きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンの特許情報が急浮上!なぜ今新技術情報が?

<<   作成日時 : 2007/08/10 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

 ニコンのフルサイズ機に関して、突如特許情報がそじょうにあがり海外や国内でもその技術をめぐって、すごい話題になっています。そのニコンの特許を理解するのはなかなか専門的な知識が必要になってきますが、ネットに流れる情報や読者のかたにいただいたおはなしなどを総合するとかなり興味深いもののようです。

 ネットで話題になっている特許の内容をごく簡単に書くと、ニコンは独自開発のLBCASTをさらに進化させて、撮像素子面を2層化させることで、いろいろな特徴を与えようと考えたようです。1層目と2層目で光を受光させることで、受光性能を上げて、ダイナミックレンジとノイズ特性の改善にチャレンジしたようです。

 この特許が今回話題になっているD2Hsの後継モデルに使われているのではないかということで、海外や国内でもかなり話題になっているようです。

 技術的なことに関しての評論は、もちろんできるわけでもないので、そんなはなしが持ち上がっていてはなしが盛り上がっているということをお伝えするにとどめておきたいと思いますが、読者のかたより詳しい解説がコメント欄に寄せられましたので、そのコメント欄をみてもらうのも、ここに掲載するのも同じと思い、当該部分を抜粋させていただきました。


 新しいLBCAST多段素子(二層LBCAST)についての話です。まず、「@上段素子を色信号(C)、下段素子を輝度信号(Y)用に分けて受光する方法」とあります。これはコダックの特許に似ている部分もありますが、二層構造と言うところが違います。次に「A上段素子と下段素子の2つを同時に使い受光する方法。」とあり、上段素子は従来の一層素子比80%の受光性能を持つそうです。さらに上段素子を通過した光は従来の一層素子比60%の受光性能を持つており、下段素子が受光します。つまり、上段素子80%+下段素子60%=140%の受光性能を持つことになり、センサーを大型化した時と同様の高感度・低ノイズ特性を得られるそうです。

 さらにニコンでは、撮像素子に関する特許とは別に、通常のローパスフィルターの部分に関係する新しい技術の特許もとっているということで、下記のような概念図がネット上に流れていました。これに関して、いただいたコメントによると、「画像の特許はダイクロイックミラーによるRGBの集光に関するもので、ローパスフィルタレスへの一回答でもあります。」というご説明をいただきました。

 この特許がただちに、発表を待たれる新モデルに採用されているのかどうかということは不明ですが、このようなはなしも話題になっているということを、お知らせしておきたいと思います。

画像


 ということで、D2Hsの後継モデルについて、『ニコンのちょっとしたこぼれ話 10 LBCASTがフルサイズ?』(2007/08/08)で、LBCASTを「さらに進化させて、新画像処理エンジンと組み合わせて本来もっている能力に磨きをかけて搭載してくるのではないか」と書いたそのわからなかった「進化」の部分が明らかになってきたのかなという印象を持ちました。素人の想像よりもさらにそうとう進んだ内容となっている可能性が浮上したという感じです。

 でもなぜ、今になってこういったはなしが浮上してきたのか、その背景もきになってきます。はたして本当にそのような新技術が採用されたモデルがでるのでしょうか。ここでは新たに浮上してきた新技術と、それが新モデルに採用されているのではないかといううわさが内外で盛り上がっていることを紹介するにとどめご判断はみなさまにおまかせしたいと思います。


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでもうわさの域をでないはなしです。今までにでてきたうわさと各種情報などを総合して書いたもので、ここに書かれた内容はあくまでも未確認のおはなしです。実際に、これから発表されるのかどうかに関しては全く不明です。
 うわさとして書かれたものの内容の判断につきましては、読まれた方ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に、お受け取りください。
 うわさにある登場時期については、なんら根拠のあるものではありませんので、購入などのご参考にはなさらないでください。


【資料】
DPR Latest news
http://www.dpreview.com/
Nikon's full-color RGB sensor patent
http://www.dpreview.com/news/0708/07080901nikonimagesensor.asp

USPTO PATENT FULL-TEXT AND IMAGE DATABASE
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PALL&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsrchnum.htm&r=1&f=G&l=50&s1=7138663.PN.&OS=PN/7138663&RS=PN/7138663

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。もし上記の技術が新機種(フルサイズ機またプロ機)に応用されるのであれば、ニコンもCANONのように自前の処理エンジンを搭載できる能力を持つようになりセンサーのコストダウンにも拍車が掛かるかもしれませんね。つまり、待望のフルサイズ機を見ることもそう遠い話ではないということだと思います。そうなればD200後継以下の新機種にもトップダウンで応用されることになるでしょう。
ハードロック大ファン
URL
2007/08/10 21:09
なんだか日々わくわくです!すっごく真実味帯びてきてますね(笑)
凧tako
2007/08/10 21:43
ハードロック大ファンさんこんにちは!
ニコンがLBCASTを捨てていないということは
カメラに合ったセンサーを使うという表現をして
いたことで、なんとなく理解していましたが、
上記のような方向で進化させているなどとは素人
の想像をはるかに超えるもののようですね。
自前の新画像処理エンジンも相当な進化を伴って
いるようですし、DSLRの時代がひとつ新しい
段階に入ったといってもいいようなことになるの
かもしれませんね!まあ全てがほんとうならの
はなしではありますが!(笑)いろいろな状況を
総合すると可能性が高いようにも思え、結局、、、
わくわくを超えてぞくぞくしてくる感じです!
(苦笑)
コストダウンのためにフルサイズセンサーを下位
モデルにもどんどん採用していって欲しいですね!
blog管理
2007/08/11 00:59
凧takoさんこんにちは!
いろいろな状況を総合すると、単なるうわさで、
かたずけられない感じもしてきて、、
わくわくを超えてぞくぞくという感じもしてきます!
(苦笑)
本当ならすごいDSLRの登場となりそうですね!
ニコンもフルサイズをだすに当たっては、待たせた
だけのことはあったね!といわれるものにしないと
という思いもあるでしょうし!フルサイズをただ
だしました!ではライバルの後追いで終わりです
からね〜。オリンピックで撮影領域を広げるという
大目標があっての開発のように思えてきました!
blog管理
2007/08/11 01:07
某巨大掲示板に上記記述をした者ですが、上記文の内容と掲載している画像は全く別の特許ですので少々変更されてはいかがでしょうか。
画像の特許はダイナミックミラーによるRGBの集光に関するもので、ローパスフィルタレスへの一回答でもあります。(これは光をまっすぐ導かなくてはならずまだ厳しいです)
二層の特許は先月あたりの特許を検索すれば見つかると思います。
にゃん吉
2007/08/11 01:56
失礼、ダイクロイックミラーです
にゃん吉
2007/08/11 02:05
にゃん吉さんはじめまして!
上記、情報のネタ元さんですか!!
わざわざこのようなブログにコメントをいただき
恐縮しております!さっそくご指摘いただいた
部分に文章を加え、一部いただいた解説を抜粋
させていただき、使わせていただきました。
もしまずいようでしたら抜粋部分は削除いたします。
それにしても、このような情報をどのような経緯で
お知りになられたのか、そちらも興味がわいて
きますが、もちろんそのようなことをお聞きする
ような失礼は、するつもりはございません。
わざわざお知らせをいただき、どうもありがとう
ございました!ケイ!
blog管理
2007/08/11 03:21
LBCASTが開発された当時、CCDよりもCMOSに近く、CMOSよりも構造が単純化できコストダウンが可能‥‥という紹介をされていました(2004年カメラ年鑑)。大変虫のイイ素人の希望ですが、自社開発の利点を価格に反映して欲しいものです(笑)。少しでも安い方がイイなァ(笑)。
昇り龍
2007/08/11 08:28
私、技術的なことに関してはまったく知識がないのでこの特許のこともよく分からないのですが(笑)、LBCASTはニコンの独自技術なんですよね^^
独自技術を磨き上げているということで、なんかマツダのロータリーエンジンを思い出しました。こちらは今年で40周年だそうで、LBCASTとはまた意味合いが違うかもしれませんが、他社が見放した(開発できなかった)技術をコツコツと磨き上げていったということで、なんだかマツダにもニコンにも技術者魂のようなものを感じます♪
「技術はあるのに商売がヘタ(失礼!)」的なイメージがあるのも似ているような気がします(笑)

もっとも、最近のニコンは商売が上手くなったような気もしますけどね(^o^;
yamataka
2007/08/11 10:23
昇り龍さんこんにちは!
同感です!(笑)少しでもコストダウンになって
いるといいですね!ほんとはとってもいい素子なの
に当時の画像処理がよくなかったのかLBCAST
が悪者にされてしまいましたね。(苦笑)
ニコンのリベンジが楽しみです!
blog管理
2007/08/11 16:02
yamatakaさんこんにちは!
独自の技術ですね!なるほど!40周年記念の
RX-8がでましたよね!技術者魂ということでは
通ずるところがありそうな感じもしますね!
ニコンは最近商売もうまくなりましたけど、まだ
レンズを用意するのが遅いとか、つめが甘いですね!
(笑)昨日偶然デザインの番組をみたらマツダの
デミオのはなしをやっていて、新型デミオのイメージ
カラーがグリーンなのはディーラーに足を運ばない
女性に印象付けるためもあるのだとか!
テーマカラーの決め方も戦略の一つなんですね!
マツダも商売を一生懸命やってました!
(URLにLBCASTのページを!)
blog管理
URL
2007/08/11 16:14
>つまり、上段素子80%+下段素子60%=140%の受光性能を持つことになり、センサーを大型化した時と同様の高感度・低ノイズ特性を得られるそうです。

×1.6でもフルサイズ並の性能が出せる。つまりフルサイズの必要は無いとも読めるのですが−−−。
ミオ
2007/08/11 21:15
ミオさんはじめまして!
読み方は、もう読まれるかたの自由ですから!
ただ、ニコンはAPS-Cの1.5倍です!
キヤノンユーザーさんかな。
blog管理
2007/08/11 21:21
>フルサイズをただだしました!ではライバルの後追いで終わりです。
全く仰るとおりです。
部品さえかき集めれば全く同じ物が出来てしまうデジタルの時代、独自の技術で仰天させてほしい!!
ミオ
2007/08/13 00:19
ミオさんどうも!
>部品さえかき集めれば全く同じ物が出来て
しまうデジタルの時代、独自の技術で仰天させて
ほしい!!
まったくおっしゃるとおりです!
って、同じことをいって失礼しました!(笑)
でも、その通りだと思います!
『期待を超えて、期待に応える。』と言ってます
ので、期待して待ちましょう!
blog管理
2007/08/13 01:11
ケイさんこんにちは。
昨夜撮影旅行から帰ってきました(笑)
前回の書き込みでジグザグスキャンでまつげノイズ対策とありましたが、色々調べたら最近特許公開された物の中に、「各単位画素を垂直方向にジグザグ状に接続し、垂直信号線と水平出力回路との接続を交互に切り替えるようにして、色毎に同一の水平出力回路から信号を出力する」と言う記述を発見しました(特開2007-174478)この特許は高速性を維持しつつ、固定パターンノイズが生じない構成が提案されており、CCDでノイズを抑え高速読み出しが可能になる素晴らしい技術です。これで睫毛ノイズからもおさらば出来るかも知れません。CCDでも高速読み出しが問題なく出来る様になるわけで、まだまだCDDは可能性を秘めています。今後の製品でもCCDを採用していくのではないかと感じました。
YouPhoto
URL
2007/08/15 12:04
YouPhotoさんこんにちは!
撮影旅行はどちらにおでかけだったのですか!
いい写真がいっぱい撮れてそうな感じですね!
ところで、うわさは特許となっていたのですか!
すごい情報ですね!D200のにがい経験を生か
して開発されたという感じですかね!開発はもっと
前からおこなってるか!(笑)
まだCCDで活かせる技術を開発しているところが
ニコンらしいという感じですかね!CCDでの高速
読みだしができれば、下位モデルの機能の向上にも
役にたちますね!まだまだ、デジタルの技術的な
向上の余地はあるのですね!
貴重な情報の提供を感謝しています!ケイ!
blog管理
2007/08/15 16:01
ケイさんこんにちは。
旅行ですが、三浦半島巡りです。江ノ島、鎌倉、横須賀、猿島、葉山と言ってきました。江ノ電からの車窓は最高ですね。また乗ってみたいと思いました。ところで、ニコンの特許の話ですが、撮像素子の構造的な話の他にも、製造技術に関する物や回路や素材の話など他にも色々あります。特にノイズに関する記述が目立ちました。クロストークを極力抑える配線構造や素材そのものからノイズを極力発生させない半導体製造ノウハウ等ニコンはノイズを抑える技術をかなり研究開発しているんだなと思いました。これからも進化し続けるであろう電子デバイスの世界。今後が楽しみです。
YouPhoto
2007/08/16 13:52
YouPhotoさんこんにちは!
撮影旅行の楽しかったようすが少し伝わってくる
感じです!
ニコンのノイズ低減に関する特許のおはなし大変
興味深く読ませていただきました!製造段階から
ノイズを無くす方策を検討していたとは!
電子デバイスや製造ノウハウまでくるともう素人
の想像の域を超えているので、ただただ感心する
ばかりです!またいろいろと教えていただければ
と思いました!
情報の数々、ありがとうございました!
blog管理
2007/08/16 20:27
ニコンの特許情報が急浮上!なぜ今新技術情報が? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる