.1 や X1.3 や DX ではなく、皆さん希望のサイズ。
 その撮像素子はソニー、富士フイルムなどではない。
 画素数は、1870万画素や、2400万画素ではない。


 以上が、提供のあった内容で、それを箇条書きにして整理し書きだしてみたものです。

 この情報をもとに、これからあれこれ想像をめぐらせてみたいと思います。以下はあくまでも、いただいた情報をもとにした想像ですので情報が正確ではなかった場合すべて砂上の楼閣といったおはなしとなってしまいますので、そのあたりをよくご了承いただいたうえで、お読みいただければと思います。

 D200後継モデルは、D2Xsを相手に下克上するということで、相当なポテンシャルのデジタル一眼レフに生まれまわるものと思われます。その相手となる、D2Xsの機能に関する特徴をニコンのホームページからひろってみると、

 有効画素数12.4メガピクセル、ニコンDXフォーマットのCMOSセンサー。
 12.4メガピクセルで、5コマ/秒の高速連写機能。
 より被写体を捉えやすいファインダーになった、8コマ/秒のクロップ高速機能。
 精度と耐久性を鍛え上げた、信頼の高速シャッターユニット。15万回。
 撮影画面を幅広くカバーする、高精度な11点測距AFシステム。
 高速・高精度な画像処理システム。
 位置情報を記録する、GPSシステムに対応。

 D2Xsの主な仕様
 http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d2xs/spec.htm

 ニコンで下克上というと過去の例から、まず思い浮かぶのは画像に関する部分だと思います。画素数が、D2Xsの1240万画素のCMOSから、うわさされるソニーの新開発素子の1280万画素となって画素数で上位をいくのか。また新開発の画像処理エンジンの搭載で画質面でも数段以上の、上をいく高画質の映像クオリティとなるのか。

 現実的には後でのべる、D2Hsの後継モデルがかなりの高画質となって登場しそうなことから、このD200後継をプロの現場でサブカメラとして使った場合でも、高ISO感度域で同等の高画質となっているのではないかと想像します。またカメラのメカ部分の下克上に関しては、実際にでてみないとわからないのでここでは推測はやめておきます。それにしても多くの部分で同等もしくはそれ以上の性能とは、D200後継モデルはいったいどのようなモデルにまとめられての登場となるのでしょうか。

 そして今日の本題。今回新たに大注目のポイントとして急浮上したのが、D2Hsの後継モデルが発表されるという情報でした。これに関しては別の読者のかたより、「フルサイズ版よりもハイスピード版の方が早く出てくるかもしれないと言われました」という情報を昨日いただき、このかたの情報源からもハイスピード版が登場とのはなしとなっていることから、このことを今日あたり書こうかなと思っているところでした。

 このはなしを聞いた時点では、まだD2Hsの後継モデルはAPS-Cサイズの撮像素子を搭載してくるものとばかり思っていたので、今回の素子サイズの記述にはびっくりしました。その提供された情報では、「D2Hs後継機は、X1.1 や X1.3 や DX ではなく、皆さん希望のサイズ」とあり、みなさんの希望しているサイズがなにかについては書かれていませんでしたが、まさかフォーサーズということもありえるわけもなく、まして変なうわさにあった1.25倍なんてだれも希望してもいないわけで、もうひとつしかありません。ずばり、フルサイズ。

 D2Hs後継モデルが、フルサイズ機となって登場する。このようなことをだれが想像したでしょう。自分は夢にも思いませんでした。そして、もうひとつ撮像素子のメーカーの記述です。「ソニーでも富士フイルムでもない」ということで、ではどこのメーカーの素子を採用したのかということになります。

 シグマ採用のフォビオンということも考えられないし、パナソニックのLiveMOSということもありえないということで、もう、まわりくどいことを書くなと、怒られそうなので、これもずばり、ニコン製、JFETイメージセンサーの、LBCASTを搭載して登場すると、予想してみました。

 さてこれはあたるのかはずれるのでしょうか。D2Hsの後継ということから、ニコンではLBCASTをもう採用しないわけではないとしていたことから、さらに進化させて、新画像処理エンジンと組み合わせて本来もっている能力に磨きをかけて搭載してくるのではないかと思います。

 そして、ニコンのホームページにある「LBCAST」の技術紹介に書かれている、『原理的には、任意の指定した部分(電気信号)だけを取り出すことも可能です。』という、LBCASTでも、クロップができるということを示唆した記述の通り、クロップモードを搭載して、クロップ時のハイスピード化をおこなって、先日90周年で新聞の一面広告に掲載した、「ニコンの技術」をアピールするのではないかと思いました。

 つまりここまでのはなしをまとめると、ニコン初のフルサイズ機は、まず高速タイプの報道・スポーツ向けD2Hs後継モデルが登場する。撮像素子は、ニコン製JFET素子のLBCAST。画素数は1000万画素クラス。連続撮影コマ数は、十数コマ/秒(D2Hsで連続撮影8コマ/秒)クロップモード搭載と、勝手な想像をしてみました。これは、あくまでも個人的な想像ですので、信じたりしないようにお願いします。

 このD2Hs後継モデルの名称はフルサイズ機となると想像しにくい部分があります。単純にD3Hとなるのでしょうか。そして問題は価格です。ライバルの報道・スポーツ向けに特化した高速モデルは価格が約50万円ですので、このニコン初のフルサイズ機も約50万円ぐらいで販売するのではないかと想像してみました。

 ニコンではこのモデルを比較的安く(といっても高価ですが)供給することで、ライバルの中級フルサイズ機の領域も取り込もうという作戦なのではないかと思ったからです。(下記にいただいたコメントによると、60万円ぐらいとの情報もあるようです!実勢価格で50万円ぐらいになればと希望しておきます)

 ニコンのD2Hシリーズは、比較的値段のこなれるのが早めで、割安なフラッグシップモデルとして愛用者も多かったことから、この後継モデルで幅広いフルサイズ需要を取り込んでいきたいとの思惑があるように感じられました。そうすることでD200後継モデルとの住み分けも問題なくできて販売戦略上もライン構成がうまく構築できてくると思います。

 1000万画素クラスでも後から登場するモデルなので、D2Xシリーズなみの高画質も期待され、さらにフルサイズで1000万画素クラスということになれば、1画素当たりのサイズに余裕も生まれることから、高ISO感度域での画質もライバルに引けをとらないであろうことは、D40ですでにその片鱗を証明済みといえるのかもしれません。

 そして最後にひかえしは、高画素タイプのフルサイズ機ということになってきそうです。こうなると結果からして、ニコンでは大方の予想や想像を大きく裏切って、フルサイズ機を2モデルだしてくるということになりそうです。D2HsとD2Xsのそれぞれの後継モデルがそろってフルサイズ機となるということは全く想像もしていませんでした。

 こうなってくると先ほども書きましたが、ネーミングの問題はどうなるのかがきになります。D3HとD3Xでも不思議ではなくなってきそうな感じがします。そして、高画素のフルサイズ機はうわさのような2400万画素で70万円ぐらいになって登場することになるのでしょうか。

 さて、発表も「かなり近い」とありましたように、うわさされる、8月24日あたりが濃厚な感じになってきたようです。ほんとうにあと少しになってきた感じですが、ここに書いてきたことはあくまでも、提供情報に基づいた想像の産物ですので、こんなはなしもあるのかといった程度にお受け取りいただけると幸いです。

【関連記事】
『ニコンの特許情報が急浮上!なぜ今新技術情報が?』(2007/08/10)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200708/article_11.html


【訂正】
読者の方より、ニコンの技術紹介のページの更新部分に関して情報をいただきました。
当初技術ページの更新部分がどの箇所か不明だったため推測して書いてしまいましたがそれは間違いでしたので、本文の当該部分を一部訂正させていただきました。

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでもうわさの域をでないはなしです。今までにでてきたうわさと各種情報などを総合して書いたもので、ここに書かれた内容はあくまでも未確認のおはなしです。実際に、これから発表されるのかどうかに関しては全く不明です。
 うわさとして書かれたものの内容の判断につきましては、読まれた方ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に、お受け取りください。
 うわさにある登場時期については、なんら根拠のあるものではありませんので、購入などのご参考にはなさらないでください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます。D2Hsの後継がフルサイズで出るとは考えにくいと思います。もしフルサイズであるなら、XとHの系統を統合したものになるのではと考えます。いわゆる通常は高画質フルサイズモードで、連射モードになるとAPS-Cモードにチェンジするとか・・・。もしそれが実現すれば正真正銘のニコンのフルサイズ正統派プロ機になると思います。ただし、これも24日頃の発表を見てみないと解らないと思います。
ハードロック大ファン
2007/08/08 05:47
おはようございます。
私もソニーでもフジでないとくれば、以前、ケイさんも
紹介していたLBCASTが来るんじゃないかと思っていました。
基本フルサイズで高速化はクロップモードで実現とかいう話もありそうに思いますが、まあその辺の予想は詳しい方にお任せします。
でもあれですね。D200後継が画素数アップだけのマイナーチェンジなら来年でいいや、と思っていたのですが、どうもそれまで待てそうにないです(笑)
思えばF4もF5もF100も私は初期ロットでしたし(爆)
さいわいどれも不具合など皆無で今も健在です。
でもやはりまだ確定ではないですからね。気を引き締めねば・・・、といいつつニヤけている自分がいたりして・・・(笑)
ではまた。
fortunati
URL
2007/08/08 09:36
私もD2Hsがフルサイズになるかもしれないという話を聞いてまず思ったのが、どんな名称になって出てくるんだろうということでした。
私が勝手に(希望を込めて)想像していたのは、D200後継機がD300、D2XsとD2Hsが統合されてDXフォーマットの最上級モデルとしてD3X、そして待望のフルサイズセンサー搭載モデルがニコンのフラッグシップという位置づけでF7というモデル名で出てくるんじゃないかなあということでした。
なのでD2Hs後継がフルサイズになるかもしれないという時点で、ケイさんも書いていらっしゃるとおり、D3HとD3Xで出てきそうな気もしてきました。
とまあ、つい浮き足立っていろいろ想像をめぐらしてしまいましたが(笑)、あと2週間ちょっとですべてが明らかになるでしょうから、それまではこうやって楽しくみなさんとワイワイガヤガヤと楽しめたら、と思います♪

当初予想していたものよりはいいものが出てきそうなのはほぼ間違いなさそうですしね(^o^)!
yamataka
2007/08/08 10:16
ケイさんこんにちは。
今回D2Hs後継機がフルサイズであると言う噂を聞いて思ったのですが、
D2Xs後継機が仮にフルサイズだとした場合、D2HsをAPS-Cで作るのは
光学系含めてボディー共通化と言う点では逆に難しいのかなと思いました。
同じフルサイズであるなら、ファインダー等の光学系もミラーもシャッターも
AFユニットもゴミ取り機構も?全て同じ部品構成で共通化出来るので案外
コスト的にメリットがあるのかもしれません。どうでしょうか?
YouPhoto
2007/08/08 11:19
すみません。訂正です。
× D2HsをAPS-Cで作るのは
○ D2Hs後継機をAPS-Cで作るのは
YouPhoto
2007/08/08 11:21
ケイさん、こんにちは。
某新聞社写真部の人がある掲示板に「ニコンのサービスマンから先日はっきりとフルサイズを販売すると聞きました」と言う書込みがありました。
これはD2Hs後継機がフルサイズであると言う真実性がかなり高くなったのではないかと思っています。
また、「新たなレンズも販売するとのことで使えるボディと使えないボディができてしまう」と言う書込みもあり
フルサイズに合わせて新レンズが用意されている様です。
しかし、使えないボディーが出るとは何でしょうねぇ?気になります。
ちなみに「価格は60万円くらい」らしいです。フルサイズのフラッグシップにしては安いかもしれません。
でも、この値段は定価ですかね?だとしたら売りには48万円位でしょうか?
何れにしても、フルサイズが手に届きやすい価格になるのは大歓迎です!
これが本当だとしたら凄いことです!!もうお祭り状態でしょう(笑)
YouPhoto
2007/08/08 11:47
D2Xsを相手に下克上‥‥D100の時が思い出されますねぇ。
そして「ついに」フルサイズフラッグシップ‥‥。
いまの私の気持ち、D1が出た時の興奮にすごく近いのですが(笑)。何度も店頭のデモ機にさわって物欲と戦う日がまたも来そうですね !
昇り龍
2007/08/08 12:31
はじめまして。ここ数ヶ月ROMっておりました。発表前にいろいろ考えるのは楽しいですね。
4月にLBCASTのページが更新された部分は「そのため、撮影レンズとの光学的マッチングが良くなり、またカラーフィルタやマイクロレンズをニッコールレンズに最適化することで、高画質が得られます。」という文章が削除されたことです。どういう意味を持つのかは分かりませんが。
http://web.archive.org/web/
20051109184942/http://www.nikon.co.jp/
main/jpn/profile/about/technology/
nikon_technology/lbcast/index.htm
tol
2007/08/08 14:45
ハードロック大ファンさんこんにちは!
にわかには信じられない思い、理解できます!
キヤノンは1Dと1Dsという2系統に分ける
ことで、それぞれに合った高性能を実現することが
できているとおもいます。今回の1DMK3は
1Ds系に統合した場合はあの高速性能は実現で
きなかったでしょう。ニコンの場合も同様だと
思います。なのでこのD2Hsがフルサイズでも
高画素モデルと統合しないほうが、最適な高性能
を実現できるというニコンの判断なのだと思います。
まあ、いただいた情報が確かかという確認のできな
いこともあって、発表を待ってみましょうとしか
いえませんけど!(笑)
blog管理
2007/08/08 23:50
fortunatiさんこんにちは!
ニコンは再度オリジナル素子を搭載して勝負に
でると賭けてみました!はずれたらどうしましょう!
(笑)
フルサイズでも6コマとかクリアしていてクロップ
でその倍とか!そんな想像をしています!
fortunatiさんのきになるD200後継はSでもX
でもなくかなり進化したものとなりそうですね!
想像がむずかしいです!(苦笑)
来年でもとはいかなくなりそうで、年内に入手して
楽しんでいそうな感じですね!
fortunatiさんまで浮き足立ってはここを冷やして
くれるかたがいなくなります!にやにや程度に
抑えていてくださいね!(笑)
blog管理
2007/08/09 00:05
yamatakaさんこんにちは!
名称に関しては、ニコンが極秘にしているという
はなしもありましたけど、それが漏れるとライン
アップも想像されてしまうという恐れもあるので
しょうね!今まではD2Hsの後継がでるとしても
APS-Cだとばかり思っていたのでD2のボディを
流用して、フルサイズがF6の流用だと想像して
いたのですが、両方フルサイズだと新規にボディ
を起こしても共用できることになりますからね!
そうなると名称も単純に数字が増えるだけでも
不思議はないのですが、ニコンは意外な命名を
することもあるのでなんともいえないという感じも
あったりします。FM3AがでたときFE3Mと
しなかったのが意外でした!あのカメラの内容を
みると表示などFE系そのものでしたからね!
情報の真偽は別にして、あれこれみなさんと
おはなしできるのがやはり楽しいですね!
でるまでのファンの特権ということで!(苦笑)
blog管理
2007/08/09 00:18
YouPhotoさんこんにちは!
おっしゃるとおりで、D2Hs後継がフルサイズ
なら、新しくボディを起こしても高画素タイプの
フルサイズと共用できて合理的ですよね!
某新聞社の写真部のかたというところが真実味が
ある感じですね!新しいレンズがでるのはもう
当然としても、使えるボディと使えないものと
いうのがどういう意味か知りたいですね〜。
価格は60万円ですか!書き直しておきましょうか!
希望小売価格というやつですかね!なら実勢は
やはり50万円ぐらい?(笑)
ライバルとそう開きのない価格でだすと想像する
のですが、こなれれば手に届きそうなフルサイズ
になるかもしれませんね!自分は1000万画素
クラスでもういいので!(笑)それがフルサイズ
ならある意味理想かなと思います!
blog管理
2007/08/09 00:29
昇り龍さんこんにちは!
D200の下克上の内容がきになります!(笑)
自分の場合D1がでたときはまだまだ自分には
関係のない世界のはなしだと思っていました!
(苦笑)D1Xのときもでてすぐはあんまり自分と
の関係にピンときませんでしたがデモ機をさわって
やられました!(笑)すぐには入手も困難になり
そうな感じもしますので、落ち着いてからと自分に
いい聞かせようかなと。。。
昇り龍さんはやばそうですね!(笑)
blog管理
2007/08/09 00:36
tolさんはじめまして!
いつもお読みいただいて、ありがとうございます!
ほんとに、みなさんとあれこれ想像したり考えたり
して、おはなしするのは楽しいですね!
更新ページの件ありがとうございました!
どこかにキャッシュでもないかなとおもったのです
けど、わからなくて。すみません。
当該部分を早速訂正して、文章を手直ししました!
ありがとうございます!
まだまだこれからいろいろな情報がでると思います
ので、また気軽にコメントしてください!ケイ!
blog管理
2007/08/09 00:43
ケイさん!
おはようございます。
D200の後継ですが、メモリは
SDまたはCFの何れでしょうね。
プロ用新型はたぶんCFのままと思いますが、D80までSDに移行しておりますから流れとしてはSDでしょうか。
8月の "X" DAYももうスグですね。
ふぇるめーる
2007/08/09 10:23
ふぇるめーるさんこんにちは!
おひさしぶりです!D200後継楽しみですね!
個人的な想像になりますが、D200後継はCF
のままだと思います。プロのサブ機としての使用
を考えると、CFのままのように思います!
D2Hs後継モデルはCFとSDのダブルスロット
になるかもしれませんね!もしかするとD200
後継もダブルスロットを採用するかなとも思います
けど、あとはコストとの兼ね合いでしょうね!
発表もあと少しになってきたようですね!
blog管理
2007/08/09 15:05
また某掲示板の書込み情報ですが、N社営業の方から聞いた話として「大阪国際陸上の直前に発表」と言っていたらしいです。
ってことはやはり8月24日なんですかね?後2週間と1日です。うぅ〜っ待ち遠しい(笑)
YouPhoto
2007/08/09 15:35
YouPhotoさんこんにちは!
いろいろと情報をありがとうございます!
「直前」ということになると、言葉の意味を素直に
考えれば、うわさされる24日が直前という意味に
なりそうですね!(笑)
営業のかたも、やっと期待に応える新製品がでて
うれしくてしょうがないという感じでいっちゃった
のかもしれませんね!(苦笑)浮き足立ってしまう
ような情報を、ありがとうございました!
blog管理
2007/08/09 16:21
いままでは初期ロットの不具合が不安で1年くらい経ってから購入していたのですが、今回はメチャクチャ超初期ロット購入予定でワクワク堪りませぬ〜♪
今朝見たのですが、以前ケイさんが仰っていた「ひとりよがり」を四字熟語で書く方のページにチラリ、ほんのチラリですが面白い書き込みがありますよ♪
純米吟醸
2007/08/10 08:14
8月6日の記事だから、もうご覧になってますね、きっと。すみません。。
純米吟醸
2007/08/10 08:18
ケイさん、純米吟醸さんこんにちは。私もこの記事見ました!ニコンの次機種に関する技術的な内容ですよね。
ジグザグスキャンでまつげノイズ対策とデジ一眼初の動画対応と言うことで本当か嘘か解りませんが、なかなか面白い話題でした。それよりも私は、ニコンの新しい撮像素子の特許に注目しています。(LINKを貼っておきました)この技術を使えば、ローパスフィルターを極力薄くしたり省略出来るかもしれません。まさか今度のLBCASTで採用なんて事は無いですよね?(笑)
YouPhoto
URL
2007/08/10 10:13
ケイさん、こんには。
色々想像を巡らしていますが、先ほどの特許の件で続き話を・・・。今回ニコンはフルサイズ機を開発していますが、フルサイズ化にはFマウントでは色々と制約があり難しいと言うことを以前から言われてきました。その一つがミラーと撮像面の距離です。Fマウントではフランジバックが長く一見フルサイズ化には有利に思えそうですが、実はレンズ設計の自由度を増すためにレンズの後玉をかなり後ろまでとれる設計になっています。(バックフォーカスを短くとっている)その為、ミラーが後玉に当らない様にかなり後ろより(撮像素子面より)にあり、当然、ミラーと撮像素子の間にはシャッターが存在しますので、ローパスフィルターのスペースを確保しなければならないとするとかなりスペース的にきついそうです。確かにコダックのフルサイズはローパスフィルターが存在していなかったので、案外簡単に実現出来たのではないか?と想像しています。最近のDXサイズではミラーを小型化出来るので、スペースを広くとることが可能となりローパスフィルターを撮像面から離すことが可能になります。そうすることによりゴミを写りにくくしています。
YouPhoto
2007/08/10 11:23
ニコンがなかなかダストリダクション機構を実装出来ないのは、このスペースの制約があるからではないかと思っています。そこで注目されるのがこの特許です。この新しい撮像素子を使えば、ローパスフィルターを省略することが可能ではないかなと思います。又、ローパスが無いことでかなりリアリティー(解像感)のある映像をとらえることが出来る様になります。この特許方式は単層ポリシリコン 2層メタルと層が少ないLBCASTだからこそ実現しやすのかもしれません。今後いったいどんな製品が出てくるのでしょうか?なんか更にワクワクしてきました(笑)
YouPhoto
2007/08/10 11:23
ちなみに、もしローパスフィルターが無くなった場合は、ダストリダクションはどうやって実現するのでしょうかね?ローパスが無いので当然振動させる事ができないですよね。自分で言っていることの矛盾に気が付きました(笑)で、雑誌カメラマンに記載されていた湿式のゴミ取り機能が着くのでしょうか?ってどうやって実現するのか疑問ですが・・・
YouPhoto
2007/08/10 11:33
純米吟醸さんこんにちは!
みてますよ〜!(笑)お知らせいただき、
ありがとうございます!
ジグザグの件と動画の件ほんとうなのかな〜!
という感じですね!(笑)
さらに下の、YouPhotoさんよりご提供いただいた
特許の件も凄いはなしのようですよ!
それらと、いままでうわさにでたような内容などが
てんこ盛りになったら、どんなカメラになるので
しょうね!
「これからも私たちは技術を磨き続けます。
未来と変革の先駆けであり続けるために。
期待を超えて、期待に応える。」と書いていた通り
期待を超えるようなDSLRがでてきそうで、
わくわくがますばかりです!(苦笑)
blog管理
2007/08/10 15:38
YouPhotoさんこんにちは!
例のブログのジグザグと動画のはなしはおもしろい
ですね!大変興味深い情報をありがとうございます!
この特許の件はまたまた意味深な感じですね!
自分もゴミ取りがEシリーズで話題になった最初の
ころは単純にニコンも面子を捨ててオリンパスから
特許を買ってゴミ取りを搭載すれば、などと考えて
いましたが、構造的にフイルム時代からのボディの
流用ではそのようなことが無理と知り、いろいろと
解決すべき問題があるんだな〜と思っていました。
今回の特許の件とLBCASTが組み合わさると
どうなるのか!?興味のあるところですね〜!
シャッター構造の見直しで薄いシャッターユニット
を開発して部材を入れられる余裕を作るなどという
はなしもあって、今度でるフルサイズは今までの
延長では想像のできないDSLRとなりそうな予感
もしています!そしてみなさんの熱望するゴミ取り
も搭載されるのか!いろいろと興味がつきませんね!
純米吟醸さんのお返事にも書きましたが、わくわく
がますばかりです!
blog管理
2007/08/10 15:51
ケイさん、こんには。
またまた新たなニコンの特許に関する話をしたいと思います。某掲示板でも話題になってましたが、新しいLBCAST多段素子(二層LBCAST)についての話です。まず、「@上段素子を色信号(C)、下段素子を輝度信号(Y)用に分けて受光する方法」とあります。これはコダックの特許に似ている部分もありますが、二層構造と言うところが違います。次に「A上段素子と下段素子の2つを同時に使い受光する方法。」とあり、上段素子は従来の一層素子比80%の受光性能を持つそうです。さらに上段素子を通過した光は従来の一層素子比60%の受光性能を持つており、下段素子が受光します。つまり、上段素子80%+下段素子60%=140%の受光性能を持つことになり、センサーを大型化した時と同様の高感度・低ノイズ特性を得られるそうです。先日の高感度対応版の新しいカメラが今後でるであろうと言う話とつながって行くのではないでしょうか。
YouPhoto
2007/08/10 16:19
YouPhotoさんどうも!
またまた情報を、どうもありがとうございます!
すごい技術ですね!今までの撮像素子とは構造から
して、違ってきていますね!もう単純なベイヤー
配列のセンサーの時代じゃなくなりますね!
そして、フォビオンとも違う方式でセンサーの考え
かたがあることや、富士フイルムとも違う方式で
ダイナミックレンジを確保するなど、すごいとしか
いいようのない技術です。それらがD2Hs後継に
搭載され、なおかつフルサイズで、ISO6400
常用でダイナミックレンジも驚異的に広くて、
となると、やっぱりいいわニコン!どころじゃない
ですよ!!!(笑)でもなんか実現していそうな
ところが、またすごいですね!わくわくを超えて
ぞくぞくしてくるような感じです!(笑)
先日のいまは言えないといっていたカメラマンの
かたの「画素数はそこそこにとどめて(中略)
露出の概念を超越するとかあれやこれや〜」
というはなしとつながってくるのはきのせいで
しょうか!?(笑)
blog管理
2007/08/10 16:51
ニコンのちょっとしたこぼれ話 10 LBCASTがフルサイズ? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる