きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS Aiニッコール135mmF2のちょっとした秘密!

<<   作成日時 : 2007/06/05 03:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 ニコンの『ニッコール千夜一夜物語』は、なんともいえず楽しい読みもので、またほんとうに勉強になります。それとともに非常に危険な読みものでもあります。この千夜一夜を読んでしまい購入してしまったニッコールレンズをお持ちのかたも多いのではないかと思います。というのも自分もそのひとりで、少し前に書いたズームマイクロニッコールの購入にいたった動機も、この千夜一夜を読んだことがきっかけとなりました。

 「このニコンを語る上で欠かせない、ニッコールレンズのあれこれ。興味の尽きないエピソード満載です。」と『ニコンの歴史』にある『ニッコール千夜一夜物語』のコーナーはこのような魅力的な文章で紹介されています。ときどき忘れたころに更新される内容は、もともとは「ニッコールクラブ」の会報に掲載された記事をホームページ向けに増補改稿などをおこなって再掲載しているもので、取り上げられているレンズの後継レンズについても終わりのほうで加筆されたと思われる情報が盛り込まれています。

 ズームマイクロニッコールに関しては、注目する最初のきっかけを作ってくれたのは、カメラ雑誌でしたがさらに興味をいだいてくわしく知りたくなってたどり着いたのはやはりこの『ニッコール千夜一夜物語』でした。ズームマイクロの回はもう何度も読み返したかわからないほど読んだと思います。少しおおげさでしたが、10回近くは読んだと思います。それほど興味をもってしまったということだったのだと思います。

 そして、最近ちょっと読み返しているのは、『Ai Nikkor 135mm F2』の回です。この回はズームマイクロに次いで多くなりつつある感じです。というのも、ニコンのAiレンズの中でこの135mmF2というレンズは高価な大口径望遠レンズを除くと、ニッコールの望遠レンズのなかでは、一番大きなボケを得ることができるレンズだということを知ったからでした。

 レンズの有効径は、F値の定義から、(有効径)=(焦点距離)÷(F値) という簡単な数式でもとめることが可能です。この計算から、85mmF1.4で、60.7mm、180mmF2.8で、64.2mmとなり、135mmF2の67.5mmより小さいことがわかります。

 「レンズでつくられる背景のボケの大きさは、おおざっぱにはレンズの有効径に比例する」という解説の通り、135mmF2は大きく背景をぼかした写真を撮ることができるレンズといっていいレンズなのです。そしてこのレンズは、ただ背景を大きくばかすことができるというだけではなく、ニッコールレンズのなかで、最も美しいぼけ味をもったレンズとも称されるレンズでもあったのです。(今は別のニッコールレンズで、いいぼけのものがあるようですが、それはAFレンズのようです)

 この簡単な計算で、だいたいのぼけの大きさをもとめることができるというおはなしをていねいな解説で読んでいて、ずいぶんむかし独学で写真を勉強するなかで有効口径についても、しっかり覚えたものでしたが、実際に有効口径のことなどをきにしながらあれこれ選んでレンズを購入してからは、研究もおわりという感じですっかりきにしなくなっていました。

 それを、千夜一夜の135mmF2の回で改めて有効口径のことをふまえたうえでの、記事を読みかえしてみると、このAi Nikkor 135mm F2というレンズの奥の深さに改めて感心させられることとなりました。千夜一夜を読むたびに、いいレンズを手に入れてよかったなと感慨にふけることができるのです。思い切って買ってしまった、むかしの自分に感謝という感じです。

 自分の購入したレンズは、Ai Nikkor 135mm F2Sで時期的に最新のコーティングをほどこしたレンズと思われるもので、その写りも期待にたがわぬものという感じです。ただ大きく重いということからついつい出番が少なくなっていたものでしたがこの記事を読んで、新たに使いこなさないともったいないなと、今頃になって思いだしました。買った時の想像以上にいいレンズだったものをあんまり使っていなかったという、こういうこともぜいたくというのでしょうか。

 D40には、かなり大柄なレンズではありますが、これから徐々に使用ひんどをアップさせていこうと考えています。


【資料】
ニコン
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/index.htm
大口径中望遠レンズ 第三十夜 Ai Nikkor 135mm F2
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/nikkor/n30j.htm
ニッコール千夜一夜物語
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/nikkor/index.htm
ニコンの歴史
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/index.htm
ニッコール千夜一夜物語 注釈集
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/history/nikkor/nwords-j.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
このレンズが一番大きなボケを得ることができるという話、大変興味深いです。この事実知りませんでした。いいことを聞かせてもらったような気がします。
ニコンのレンズは持っていないんですが、たしかFDでこのスペックのレンズがあったような気がするので、実戦に持ち込んでみようかと。

それはそうとニコンのフルサイズ来年か、なんて噂が流れてますね。もう本当に何がなんだかさっぱりわからない状況ですねえ。
もう6月ですし、新レンズも含めてそろそろ簡単なロードマップみたいなものも出してもいいんじゃないかと思うのですが。
ではでは。
fortunati
URL
2007/06/05 08:19
「ニッコール千夜一夜物語」を読むとそのレンズが欲しくなってきますし、自分の持っているレンズが取り上げられていると嬉しくなってきますよね。

私はあまりいいレンズを持っていないので、「千夜一夜物語」に取り上げられるようなレンズはあるはずがないと思って今日見てみたらなんとありました(笑)

第十二夜のNIKKOR-H Auto 2.8cm F3.5です。
このレンズはヤフオクで数千円で落札したものですし、もう1本Ai Nikkor 28mm F2.8を持っているので出番もほとんどなくドライボックスの中で眠り続けていました。
私の所有しているレンズの中で一番出番が少ないといっても過言ではありません(苦笑)

安いレンズでしたが、ここに取り上げてもらっていることが分かるとなんだか嬉しくなってきました(笑)
出番を増やしてあげなきゃ!
yamataka
URL
2007/06/05 11:10
fortunatiさんこんにちは!
Aiニッコールの180mmまでの比較での
おはなしですけれど、比較的買いやすいレンズ
では大きなボケを得られるということです。
高価なサンニッパなどは107mmということで
むかしアイドルの撮影によく使われていましたね!
そんなことも頭の隅におきながらレンズを使うのも
楽しさが増すかもしれませんね!FDでぜひ再度
楽しんでみてください!ブログ楽しみにしています!

そのフルサイズの記事読みました!原文もみました
がなんだかよくわからないはなしでしたのでフル機
がでたら使用レポートでもたのむといわれたという
ようなはなしかなと思いました!(笑)
来年でるテスト機の撮影を今からたのむという話を
するのかなという感じです。はなし自体に無理が
あるような感じです!
具体的な記述がひとつもないのでなんともいえない
はなしですね!(笑)
blog管理
2007/06/05 15:57
yamatakaさんこんにちは!
そうなんですよ読むのは楽しくていいのですが、、
そのあとが問題で!(笑)
しっかりいいレンズをお持ちではないですか!
その記事改めてよみましたよ!リンクありがとう
ございます!
そのレンズを開発したことでその後の広角レンズの
発展があったという、感動しますね〜!(笑)
それから時間がたち、17mmからのズームで
(AF-S17-35mm)は最短撮影距離28cm
ですから、60cmからの発展の歴史も知りたく
なりますね!
ドライボックスで眠らせるのはもったいないと
思いますよね!千夜一夜で改めてそのレンズの
ことを知ると!
夜景の撮影でも十分使える性能は天体ファン愛用
ということで、証明済みですから、風景に限らず
夜景やイルミネーションの撮影にも活躍の場が
広がりそうですね!
このようなことがわかるのも、千夜一夜の楽しい
ところで、手持ちのレンズの再発見という嬉しさ
もあります!
blog管理
2007/06/05 16:10
ニッコール千夜一夜物語、大好きです(^-^
ちゃんと単行本も買いました... なかなかウェブに掲載してくれないので、SCに置いてあるニッコールクラブの冊子を見たりもしています(笑)
持っているレンズにはより愛着が深まり、持っていないレンズは猛烈に欲しくなる危険な読み物ですね。
Ai135mmF2は本当に素晴らしいレンズです!生産終了の時に買うか買うまいか悩んでいた私の背中を押してくれたケイさんに感謝しています!!
(当時はまだ新品を量販店で安く買えましたし)
ニッコール千夜一夜物語を読んで、DCにも手を出してしまったのは内緒です。
ささ
2007/06/05 16:52
ささサンこんにちは!
これ、実はささサンのDCに影響されて書いた
というはなしもあります!(笑)ないしょなのに
なぜか、ばれてますね〜(苦笑)
単行本は2005年発刊のものですか?内容が
古いといやだなと思いまだ買ってないのですが、
よければ買います!単行本もおすすめでしょうか!
そんなこともありましたね!(笑)
でも、そのときに決断した当時のささサンに、
今改めて感謝という感じではないでしょうか!
自分はあくまでもきっかけで、決断はささサン
ご自身のものでしたので!
量販店でまだ安く買えたのはなによりでしたよね!
ぎりぎりで間に合ったというか、よくあったという
感じでしたよね!なつかしいですね!(笑)
千夜一夜には、お互いきをつけましょう!(苦笑)
blog管理
2007/06/05 17:21
基本的にはネットにアップされているモノと内容は同じです<単行本の千夜一夜
ただし単行本は作例がモノクロなので、ちょっと寂しいかも。
いつでもどこでも気楽に読めるニッコール千夜一夜が欲しいならオススメ!!
手元にないので怪しいですが、たしか第27夜あたりまで収録されていた気がします。(間違えていたらごめんなさい)
このペースだと、当分2巻は出版されそうにありませんね....
ささ
2007/06/05 17:49
初めまして。tetuyaと申します。
いつもブログを楽しく読ませて貰っています。
私も「ニッコール千夜一夜物語」大好きです。
本も買いました。電車の中でも読めるのは楽しいですよ。
千夜一夜に影響されたわけではないですが、そこに載っているレンズは10本くらいあるかな?これが多いか少ないかは分かりませんが、世の中、上には上の人がいますからね。
あと、気になされていた最短撮影距離の話は、第14夜・ニッコールオート 24mm F2.8 に書かれてます。
それでは今後もよろしくお願いします。
tetuya
URL
2007/06/05 22:57
ささサンどうも!
よくわかりました!1冊あってよさそうですね!
続きは、HPか、、会員になる!?(笑)
増補・改訂版をインプレスあたりからカラー満載
でだして欲しいですね!むりかな。。
ニコンのかたかインプレスのかたにお願いしたい
ですね!(笑)
blog管理
2007/06/06 00:10
tetuyaさんはじめまして!
お読みいただいて、ありがとうございます!
電車で読みたいですね!でもこの本を読んでると
乗り越しそうです。(笑)
リンクされたHP拝見しました!機材すごいですね!
該当記事読みました!
「今後設計して行かねればならない超広角レンズの開発でいずれは破綻を来たしてしまうだろう。今これを解決しておかなければ..。そんな思いが、今日広く広角レンズに採用されている『近距離補正フォーカス』というアイディアを生み出したのである。」
という脇本善司氏の技術者魂を見る思いですね!
それが新素材レンズやIFなどと組み合わさり
はるかに高性能なレンズ開発につながっている
ということですね!感動です!
そのあたりをプロジェクトXのようなドラマで
みたいですね!
こちらこそよろしくお願いいたします!
また、気軽にコメントしてください!ケイ!
blog管理
2007/06/06 00:21
お返事ありがとうございます。
HP見てくれてありがとうございます。でも、私の持っている機材なんてたいしたことないですよ。私の仲間なんてもっと一杯持っていますから。おかげで私の物欲も収まりません。ここで取り上げられた、Ai 135mm F2Sも欲しいレンズですが、それよりも欲しいレンズが多くてそこまで手が回りません。今週末にも新しいレンズを買いそうな勢いがあります。
あと、「ニッコール千夜一夜」の本は是非買ってください。第4夜くらいまでは、本とHPではだいぶ加筆修正がされていて違いがあります。残念なのは本は誤字脱字が多いんですよね。でも、本を持つ価値は十分あると思います。
それではまたよろしくお願いします。
tetuya
URL
2007/06/11 23:50
tetuyaさんこんにちは!
ていねいなお礼のコメントに恐縮します!
ありがとうございます!
欲しいレンズはつきないですね〜!(笑)
もし宝くじなんて当たった日には、もうヨドバシに
直行してあれもこれも大人買いしたいです!(夢)
新しいレンズはなにをチョイスされるのでしょう!
いいですね!
千夜一夜の本のこと、ありがとうございました!
明日書店に注文しにいきます!校正はちゃんと
して欲しいですね!(苦笑)
こちらこそ、よろしくお願いいたします!ケイ!
blog管理
2007/06/12 00:07
こんばんは。今日レンズを買ってきました。
狙ってた中古が残っていて助かりました。
買ったのは、AF-S VR 200mm F2Gと、Ai 35mm F2Sです。
初めてVRレンズを買ったので、少し興奮気味です。
それではまた、見に来ますね。
tetuya
URL
2007/06/16 20:02
tetuyaさんこんにちは!
先日は本のことありがとうございました!
翌日注文し、流通に在庫があったとのことですぐに
届きました!ちょっといそがしくてぱらぱらと
めくっただけですが、わくわくするものがあり
ました!買ってよかったです!
おはなしのレンズの購入のこと、2本も買って
それがどちらも超魅力的なレンズではないですか!
1本は中古とはいえ相当高価なレンズですよね!
そしてその描写は望遠ではニッコールでは一番!
ともいわれる名玉ではないですか!
そして135mmもそれにおとらぬ名レンズ!
すごいですね〜!ご購入おめでとうございます!
在庫があってよかったですね!
興奮気味とのお気持ちなんとなく伝わってくる
ようです!!いいですね!これから使うのが
ものすごく楽しみですね!HPに作例を掲載して
くださいね!楽しみにしています!
blog管理
2007/06/16 21:24
Aiニッコール135mmF2のちょっとした秘密! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる