きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS D40のおはなし!Mモード撮影時のヒント?!

<<   作成日時 : 2007/05/29 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 ひさしぶりにD40のおはなしでも!最近新しいレンズを購入したのはもうご存知の通りなのですが、そのレンズを使っていてD40のちょっとした使いやすいと思った点がありました。ほかのカメラでも同じようなものはあるので、D40に限ったことでもないのですがニコンではこのカメラが初めてなのでこれはいいぞと思ったことについて書いてみます。

 といっても、そんなにおおげさなことではないので最初に断っておきますが、ニコンでは同社のデジタル一眼レフとしてはD40で初めて、右手のグリップの上にあった情報表示用の液晶画面を廃して、そこに撮影モードダイアルを配置するというレイアウトを採用しました。

 今までは左側(カメラの後ろかたみてD80など)に配置していた撮影モードダイアルが右側にあることで、D40を使っているうちに意外な使い方を自然とやっていることにきがつきました。

 それはマクロ撮影などで、一定の光量で安定しているような撮影条件の場合、カメラになれているひとなら露出をマニュアルに切り替えて撮影したほうが、露出補正をしながら撮影するよりてっとり早いということはよくあると思うのですが、そのような撮影の際にこの撮影モードダイアルが右側に配置されたことで、左手はレンズをささえたままで右手の指先だけで(中指から小指はグリップにひっかけたまま)モードを切り替えて、簡単に露出決定の操作をしやすいと感じたことでした。

 この撮影方法は個人のくせのようなものになると思いますので、一般的ではないかもしれません。なので、おすすめするものではないのですが、興味があれば試してください。最初に露出をみるために絞り優先(A)かプログラム(P)で露出を見ます、そしてそのままシャッターを切って1枚試し撮りをします。そのデーターをもとに、ヒストグラムや白とびなどを必要に応じてチェックします。

 次に撮影モードダイヤルを右指でくるっとまわしてマニュアルモード(M)に切り替えてその参考データーをもとにして、絞りやシャッタースピードを決めて撮影します。このAやPのモードとマニュアルモードとの行き来が右指だけで簡単におこなえることでD40でマニュアル撮影がとても敷居の低いものに感じられるようになりました。

 この露出データーを取りながらのマニュアル撮影のやりかたでは、実際にカメラを構えてためしていただくとわかりやすいと思うのですが、個人的にはAモードで希望の絞りをコマンドダイヤルで決めて、そのままMモードにすると、すでにセットした絞り値がAモードから引き継がれるのであとは、Mモードでシャッタースピードセット用に切り替わったコマンドダイヤルで(露出補正代わりの微調整をおこなう感覚で)シャッタースピード(先のヒストグラムなどのデータを元に自分で決めたシャッタースピード)を決めて撮影できます。

 ちょっとわかりにくい感じだったかもしれませんが、D40で、マニュアル露出撮影(AFレンズを使用の場合の)のやりかたとして、参考になればと思いました。これはAiレンズなど最初から露出の連動していないレンズでは使えない方法ですのでご注意ください。カメラを後ろからみて、撮影モードダイアルが右側にあることで、簡単にAとMが瞬時に切り替えられるということから、自然と身についた撮影方法でした。

 文章にするとなんだかすごくめんどくさそうな感じもしますが、一度D40で実際に操作してみて、なるほどなと思えたかたは、このマニュアル露出のAモード参考撮影法が使えると思います。


【資料】
デジタルARENA nkkei BPnet
コラム 塙真一のデジカメズバッと一刀両断
小型軽量ボディーに加え、6万円を切る低価格を実現。
ファミリー向けデジタル一眼 D40(ニコン)
http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20070427/121818/index.shtml

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
マニュアルモードはバルブ撮影しか使った事がありませんでした。早速部屋の中で試しましたが、なるほどなるほど、こう言う事か!
次は屋外で実践してみます。情報ありがとうございました!!
Silva
2007/05/30 00:45
Silvaさんこんにちは!
「なるほどなるほど、こう言う事か!」この
お言葉なにより嬉しいです!!
書いたかいがありました!この撮影方法は、
光量が一定の時に少しアングルを変えた時に
微妙に露出が変化するのを避けたい時などは、
特に有効です!
マクロ撮影でのおすすめは、被写界深度を考慮して
絞り値をまず優先して決定したいことからAモード
からMモードに切り替えるという方法が最良だと
思います!
また画像表示は最初にヒストグラムと同時に
画像が表示されるようにセットしておくと露出の
決定が早くなりますよ!
タムロンでのマクロ撮影で、この方法の実戦結果を
楽しみにしています!
blog管理
2007/05/30 01:40
なるほどと思わせる記事ですぅ。
私の知る範囲でのフィルム一眼では右側でモードも決めてましたものね。D80など左で変える使用だったのね。参考になります。D40は過去のカメラからも移行しやすい機種なんですね(b^_-)
マニュアル、ある意味AEロック的使い方ですな。
凧tako
2007/05/30 08:07
私はD80を使う前にフジのFinePix S9000を使っていたのですが、このS9000は右側にモードダイヤルがあるので、もしD40を買っていたらほとんど同じような操作で両機を使い分けられたかもしれません。

まあD80の方はニコンのスタンダードなAFカメラと同じレイアウトなので、従来からニコンを使ってきた人にはD80の方が慣れているかもしれませんけどね(笑)
私もF60を使っていたのでその点ではD80の操作もさほど違和感はありませんでしたが、どちらかというと私も右側にモードダイヤルが付いている方が使いやすいとは思います。

ところでフジのこのシリーズは電源レバーもニコンと同じくレリーズボタンのところにあるので、ニコンユーザーもわりと違和感なく操作できるのではないかと思います^^
yamataka
2007/05/30 10:47
凧takoさんこんにちは!
ありがとうございます!風景などをよく撮られる
凧takoさんには、けっこう便利な使い方というか
使える露出操作になるかもしれませんね!
おっしゃるようにAEロック的な感じですね。
マクロなどのクローズアップでは花が画面にしめる
割合の変化で、特に背景が暗い時などはAEだと
敏感に露出が変わり、露出補正をかけるより
マニュアルで撮ったほうが手っ取り早いんです!
(短気という説あり 笑)
早くD40を手にしてこのやり方、試してみて
ください!使用レポート待ってます!
blog管理
2007/05/30 16:38
yamatakaさんこんにちは!
yamatakaさんはAFレンズでのマニュアル露出の
撮影したことはありますか?
AiレンズではD80で完全マニュアルの撮影を
されているので、マクロ撮影などをAFレンズで
おこなう場合、この方法はD80でも使えます!
単に撮影モードダイアルが逆にあるというだけ
ですので!右手でダイアルを操作される場合は
カメラから一旦手を離すことになりますが、
AとMの行き来ですばやくマニュアルの露出
決定ができるようになります!その際には
上でも書きましたが、ヒストグラムの表示を
するモードにしておくとより早く露出を
決められるようになると思います!
一度試してみてください!
blog管理
2007/05/30 16:49
D40のおはなし!Mモード撮影時のヒント?! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる