きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのフルサイズ機は8月に登場?うわさをまとめると!

<<   作成日時 : 2007/06/09 06:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

 ニコンのフルサイズ機が、8月ごろにも登場するのではないかという、うわさがでています。『ニコンのうわさがひさしぶりに!』(2007/04/06)でとりあげた、新しいニッコールレンズが年央にでるのではないかといううわさともあいまって、いよいよニコンから期待の新モデルが新しいレンズをひっさげて登場するのか、期待がわいてきます。

 ニコンのフルサイズ機のうわさはいろいろとありすぎて、なにがほんとうなのかかなり混沌とした感じになっています。そこでここではそんなうわさの数々をちょっと整理してみることにしました。まずは、ニコンで初となるフルサイズ素子のうわさから。

 ニコンのフルサイズ機のうわさには二通りあって、ひとつは1.1倍の撮像素子サイズで1870万画素(1850万画素説もある)というものと、もうひとつは完全なフルサイズで、2500万画素というものがあります。去年の12月には、ニコンはすでにCCDの開発を終えているといったはなしもあって、ここでは「CCD」とはっきり書かれているところが注目点でした。

 別のうわさでは、ソニーのフラッグシップモデルの画素数は25メガピクセル(2500万画素)といううわさがあって、すでにこのモデルはヨーロッパでセールストレーニングにまわされているというはなしがありました。このうわさはみょうに具体的でここででた画素数については真実味がありそうな感じもしてきます。1.1倍の撮像素子についてのうわさでは、すでに去年フルサイズ機はできていてテストを依頼されたカメラマンによると結果は上々だったというものがありました。

 ここで、1.1倍の撮像素子という中途半端な数字がなぜ登場したのか簡単におさらいすると、半導体を作る際に回路を一枚のウエハーに書き込みをする時の露光を、1回でおこなえる最大のサイズが、35ミリフイルムの画面サイズに比べて1.1倍のサイズが最大だということからでてきた数字とのことで、これはコスト的な問題をクリアしながら効率よく最大サイズの撮像素子を作っていこうとすると、1.1倍という値になるということのようです。

 また、ソニーではPMAとPIEで展示したモックアップ2機種にボディ内手ブレ補正を搭載すると明言していて、そのことから手ブレ補正のマージンの必要性からソニーのフルサイズ機は1.1倍の撮像素子を搭載するのではないかといううわさがあって、共通する素子を搭載すると思われるニコンも同じく1.1倍の素子を使うのではないかというみかたがあるようです。

 そしてニコンが採用するとされる、この1.1倍の撮像素子については、次のようなうわさもありました。撮像素子はソニー製の1.1倍で、1870万画素。 ニコンレンズの画質に対して1.1倍の撮像素子サイズにおさえることと、デジタルでの補正(倍率色収差、ビネッティング)を組み合わせて画質を確保する。さらに新レンズの開発という3つの手法でマウントサイズで制約される画質の問題を解決するといったはなしもありました。このはなしによると、ニコンのフルサイズ機は、1.1倍の撮像素子になって登場するのかなとも思えてきます。

 そのほかの新機能についてうわさを整理してみると、シャッター形式のはなしがありました。新モデルでは、画面中央から開く新形式シャッターを導入するといううわさがあり、このシャッターはCCDシャッターとの併用を前提としたもので、この新形式のシャッターはいろいろなメリットをもたらすものであることが明らかにされていました。(シャッターの詳細については下記、『ニコンのちょっとしたこぼれ話 7 想像を超えるDSLR?』(2007/05/27)を参照ください)

 この新型シャッターユニットは奥行きが少なくできることにより、そのできたスペースはローパスフィルターの新設計にあてることができ新型ローパスフィルタの搭載は、フルサイズ機のローパスフィルターながらコストをおさえることに貢献するといい、この考え方はEOS-5DがEOS-1DsMK2と比べて厚いローパスフィルターを採用してボディの価格を安くあげたことと共通するコスト低減法といえるもだとされていました。

 新型シャッターの採用は、サブミラーの大型化にも貢献して、AFセンサーの配置領域の拡大につながるということで、ミラーボックスのユニットがすべて完全に新規の設計となって、その測距点はいっきに、41点もの測距点を備えたものになるといったはなしもあって、そのうち9点はクロス測距点となっているというはなしもあるようです。

 そのほかの機能に関しては、ファインダーまわりでは、ペンタプリズムはF6のものを流用し、ライブビュー機能を搭載して、専用センサを配置することで、ライブビュー使用時にAFも可能なものになり、モニタは固定ともいわれ、デザインはD3になって変更してくるというはなしもありました。

 ニコンではこの新モデルでまったく新しい方式の「新高性能ノイズリダクション」を採用するともいわれ、すでにD40にも実験的に新処理エンジンの一部機能、あるいはその新開発前段階のバージョンを試験的に投入したといううわさまでありました。

 始めに「CCD」がポイントと書いたことに関しては、撮像素子にCCDを採用するということになると、うわさされたフルサイズからのDXフォーマットへのクロップモードの搭載はないということになります。

 これと関連するように、ニコンからは、D3XとD3Hが登場するという、うわさがあって、クロップモードがないことで、フルサイズ機1機種に「H」モデルを集約するということもできないことから、D3Xがフルサイズ機で、D3Hが報道スポーツ向けに特化したAPS-Cハイスピードモデルとして、フルサイズ機の登場後もD3Hの存在は必要とのみかたもあるようです。

 今年のPIEの会場からは写真雑誌のCAPAがネットを通じて動画を配信していましたが、その動画に登場した、ニコンの執行役員で映像カンパニー開発統括部 統括部長の後藤哲朗氏はフラッグシップ機に関する質問に答えて、

「マーク3もでましたし、そういう時代になってまいったと思います。社内でも研究をしておりますので期待してお待ち下さい」と、少し踏み込んだニュアンスのコメントをし、
「現代のデジタルカメラの上のほうの機種は素晴らしい写真が撮れないと意味がありませんからいいものをだし続けるよう研究を続けています」と語り、マーク3を意識したコメントから、次期フラッグシップ機はD2シリーズの技術的な底上げをきちんとおこなったかなりのモデルに仕上げてくるのではないかという印象を受けました。

 余談になりますが、その動画で後藤氏は、D40やD40xに合う、
「小型でモーターを内蔵したレンズはどんどん増やしていこうと思っています」と、コメントしていて、新レンズにも期待がもてるはなしをしていました。

 さて、いままででてきたうわさの数々を、ジグソーパズルのように断片のピースを合わせていくと、おぼろげながらにフルサイズとなる、次期フラッグシップモデルが浮かび上がってきたような感じがしてきました。どこまでがほんとうで、なにがうそなのかあと少しで全貌が明らかになることでしょう。


【 注 意 】
 ここに書かれた内容は、あくまでもうわさの域をでないはなしです。今までにでてきた、うわさと各種情報などを総合して書いたものでここに書かれた内容はあくまでも未確認のおはなしです。実際に、これから発表されるのかどうかに関しては全く不明です。

 うわさとして書かれたものの内容の判断につきましては、読まれた方ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽として、お受け取りください。

 登場時期については、なんら根拠のあるものではありませんので、購入などのご参考にはなさらないでください。

【関連記事】
『ニコンの後藤氏PIE会場でおおいに語る!』(2007/03/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200703/article_25.html
『ニコン今年はエントリー機以外に注力!専務が語る!』(2007/03/30)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200703/article_32.html
『ニコンのうわさがひさしぶりに!』(2007/04/06)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200704/article_6.html
『ニコンのD3は7月に発表か?』(2007/05/15)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_15.html
『ニコンのフルサイズ機のうわさの真偽!』(2007/05/21)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_21.html
『ニコンのフルサイズのうわさが次々と!どれがほんと?』(2007/05/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_23.html
『ニコンのちょっとしたこぼれ話 7 想像を超えるDSLR?』(2007/05/27)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_27.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
今日は力作ですね。
D3に関するほとんどの噂が網羅されていますね。
たしかにXとHの2モデルということはありそうですね。
いったいどんなモデルが出てくるやら・・・。
ではまた。
fortunati
URL
2007/06/09 07:23
ほんと、力作ですね!ケイさん凄いです。
D3に関する噂はあまり詳しくなかったので楽しませていただきました。

それにしても出る出ると言われて久しいですが動きがないですね。ニコン。
待たされすぎてなんだかちょっぴり興味が離れてきたり、諦めてきた人も結構いるのかな...最近のネットの雰囲気を見ていると...
はやく新しい発表で盛り上がりたいですね〜!!
ささ
2007/06/09 16:58
fortunatiさんこんにちは!
ここらで一度まとめておいてもいいかなと思って
いたのですがなんとなく大変そうな想像がついて
ちょっとさわらずにいたのですが、8月という
うわさがでて、やるしかないかと決意してまとめ
だしたのはいいのですが4時間以上かかりました。
もう朝になって終わりの校正は気力でやりました。
(笑)
なので、大作とのお言葉、なによりのねぎらいと
なりました!(笑)ありがとうございます!
こうしてみると撮像素子の部分だけがはっきり
しませんね!一番の肝心どころなのですが。
逆にそう考えると、ニコンとしてもそこのところ
を一番秘密にしたい部分なのかもしれませんね!
ほんとに、どのようなモデルとなって登場する
のでしょうかね!楽しみですね!
blog管理
2007/06/09 17:00
ささサンこんにちは!
ありがとうございます!まとめていったらこの
ようなものになってしまいました!(苦笑)
ここに書いている内容は今までこのブログで
取り上げてきたはなしだけなのですがまとめると
けっこうおもしろいものになりましたね!
書いたいきさつはfortunatiさんのお返事コメント
に書いた通りです!(苦笑)
7月8月とほぼ夏ごろに焦点が絞られてきた感じ
もしますね!D3!そして時間的にレンズも同時
発表とみました。それ以降になると販売する時間が
少なくなって販売数量の計画を達成できなくなる
のではないかとみました。
8月でもあと一月ちょっとと考えれば直近では
もっと情報がでてきて盛り上がっていくのでは
ないかと想像します!(ほんとかいな? 笑)
ほんとに、ささサンのおっしゃるとおり早く
みんなで盛り上がりたいですね!
blog管理
2007/06/09 17:09
ニコンのフル機がいよいよ製造開始。ソニーの工場から続々とCCDが搬入されている模様。

・・・・というニュースを昨夜デジカメWatchで読む夢を見ちゃいましたよ。買う気もないのでそんなに気にしてるつもりはないのにバカみたいですね、俺。でも出てからあちこちであーでもないこーでもないが始まるのがけっこう楽しみだったりしています。(どちらかというとそれに付随してリリースされるであろうレンズの方が気になる)
可えるぴあの
URL
2007/06/09 20:06
素晴らしいまとめですね。
実際ここに書かれている内容のものうちどれかで
出て来るんでしょうね。

とりあえずHのリリースを待ちます。
サーキットのロバ
URL
2007/06/09 22:40
可えるぴあのさんこんにちは!
そんな夢が現実になるような記事がそのデジカメ
Watchにでていました!ソニーが撮像素子を
増産するのだとか!(笑)
早く登場したフラッグシップについてのいろんな
情報を読みたいですね!
同じく!レンズに興味深々です!どんなレンズが
でるのか早く知りたいですね!
blog管理
2007/06/09 23:25
サーキットのロバさんこんにちは!
ヘビーユーザーのサーキットのロバさんにほめて
いただけて、とてもうれしいです!
いったい、うわさにでたはなしのどれぐらいが
ビンゴ!なんでしょうね!(笑)
フルサイズとっても楽しみですね!あっ、Hも
です!2モデルに別れてもたぶんボディは共通化
されての登場になるのでしょうね!まとめて
でるのか、時間をおいてでるのか。。
フルサイズと新レンズを待ちます!(笑)
blog管理
2007/06/09 23:31
こうして見てみるとほんとに様々な噂がネット上をかけめぐっていたんですね!
それをこうして記事にまとめるのは大変だったでしょう^^
お疲れ様でした。
あと1〜2ヶ月で真相がはっきりしそうですね。
レンズに関してはおっしゃるとおり早く発表・発売しないと計画達成が危ぶまれますよね!
あまりじらすとみんな逆にしらけちゃいますよ〜、ニコンさん(笑)!
yamataka
2007/06/10 17:13
yamatakaさんこんにちは!
ほんと、いろんなはなしがありますね!(笑)
マイクロレンズのはなしを書き忘れていたことを
思い出しました!M8と似たような方法でニコンの
フルサイズも周辺までレンズの影響を抑えるよう
な設計になるというはなしもありましたね〜。
自分で書いてきたこととはいえ、いざ1本の記事に
まとめるとなると、箇条書きというわけにもいかず
一応読みものレベルにしなくてはと思ってがんばり
ました!(笑)
今回ばかりは、ねぎらいのお言葉がうれしいです!
おっしゃるとおり、あと少しで真相解明という
雰囲気になってきたかんじですね!
新レンズの内容早く知りたいですね!あと少し
だと思うので、しらけないようがんばります!(笑)
blog管理
2007/06/10 19:51
こんばんは。
なんだか海外のサイトでD3の噂を総括してるらしいですよ。
D3のイメージ写真とか、ちょっと笑っちゃいました。
でもケイさんの記事の方が詳しいんじゃないかなあ(笑)。
細かくは読んでいないのですが、例のブログのシャッターシステムの話とかは当然ないでしょうし。
ではまた。
fortunati
URL
2007/06/10 23:15
fortunatiさんこんにちは!
みましたそのサイト!でも内容といえるほどの
ものはなかった感じです。あの、へっぽこな
イメージはなんなんでしょう。ひどすぎますね!
ありがとうございます!
みなさんによろこんでもらえたようで、まとめた
かいがありました!あとは時間の問題になってきた
感じですね!(笑)
blog管理
2007/06/11 00:34
ニコンのフルサイズ機は8月に登場?うわさをまとめると! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる