きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのD3は7月に発表か?

<<   作成日時 : 2007/05/15 03:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 ニコンのD3に関するうわさがぽつぽつとひんぱんにでだしてきて、うわさが活発になるとだいたいの場合、その後それほど時間をおかずにそのうわさの新モデルは登場することから、ニコンの新モデルもそうおそくない時期に登場しそうな感じになってきたのかもしれません。ただ新モデルの内容はフルサイズ機とHモデルのはなしが交錯しているようですっきりしません。

 そんななかイギリスからD2Xsよりファイルサイズの大きな新モデルが夏にも登場するといったはなしが流れているようです。そしてその新モデルはD2H(s?)より早いというのですが、これはなにを意味するのか不明ですが、コマ速がアップしているということなのでしょうか。

 これに似たうわさは国内でも流れているようで、7月にもD●Xが登場するというはなしと、D●Hが登場するという、二通りのはなしが流れていて、このあたりの真偽もはっきりしていません。D3の世代になってもD3シリーズということでXとHの2本立てとなっての登場なのかきになるところです。

 D3Xがフルサイズ機でD3Hがやはり報道スポーツ向けに特化したハイスピードモデルでAPS-Cモデルとして、撮像素子サイズでクラスわけがおこなわれるのか、興味のあるところです。一説には、フルサイズ機の撮像素子はソニー製のCCDといううわさもあって、そうなると以前うわさされていたD2Xで採用されたクロップモードが、フルサイズ機では搭載が不可能となりそうで、そのことからD3Hの存在はやはり必要となるのではないかというみかたもあるようです。

 同じボディで、フルサイズとAPS-Cという撮像素子サイズの違いで差別化されたD3シリーズなら機種間の役割もすっきりと整理されて用途もはっきりとわかれそうな感じです。でも実際にそのようなラインアップが存在しているのか、こればかりはふたをあけてみなければわからないので、でてのお楽しみという感じです。そもそも撮像素子サイズの違うカメラ同士をD3シリーズとするのかといった疑問もありますが、ニコンもキヤノンのEOS-1Dシリーズのように撮像素子のサイズで用途をわけることになるのかこれも興味のあるところです。

 D3とされる新モデルでは、ニコンのカメラとしては思い切った多点測距と新画像処理エンジンの採用による低ノイズ化やライブビューの採用などがうわさされ、この次期フラッグシップモデルに関するうわさでは発表時期に関するものも具体的になっていて、先に紹介したように7月という具体的な発表月まででています。具体的なはなしがでだしてきたことで、いよいよ発表もカウントダウン状態にはいりつつあるといえるのでしょうか。

 ボディのはなしとともにレンズのリニューアルもうわさされていて、発表時期がとりざたされだしていますが、仮に新モデルがうわさのように7月発表ということになると、時間的には最短で1ヶ月半しかなくなるわけでその短いあいだに、先行して新レンズを発表するのなら新ボディとともに、両方を同時発表したほうがインパクトは強くなるわけで、フラッグシップモデルとそれに対応した新レンズのラインアップの同時発表ということもあるのかもしれないと思えてきました。夏に向けて、ますます期待が高まっていきそうな展開となりそうです。


【注意】
 ここに書かれた内容は、あくまでもうわさの域をでないはなしです。今までにでてきた、うわさと各種情報などを総合して書いたものでここに書かれた内容はあくまでも未確認のおはなしです。実際にこれから発表されるのかどうかに関しては全く不明です。 こんなはなしもあるのかといった娯楽程度にお受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ホントかなぁ・・・・。
って、真異は別にして楽しみなことではありますね。
D80二台分くらいの金額でフルが買えるようになったら心がグラグラ動くかも。

DX揃えるの少し考えてみます。
可えるぴあの
URL
2007/05/15 08:07
可えるぴあのさんはじめまして!
でるまでは、ほんとかなぁ〜ですよね!(笑)
まあ、うわさということで!
撮像素子の価格は少し時間がかかりますが
確実にさがりますので、いつかはそのような
時がくるとは思います!
VR18-200と50mmがあればほとんどの
撮影はOKですよね!レンズ選びは慎重に!
なんて、ひとにいえる立場ではないのですが。。
(笑)
ブログ楽しく読ませていただきました!
D80のご購入おめでとうございます!
またゆっくりと拝見させていただきます!
blog管理
2007/05/15 15:45
ふと思ったのですが・・・
比較的入手しやすいフルサイズ、いつか出ると思います。
が、レンズってどうなるんでしょう?

最初に出るフルサイズはおそらく新・大三元レンズがあてがわれると思います。
ですが、その後に出てくるリーズナブルなフルサイズに当たるレンズって出るのでしょうか?

う〜ん??そもそもニコンは何が問題でフルサイズ用にレンズをリプレースするのでしょう?
キヤノンを見ているとフルサイズ用に特別何かをしているようには思えないのですが。。。

ちょっと独り言でした。
marusuke
2007/05/16 19:23
marusukeさんこんにちは!
中級モデルのフル機早くだしてほしいですね!
想像ですがたぶん今後でるリニューアルレンズは
全部フル対応になっての登場だと思います。
(DXは除く)リニューアルはFマウントの径の
小ささからよりテレセントリック性が重要な
ポイントになるためではないかと想像しますが
違うかな。
キャノンはどんどんレンズをリニューアルして
いると思いますよ!16-35は早くも2代目です
し、85F1.2もUになってますし28-70も
24-70に変わりました。どんどん変えていって
ると思います。対してニコンはなんとも慎重に
というのかていねいに設計しているところなのか、
なかなかでませんね!(苦笑)
キヤノンは大分にレンズ工場を作ってどんどん
新タイプをリリースするとしていますので
これからもEFのリニューアルは積極的に
おこなっていくものと思われます。
blog管理
2007/05/16 20:46
こんばんは!
はい、語弊があるといけないのでその辺はご容赦いただければ、と思うのですが・・・。
キヤノンは5D自体が高価ですから適材適所なのかもしれませんが、おっしゃったレンズや24-105F4などは確かにそうだと思いますが少々高価なレンズ達のように思います。

一桁万円(悪意はないのでご容赦ください)で購入可能なレンズにEF-Sレンズを中心にすえているあたり棲み分けというかキヤノンの戦略を感じるのですが、ニコンも将来的にどうするのでしょう?

ニコンから先日発売されたVRの75-300などはひょっとしたらフルサイズ対応してあるのかもしれませんが、キヤノン、ニコンともこのクラスのレンズにどのような対策をしてくるのかな、とそんな疑問があり書いてみました。

marusuke
2007/05/16 21:58
marusukeさんどうも!
いえいえ、おっしゃるとおりだと思います!
まだまだ高いレンズがデジタル(フルサイズ)対応
になった段階でしたね。それ以外はEFSで対応
という流れですね現状は。
単焦点の広角などは、未だにUSM化もされて
いませんね。このあたりが最新の大分工場で
これからリニューアルされていくのでしょうか。

ニコンは単焦点にもズームにもそれぞれ順次、
リニューアルをしていくような感じがしています。
ただこればかりはキヤノンにしてもニコンにしても
想像の域をでないので、なんともいえないのですが
ニコンの今年のレンズの売り上げ見込みが前年比
30%以上も見込んでいて昨年度からみると60%
近い売り上げ増を見込むということでもあり、
今年それだけ、さらに売れる材料を用意しないと
達成は無理かとも思えることから、結構な本数の
リニューアルレンズがでるのではないかと想像
しているところでした。
単焦点(明るいとかコンパクト)の要望が多く
あることはニコンでも把握していると思うので
なにか答えがありそうだと思いませんか。(笑)
blog管理
2007/05/16 22:43
ニコンのD3は7月に発表か? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる