きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンVRレンズ独自機能!三脚検知機能はご存知?

<<   作成日時 : 2007/06/01 03:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 手ぶれ補正の機能について一時、興味をもって調べていましたがその興味もひと段落という感じで、ほぼそのことについてはもうわかったと思っていましたが、どうしてどうしてまだまだ知らないことがありました。VRは奥が深い機能です。

 もうご存知のかたはここから先は飛ばしていただきたいのですが、VRつきのレンズを三脚にのせたばあい、VR機能のスイッチはOFFにするのかONにしたままでいいのかこのあたりの事情はご存知でしたでしょうか。自分はむかしVRが登場したころの知識しかなく、当然OFFにするものと思っていました。

 この答え、ごく簡単にいうと、どちらも正解ということでした。ニコンのホームページの、VR技術について書かれた記述には、以下のようにありました。

 「三脚を使用した場合でもブレの影響を受けることがあります。三脚を使えば、ブレが防げると思われがちですが、撮影時に跳ね上がるミラーやシャッターの動き、風の影響などでブレが生じる場合があります。手ブレとは異なる種類の動きになるため、ニコンのブレ補正技術では、それを自動的に感知して三脚ブレを補正する機能も搭載しています(一部レンズ)。」

 と、あるように、一部レンズには三脚にのせたばあいに、そのことを検知して自動的に三脚ブレを補正する機能まで搭載されていたのです。これは初期のVRつきレンズにはなかった機能で、三脚にのせて撮影する頻度の高いと思われるレンズについて後から開発された(追加?)機能のようです。この三脚ブレまで検知するVRを搭載したレンズは、そのレンズの説明書にそのことが書かれていて、常時VRをONにするよう推奨しているのだとか。

 これは知りませんでした。冒頭で奥が深いと書いたのはこのことだったのですが、以前紹介したニコンのホームページにできた『VR 手ブレ補正(VR)機能の真価』という、スペシャルサイトのコーナーには『ニコンVR独自の機能』として『三脚検知』という項目までちゃんとありました。しかし、そのコーナーは「このコンテンツは準備中です」となっていて、まだ紹介が始まっていませんでした。

 くわしく調べたわけではないので、何本のVRレンズに三脚検知の機能が搭載されているのかわかりませんが、簡単に調べたところでは、VR 200F2G、VR 300F2.8G、VR 200-400F4Gあたりに搭載されて三脚使用時もVRはONを推奨しているようです。そして、それ以外のVRレンズは三脚使用時、VRはOFFが推奨とのことのようでした。いまだにVRレンズとは縁がないため三脚時ONというレンズも体験したことはないのですが、すごい機能だと思いました。

 この手ブレ補正という機能、ボディ内蔵とレンズ内臓とではどちらがいいのかという議論がいろいろとなされていますが、大昔のAE機能が一眼レフに搭載されだしたころの、絞り優先がいいのか、シャッタースピード優先がいいのかといった論争に似ている感じがします。その後プログラムモードなんてものがでるにおよんで、さらにAもSもPモードも搭載した一眼レフが登場するにいたって論争は無意味なものとなって、だれも論じることはなくなりました。

 手ブレ補正の機能もそんな感じで、レンズにもボディにも適宜搭載して、場合によっては両方の機能を有機的に連動させて高度な手ブレ補正までおこなうようになるかもしれません。すでにオリンパスではそのような特許の出願もおこなわれているようで、実際に同社ではオリンパスがボディ内で同じフォーサーズのパナソニックはレンズ内というように今はわかれていますが、将来その出願された特許が動きだし、いままで想像もしていなかったような機能が実現されるかもしれません。

 ところで、ボディ内に手ブレ補正機能を搭載したカメラは三脚使用時は、ONかOFFといった説明が取り扱い説明書に書かれているのでしょうか。ペンタックスもソニーもそのあたりの詳細まで、はあくしていないので、今度研究してみようと思います。


【資料】
ニコン
企業情報 ニコンについて 技術紹介 ニコンテクノロジー 
ソフトウエア・システム技術 VR(手ブレ防止レンズ) 《以上、HPの階層》
『手ブレをさまざまな角度から繊細に補正 VR(手ブレ補正)システム』
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/profile/about/technology/nikon_technology/vr/index.htm
ニコンイメージング
VRスペシャルサイト 『VR 手ブレ補正(VR)機能の真価』
http://www.nikon-image.com/jpn/event/special/vr/index.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
私もVRレンズは三脚に乗せたときはVR機能をオフにするものだと思っていました。
一部のレンズだけとはいえ、三脚検知機能なるものがあったんですね、知りませんでした(^_^;

ニコンとキヤノンは以前からレンズ内手ブレ補正を採用していたため、ボディ内手ブレ補正を搭載すると手ブレ補正同士が干渉しあうから今後もボディ内手ブレ補正機能は搭載しないだろうというようなことを以前どこかのサイトで読んだことがあったような気がするのですが、今年オリンパスがE-510を発表したことで、技術的問題も解決したのでしょうから、いずれニコンとキヤノンもボディ内手ブレ補正を搭載するかもしれませんね。

もし、技術的問題でなく、高い手ブレ補正付きレンズを売りたいがためという思惑を持っているとしたら別ですけどね(^o^;
yamataka
2007/06/01 14:51
連続投稿スミマセン。。。
私のブログのトップページにリンクの欄を作りました。
ケイさんのブログも掲載させて頂きました。
事後報告になってしまって申し訳ありません。
yamataka
2007/06/01 14:53
最近の手ぶれ補正レンズは凄いんですね!
三脚検知機能というのは知らない機能でした。
(とはいえ搭載されているレンズは購入の予定がまったくない3本ですが・・もちろん欲しいけど・笑)
200mm以上だとやはり手振れ補正は欲しいですね。

旧いミラーレンズなんかを使う時にはボディ内の手振れ補正とかあったら便利だろうな〜と思います。
ボディ内補正が出来たら、コンパクトだけどちょっぴり暗い望遠レンズなんかもグッと魅力的になりますよね。
ささ
2007/06/01 17:31
yamatakaさんこんにちは!
いや〜自分も知りませんでした!(苦笑)
ニコン独自ということで「IS」にはない機能
なのでしょうね。
「干渉しあうから採用しない」と書いたひとは
あまり知識のないひとなのですかね。(笑)
オリンパスのE-510はレンズ(パナ)と
ボディ内手ブレ、それぞれがONになっている
場合は、自動的にボディ内手ブレを有効にする
ように制御します。
ニコンもキヤノンもボディ内手ブレをどうする
のか興味がありますね!
ニコンは研究していると表明していますが、
コンパクトカメラではもう実現しているので、
DSLRに載せようと思えばいつでもできそうな
感じもしますけど、そんなに簡単なことではない
のでしょうかね。
リンクの件はよろこんで!もちろんOKですよ!
わざわざご連絡ありがとうございます!
でもトップはきはずかしい感じです。(笑)
blog管理
2007/06/01 22:53
ささサンこんにちは!
そうですね!VR機能見直しました!
とはいえ、なかなか手にできそうもないレンズに
搭載された機能ですね!(苦笑)
おっしゃる通り、ボディ内手ブレをニコンが採用
する場合ペンタックス方式にして、AF以外の
レンズにも連動するようにしてほしいですよね!
じゃないとボディ内に搭載したメリットが減少して
しまいますから。
あのズームマイクロをボディ内で使えたらいいな
と思います!でもマクロ域ではあまり効果が期待
できないか。。。ないよりましかな。(笑)
blog管理
2007/06/01 23:00
手振れと三脚使用時とブレが違うんですね。同じように補正できるものだとばかり思ってました。

ペンタが確か広角系はボディの方が補正しやすいようなこと言ってませんでしたっけ?どうせならハイブリッドな手振れ補正して欲しいっす。ボディ内で補正できるようになるとFマウント様々になるですもんね〜
ニコンも当然考えてると思うんだけどな…
凧tako
2007/06/05 21:15
凧takoさんこんにちは!
三脚のぶれまでめんどうみてくれるとは、
調べるまで知りませんでした。
ありましたね。ボディ内のメリットのはなし。
両方の補正機能を連動させるものは先になりそう
ですね!一番乗りはオリンパスのようなきもします!
ニコンからもD40クラスにボディ内手ブレを
早くのせてほしいですね!
blog管理
2007/06/05 23:36
ニコンVRレンズ独自機能!三脚検知機能はご存知? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる