きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのフルサイズのうわさが次々と!どれがほんと?

<<   作成日時 : 2007/05/23 00:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 いろいろな方面からニコンの新モデルに関するうわさが流れだしています。このところ特に多いのはニコンのフルサイズ機に関するうわさの数々で、撮像素子サイズと画素数がそれぞれセットで、ほぼ二通りのはなしとなって交互に流れてくる感じです。そこに今度はいままで一度もうわさの発信がなかったと思われる地域からのはなしも加わってなんだかにぎやかになってきた感じです。

 インドニコンによると、ということでインドニコン自体があるのかどうか、このブログではニコンのことをよく書いていますがインドニコンは知りませんでした。でも知る限りインドから初と思えるうわさの発信ということで、おもしろいのでとりあげてみたいと思います。

 インドニコンのサービスマネージャーのはなしとして、2000万画素のフルフレームカメラが2007年の9月に登場するという、うわさがありました。そしてそのカメラは高ISO感度でとてもよい性能をもったフルフレームカメラだとしていました。

 と、はなしとしてはこれだけなのですが、つい数日前にでたうわさの1.1倍で1870万画素というはなしとは、かぶる部分が一切ないということで二通りのほうのもうひとつに分類されるうわさのひとつという感じです。しかし今回新しいのは画素数に関するはなしで2000万画素ということで、このようなきりのいい数字はいままであまりきいたことがないと思います。

 たんにだいたい2000万画素クラスですという意味で2000といったのか、そのあたりのことははっきりしませんが英文でははっきり「20MP Full frame」と書いてあるところをみると、「だいたい2000万画素」という意味ではないのかなという感じもしてきます。

 あるところでは、「意図的なリークが始まった」という意味深なことを書いているかたがいたり、また、これからデジタル一眼レフの二極化が進むとして、今後フルサイズ化のアプローチが始まるとして、そのメーカーはキヤノン、ニコン、ソニーの3社で、どこが主導権を握るかが焦点になるとし、さらに他のメーカーはAPS-C(ペンタックス・シグマ?)とフォーサーズ(オリンパス・パナソニック)にすみわけをはかっていくと意味深なことを書いているかたもいました。

 高感度域の画質を高度に高めながら、高画素をもとめていくと余裕をもとめてフルサイズという流れになっていくというのは、ある意味必然なのかもしれません。大量生産によって撮像素子のコストが下がり現在のAPS-Cのような汎用素子として流通すれば、商品価値的には、フルサイズというのは次のバリューになるのは確実かなとも思われ、そういった流れになるというはなしもありえそうな感じもしてきます。

 今はまだフルサイズの撮像素子の価格は非常に高価で、現実的に想像ができにくい感じですが、ニコンのD1登場前後のデジタル一眼レフの価格から今のD40の価格を想像できたひとはそんなにいないのと同じで、フルサイズ機もそう遠くない日にD200ぐらいの価格で購入できる日もくると思います。

 現実にはモデルレンジの長くなったEOS-5Dの価格が海外などではだいぶこなれてきたことからも、3社主導のフルサイズ機開発合戦は意外と現実のものとなるのかもしれません。と、今日は個人的な希望がかなりはいってしまいました。


【注意】
 ここに書かれた内容は、あくまでもうわさの域をでないはなしです。今までにでてきた、うわさと各種情報などを総合して書いたものでここに書かれた内容はあくまでも未確認のおはなしです。実際にこれから発表されるのかどうかに関しては全く不明です。 こんなはなしもあるのかといった娯楽程度にお受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ケイさん、例のブログですけど続報が出てますね。
あまりに具体的すぎるので、どうも1.1倍1870万画素というこれが本物っぽい予感がしてきました。
意図的なリークといったのは、たぶんあの人が事前に仕入れていた数字とぴったりするものだったからではなかろうかと。
他ルートで噂のあった新レンズ群というのは、Fマウントで1.1倍のサイズを実現するためのものと考えれば辻褄が合いますし。
クロップモードはCMOSでないと実現できない。今回のはCCDだからDXモードへの切り替えは無理、ということなんでしょうかね。
ニコンはFマウントを前提としたセンサーが必要なためにこのセンサーをソニーに作らせていたとすれば、ソニーのとんがり帽子に載るセンサーはこれとは違うものじゃないかという気がしてきました。
まあこれで確定と決まったわけではないのですが。
しかしインドの情報はいったい何だったんでしょうね?
fortunati
2007/05/26 21:47
fortunatiさんこんにちは!
当該記事読まれましたか!だけどあれれ?
25日の記事は読まれてませんか?その記事は
すごいことが書かれていて、いまから記事を書こう
と思っていたところでした!なんだかニコン凄い
ことをやらかすというか、凄いフラッグシップを
作っている予感!!!このどきどき感を少し
落ち着かせてから書こうと思ったほどです!
ところで、1.1倍の件はほんとに不明ですね!
blog管理
2007/05/26 22:28
ソニーの手ぶれ補正用としてのマージンを取った
ほぼフルサイズ(1.1)とニコン用のフルサイズ
撮像素子とがごちゃ混ぜになっている感じがして
います。個人的には。これなら別物なのでニコン用
が1年の独占使用といううわさも納得がいきます。
25日の記事でもCCDということでDXは
切り捨てとあり、クロップもないようですね。
ソニーとニコンは撮像素子の開発では密接な関係に
ありニコン用フルサイズを開発して、ソニー用は
その素子を切り抜くイメージで画素数が少ないと
いうことで、ニコンのフルサイズのうわさの画素数
に諸説でてくる原因じゃないかと思います。
fortunatiさんの仮説はかなり説得力もあり合理的
だと思います。それでもニコンには完璧な
フルサイズを作って欲しいという勝手な思いで
自説を書いてしまいました。すみません。(笑)
25日に記事ぜひ読んでください!
blog管理
2007/05/26 22:28
ニコンのフルサイズのうわさが次々と!どれがほんと? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる