きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS D3ニコン社内でのお披露目は7月10日?!

<<   作成日時 : 2007/06/27 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 ニコンの新モデルのうわさが流れてきました。新型プロ機は7月に発表というもので、いよいよ登場まで秒読み段階にはいってきたという感じのはなしです。とある雑誌では、D3は10月から11月の発表としていましたが、どうも違うような雲行きです。このブログでは、ニコンは7月の会社創立90周年にD3の発表を合わせてくるのではないかと書いてきましたが、どうもそんな感じが濃厚になりつつあるようです。

 うわさでは、ニコン関係者から聞いたはなしとして、新型プロ機は7月の終わりか8月に発表され8月の終わりころには発売が開始されるとしています。カメラの機械的な部分は完成済みであとはファームウェアをテスト中だということで、画期的な機能を搭載しているという。生産開始は7月で当初の月産台数は8.000台から10.000台程度としていました。

 ニコン社内でのお披露目は7月10日ころとのことで、今回のうわさが本物だとすればニコンの創立記念日となる7月25日に間に合った形となり、ニコン創立90周年を飾るにふさわしい、名実ともにフラッグシップモデルの誕生となりそうな感じです。

 先日ニコンのフラッグシップに関するさまざまなうわさをまとめた『ニコンのフルサイズ機は8月に登場?うわさをまとめると!』(2007/06/09)を書きましたが、今回のうわさでいわれる画期的な(revolutionary feature 革命的 革新的な 画期的な〜 機能 の意)とはどのような機能を指しているのでしょうか、そのときの記事からヒントを探してみたいと思います。

 最初に、ニコンで初となるフルサイズ素子のうわさを簡単に整理してみると、ニコンのフルサイズ機のうわさには二通りあって、ひとつは1.1倍の撮像素子サイズで1870万画素(1850万画素説もある)というものと、もうひとつは完全なフルサイズで、2500万画素というものがあります。去年の12月には、ニコンはすでにCCDの開発を終えているというはなしもありました。一連のうわさに共通することは「CCD」とはっきり書かれていることが注目点です。

 別のうわさでは、ソニーのフラッグシップモデルの画素数は25メガピクセル(2500万画素)といううわさがあって、すでにこのモデルはヨーロッパでセールストレーニングにまわされているというはなしがありました。この1.1倍の撮像素子についてのうわさでは、すでに去年フルサイズ機はできているとされていました。

 ソニーではPMAとPIEで展示したモックアップ2機種にボディ内手ブレ補正を搭載すると明言していて、そのことから手ブレ補正のマージンの必要性からソニーのフルサイズ機は1.1倍の撮像素子を搭載するのではないかといううわさがあって、共通する素子を搭載すると思われるニコンも同じく1.1倍の素子を使うのではないかというみかたがあるようです。

 そしてニコンが採用するとされる、この1.1倍の撮像素子については、次のようなうわさもありました。撮像素子はソニー製の1.1倍で、1870万画素。 ニコンレンズの画質に対して1.1倍の撮像素子サイズにおさえることと、デジタルでの補正(倍率色収差、ビネッティング)を組み合わせて画質を確保する。さらに新レンズの開発という3つの手法でマウントサイズで制約される画質の問題を解決するといったはなしもありました。

 そしてレンズのうわさとともに最近でてきたものに「VRV」という新機能のはなしがあって、これはボディ内手ブレ補正「O.B.VR」とレンズ内手ブレ補正を組み合わせて5.5段分の手ブレ補正効果を得るというもので、ソニー製の1.1倍撮像素子を使うといううわさとの合理的な共通点ともいえ、興味深いはなしという感じです。

 そのほかの新機能についてうわさを整理してみると、シャッター形式のはなしがありました。新モデルでは、画面中央から開く新形式シャッターを導入するといううわさがあり、このシャッターはCCDシャッターとの併用を前提としたもので、この新形式のシャッターはいろいろなメリットをもたらすものであることが明らかにされていました。

 この新型シャッターユニットは奥行きが少なくできることにより、そのできたスペースはローパスフィルターの新設計にあてることができ新型ローパスフィルタの搭載は、フルサイズ機のローパスフィルターながらコストをおさえることに貢献するといい、この考え方はEOS-5DがEOS-1DsMK2と比べて厚いローパスフィルターを採用してボディの価格を安くあげたことと共通するコスト低減法といえるもだとされていました。

 新型シャッターの採用は、サブミラーの大型化にも貢献して、AFセンサーの配置領域の拡大につながるということで、ミラーボックスのユニットがすべて完全に新規の設計となって、その測距点はいっきに、41点もの測距点を備えたものになるといったはなしもあって、そのうち9点はクロス測距点となっているというはなしもあるようです。

 そのほかの機能に関しては、ファインダーまわりでは、ペンタプリズムはF6のものを流用し、ライブビュー機能を搭載して、専用センサを配置することで、ライブビュー使用時にAFも可能なものになり、モニタは固定ともいわれ、デザインはD3になって変更してくるというはなしもありました。
 
 一連のうわさでは「CCD」の採用がいわれていることから、フルサイズからのDXフォーマットへのクロップモードの搭載はないものと想像され、これに関連するように、ニコンからはD3XとD3Hが登場するという、うわさがあります。

 クロップモードがないことでフルサイズ機に「H」モデルの機能を集約するといことができないために、D3Xがフルサイズ機で、D3Hが報道スポーツ向けに特化した、APS-Cハイスピードモデルとして、フルサイズ機の登場後もD3Hの存在はあるのではないかとのみかたもあるようです。

 あくまでもうわさではありますが、まとめると革新的な機能がどのようなものを指しているのか浮かびあがってくるような感じです。もう少しでほんとうに発表となるのか、1917年7月25日に設立されたニコンは今年、創立90周年を迎えます。その、記念の年ともあってフラッグシップモデルの登場には期待が高まっています。

 
【 注 意 】
 ここに書かれた内容は、あくまでもうわさの域をでないはなしです。今までにでてきた、うわさと各種情報などを総合して書いたものでここに書かれた内容はあくまでも未確認のおはなしです。実際に、これから発表されるのかどうかに関しては全く不明です。

 うわさとして書かれたものの内容の判断につきましては、読まれた方ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽として、お受け取りください。

 登場時期については、なんら根拠のあるものではありませんので、購入などのご参考にはなさらないでください。

【関連記事】
『ニコンの後藤氏PIE会場でおおいに語る!』(2007/03/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200703/article_25.html
『ニコン今年はエントリー機以外に注力!専務が語る!』(2007/03/30)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200703/article_32.html
『ニコンのうわさがひさしぶりに!』(2007/04/06)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200704/article_6.html
『ニコンのD3は7月に発表か?』(2007/05/15)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_15.html
『ニコンのフルサイズ機のうわさの真偽!』(2007/05/21)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_21.html
『ニコンのフルサイズのうわさが次々と!どれがほんと?』(2007/05/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_23.html
『ニコンのちょっとしたこぼれ話 7 想像を超えるDSLR?』(2007/05/27)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200705/article_27.html
ニコンのフルサイズ機は8月に登場?うわさをまとめると!』(2007/06/09)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200706/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
とっても興味深いうわさ、いっぱいですね。
冷静に拝見しなくちゃと思いつつも、つい激しく動揺して(想像と物欲が激しく、という意味です―笑―)読ませて頂きました。“41点もの測距点”って驚きます。
その上“手ブレも5.5段分”となると、それでピント外れ、ブレた絵を撮っちゃったら私、落ち込みそう(笑)。VRレンズ80〜400_のテレ側でよく失敗してますもので(汗)。
いずれにせよニコン様のサイトは来月こまめにチェックしなくちゃ‥‥と思いました。

あと10年ほどもしたら“D一桁”ナンバーが“F一桁”を数で抜いてしまう時もくるのでしょうか。
本当にカメラって楽しみ多いですね。私も頑張って節約して貯金しなくちゃ‥‥(笑)。
昇り龍
URL
2007/06/27 18:15
昇り龍さんこんにちは!
あくまでも、うわさですので、冷静に読んで
くださいね!(笑)
こうしてみるとうわさとはいえ具体的な
事柄がけっこうあってどれがほんとかは
不明ながらも楽しめますよね!(笑)
でも、90周年記念にふさわしいようなモデルに
なっての登場という期待は十分持てそうですね!
VR80-400は何度か使ったことがあります
けど、VRの効果は確かなものを感じました!
AF-Sでリニューアルしたら売れるでしょうね!
VRUになったら失敗はなくなるかもしれません
ね!そいう問題じゃない?!VRレンズも基本は
VRなしの望遠レンズを使うのと同じように慎重に
構えて撮らないとですね!
デジタルだとモデルサイクルが早いのでほんとうに
ナンバーが足りなくなったりして!(笑)ほんと、
レンズにボディに楽しみはつきませんね!
blog管理
2007/06/27 18:41
おはようございます。
いやー噂出てますね。一連の噂からすると時期的には辻褄合いますが、まあ予断は禁物ですね(笑)
ただ、これが事実だったとすると発売されたばかりのCAPAの記事があまりにも哀れ・・・(爆)
画期的な機能ですが、これはやっぱりまばたき型のシャッターユニットのことではないでしょうかね。
VRVはさすがに無理っぽい気がするんですが。
あとセンサーも1870万画素の方がリアリティを感じます。
7/10は無理でも7/25までには何かありそうですね。
ではまた。
fortunati
URL
2007/06/28 09:14
具体的なスペックで夢が広がりますね。
私も予測をしてみます。

予想以上のオーダーにより、発売が延期(笑)。
いつもの
2007/06/28 09:24
41点の測距点に関してですが、ここでは9点のクロス測距点との噂になっていますが、私が持っている情報では41点が採用された場合は、クロス測距点は11点になると思います。
http://syararin.blog50.fc2.com/blog-entry-26.html


というのも、
Orca
URL
2007/06/28 09:54
7/25はニコンの創立記念日だったんですか(^0^)♪
ここまで来たら、この日に発表するといううわさもなんとなく本当のような気もしますね。
発売なら延期の可能性もありますが、発表ならよほどのことがない限り予定通りに出来ますから(笑)

あとはみなさんが一番注目しているセンサーのサイズですね(笑)
希望としてはフルサイズですけど、1.1倍のうわさがこれだけ出ているのでもしかしたらって思いますね!
yamataka
2007/06/28 10:30
fortunatiさんこんにちは!
そうなんですよ!うわさの流れ的にはやはり7月説
が有力かななんて思いますけどからぶりされられると
ショックが大きいので、あまり大きく期待しない
ように心がけています!(苦笑)
お金を取る雑誌に書くならもう少し根拠のあるはなし
を読みたいものですね!(笑)これでただのブログが
合ってたら痛快です!(笑)
画期的なとは、やはりシャッターユニットでしょう
かね?!これを採用することでの数々のメリットを
理解するとほんとにすごいと思います!
センサーはどうなるのでしょう。VRVはない
ですか!(笑)7月25日には祝宴ムードでいたい
ものですね!(笑)
blog管理
2007/06/28 16:54
いつものさんこんにちは!
いったいどのようなDSLRとなって登場する
のかすごく楽しみですね!90周年記念に
ふさわしい内容として、ニコンも気合が入って
いそうな感じです!(笑)発売延期!?それでも
いいです!すぐに買えそうにないので、とにかく
発表さえしてくれれば!ゆっくり吟味できます
ので!(笑)それにしても楽しみですね!
blog管理
2007/06/28 16:58
Orcaさんはじめまして!
まあ、あくまでもうわさなので、検証のしようが
ありません。ただご紹介いただいたサイトの記事を
読ませていただくと、現状測距11点のうち9点が
クロスなのに、書かれているかたは11点全部が
クロスと勘違いをされて書かれているように読め
ます。なのでクロス9点のうわさのほうに現実味
を感じます。というのも、今のD2シリーズのAF
システムをベースに発展させたものが新しいAF
システムだとすればクロス9点というはなしは
個人的には納得がいくものだと思っています。
さてさて、いろんなうわさがあってなにを信じるか
取捨選択でスペックを予想するのは楽しいですね!
URLにD2シリーズのAFの解説をリンクして
おきました!ご参考まで!
blog管理
URL
2007/06/28 17:16
yamatakaさんこんにちは!
創立記念日を飾る!ありえそうでしょう!(笑)
というのもキヤノンが今年の創立記念とEOS誕生
記念を盛大におこなうことがわかっていてニコンが
90周年になにもしないわけがないと思うのです!
おっしゃるとおりなにも発売しなくてもいいんです!
(笑)ど〜んと発表さえできれば!(笑)
それで面子がたつわけですから!(笑)
そうですね!あとはセンサーサイズがどうなるのか
ですよね〜!きになります!1.1で手ブレもなし
だったらどんな反応になるのか。。。
1.1にするならせめて手ブレ!なしなら完全な
フルサイズを搭載してだしてほしいですね!
あとは、新レンズだ!(笑)
blog管理
2007/06/28 17:28
D3の発表、非常に期待しております。(購入は不可能ですが・・・)
7月発表なら、CAPAの予想が外れたことになりますね。
怒られそうですが、D300待ちの私としては、ついでにD200Xの予想も外れて欲しいところです。
ただ完成度の高いD200が、2年でフルモデルチェンジする事も考えにくいと思う時があります。
来年は北京五輪もありますので、D3のサブとしてD300もこの際、発売してはいかがでしょうか?ニコン様(笑)
ジャンセン
2007/06/28 22:31
ジャンセンさんこんにちは!
D3がでればその技術などが下位モデルにも
反映されると思うので買えるかどうかは別にしても
楽しみですよね!
うわさですからね〜、ほんとうにでてみてどちらが
正解だったのかを判断したいと思います!(笑)
D300に期待しているのですよね!なので、
D200Xというマイナーチェンジではないほうが
との気持ちわかります!
D200はおっしゃるようにほんとに完成度という
点ではいじるところがない感じですよね!細かな
ところでは、ユーザーにはいろいろあるのだと思い
ますけど。
オリンピックに備えては早くださないとプロユーザー
には使ってもらえなくなるらしいので、うわさの
時期よりおくれると浸透させるのがむずかしくなる
のかな〜。このあたりのプロユースの問題は素人に
はわからない部分がありますね。D200も一段と
パワーアップしてあわせてくるのか楽しみですね!
少なくともバッテリーの持ちは要改善かな。(笑)
blog管理
2007/06/28 22:58
はじめまして。
こんなにニコンの最新モデルについての情報があるブログがあるとは知りませんでした。つば飲み込んで読んでいます。
僕としてはD3までの需要はないので、D300かD200xが気になるところです。

創立90周年&北京オリンピックということで、今が丁度良いタイミングですね。某デジカメ雑誌でもニコンの開発者がハイエンド機に関しては「乞うご期待!」と含みを持たせていましたし……。
僕としては、画素数やフォーマットはそのままで画質向上を望みたいですね。
フォトグラファー猿
URL
2007/07/06 11:35
フォトグラファー猿さんはじめまして!
ブログを書き始めた当初はいろいろなジャンルに
ついて書いていたのですが、昨年のフォトキナ前
ぐらいからDSLR中心になってしまいました!
(苦笑)
ネット上をかけめぐるさまざまなレベルのうわさを
ちょっとだけ分析して遊んでいるようなブログです。
(笑)通称D3は自分でもなかなか買えないとは
思いますがそれがでることで技術も進みさらに
下位モデルにフィードバックされるという意味で
登場にはとても関心を持って記事もかいています。
今年は調べるとほんとうにニコンもださなくては
いけないタイミングにあたっている感じで、
おっしゃるように関係者の積極的な発言もあり
期待は高まっていますよね!
ご期待のモデルがでるといいですね!そして多くの
ファンが喜ぶようなモデルに期待しています!
また気軽にコメントしてください!ケイ!
blog管理
2007/07/06 15:38
D3ニコン社内でのお披露目は7月10日?! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる