きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS PIE 2007 レポート!第2回

<<   作成日時 : 2007/03/25 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 PIEレポートの第2回目は、ニコンのD40xをさわってきた!ということでニコンブースからの報告です。PIEでは発売前のD40xをいち早く試せるということでニコンブースはすごいひとでにぎわっていました。ほかにもオリンパスの期待の新星E-410とE-510にも接近遭遇してきましたのでその報告なども同時にお届けします。

 まずはソニーということで、前日書いたような収穫を持って次に向かったのはニコンでした。D40のヒットで勢いに乗るニコンは、きのせいかブースにも活気がある感じでD40xをみにきたお客さんでカウンターには簡単に近づけないほど。なんとかひとりじめしているひとたちの品定めが終わって手に取ることができました。

 さて雑誌で書かれていたシャッターの違いによるD40とD40xのフィーリングの違いはあるのか、またコマ速の違いは感じるのか、実際に試す時がやってきました。D40xの市場投入とともにWレンズキットとして発売されるVR付きの55-200mmの装着されたD40xでフィーリングチェック開始です。

 ブースの周りのてきとうなところにピントを合わせて軽くシャッターを押し込むとD40にくらべほんの少し甲高いシャッター音でシャッターが切れ、連写モードに設定したD40xは軽やかにファインダーが瞬きながら軽快な連写を始めました。う〜ん、なんかいいぞこれ!シャッターの感触は確かにカメラ雑誌に書いてあったように、はぎれがいい感じでした。

 2.5コマ秒から3コマ秒に少しだけ早められた連写速度は体感的にコンマ5以上の軽快感を感じさせました。これは少しだけ音質が高めになったシャッター音も作用して軽快な感じを与えているのかもしれません。D40とD40xのシャッターが変わったことによる感触の差は、D40を使っているひとならほとんどのひとがその差を感じることができると思います。

 しかし、その差はもう個人の趣味の世界というか、どちらをより好ましく感じるかというぐらいのちょっとした差に収まっているといっていいようなもので、フイルム時代から一眼レフを使っていて、フォーカルプレーンシャッターの感触になれているひとは、D40xのシャッターを切った感触が好ましく感じるかもしれませんし、また長年一眼レフを使っていても静かなカメラや音色の穏やかなシャッター音の好きなひとはD40がいいと思うかもしれません。

 おもしろいことに会場では自分のD40で製品写真を撮っていて実際にD40xをさわる直前まで写真を撮っていたのに、意外とD40xと厳密な比較ができていなかったことでした。写真を撮っている時はシャッター音にまで注意を払っていないのですね。特にうるさい会場では自分のカメラのシャッター音はかき消されて静かなD40はまったく音をきにするような場面がありませんでした。なので家に帰ってから改めてシャッターを切ってみて両者の印象の違いを確認しました。家で確認しているとD40の静かさと穏やかな感じのシャッターフィールのほうがいいなと思いました。D40xのほうが一眼レフで撮ってる満足感が少しだけ高いとは思いますけど。

 D40xのCCDとシャッターはD80と同じものだということで画像処理エンジンはD80とは違うとのことでした。そんなはなしをしながら、カウンターのニコンの担当者にレンズの要望も多いのでしょうとはなしを振ってみると、本当に多かったようでカウンターでカメラをさわったほとんどのひとからいわれたぐらいにAFレンズのリニューアルを要望されたのだとか。D40で使えるAF-Sの単焦点レンズに関してCAPAの動画配信で後藤氏がどんどんだすといってましたよというと、ほんとですかとまだみていないようでおどろいていました。

 その発言の通り期待していいんですよね。などと聞いてみると、ちょっと違った答えが返ってきました。ニコンはレンズを毎年4、5本リニューアルしてますけど今年もそのような感じになるのではないかと思いますといったニュアンスで、AF-Sの単焦点レンズに関しては、明るいものがでてくるのではないかと(個人的に)という感じの答えがちょっと歯切れ悪くごにょごにょという感じで聞こえたような聞こえないような感じでありました。

 1.4とか2とか明るいレンズを中心に。。。。えっ?、会場がうるさくて声が小さくてよく聞こえなかったのですがといいたかったのですが、周りの同僚の目で答えに困っているようなのでそれ以上はやめました。なんだか明るい系の単焦点レンズに期待が持てそうな感触というところでしょうか。

 マーク3を意識した発言もあり(後藤氏の)D2シリーズの後継ももうでそうな感じのはなしもしてましたよ。と聞くと、けっこうしゃべちゃうところもあるんですよね。と朝礼でその動画のはなしがでたことを教えてくれました。フラッグシップに関しては箝口令が改めてだされたのでしょうか。

 ニコンブースではこんな感じで終始楽しくカメラ談義をさせてもらって後にしたわけですがD40xは撮影セットが組まれていて、黄色のサイドカー付きのバイクとモデルさんを自分のSDカードで試写できるようになっていました。すべての会場を回り時間があれば試写もと思っていたのですが、あっという間に終了の時間となってしまい試写はできずじまいでした。

 続いて、オリンパスブースでは今回は国内で初のお披露目となるE-510と先行展示されたE-410を初体感してきました。E-510にボディ内手ぶれ補正機能が搭載されたこととそれにともなうボディの内部構造の変更でグリップが付いたことを除くとどちらのカメラも内容はほぼ同じ作りとなっていて、ファインダーの見えやシャッターの感触や音質などまったく同じといってもいい感じでした。

 シャッターを切った感じは、シャッター音が独特の音質でその切れはいい感じでした。ファインダーは明るくなった感じでとてもみやすく改良されている感じです。(E-330比較)オリンパスに関してはEシリーズになってから使い込んだという経験がないため突っ込んだおはなしができないので、あまりあてにならない感じですが、かなり苦労して小型軽量化に取り組んできたという感じは受けました。特にE-410はグリップがなくてもホールドにも違和感がなくちゃんと持てる作りになっています。

 ちょっとおかしかったのはデモ機のE-510に高級な300mmが付いていたことでした。この換算600mmでE-510で撮った画像を液晶画面で拡大してボディ内手ぶれ補正機能を確かめてもらおうという趣旨だったと思うのですが、せっかくの小型ボディの感じがつかめずよっこらしょと構えてシャッターの感触やファインダーの感触を確かめることになって一苦労という感じでした。

 意外だったのはそのレンズで超音波モーターでもないのにおどろくほどのなめらかさでピントが静かに合焦してこれなら通常モーターでもまったく問題ないなと思いました。実際にふれてみてわかるよさというものはまだまだあるものです。

 ケースの中に入ったE-1後継のモックアップに関しては、すでに写真でみたのと同じで特に感想はありません。初代よりいろいろな機構(ライブビュー)が搭載されるせいかペンタ部の押し出し感は写真でみた以上に強くなっている感じでカメラの存在感は十分という感じでした。あとは年内のいつごろになるのかということなのですが、これに関してはオリンパスの担当者さんもはっきりみえていない感じで、そのはなしぶりからは、なんとしても年内にだすということで動いているようすでした。意外とこれも年末商戦になるのでしょうか。

 ちょっとだけ、E-1後継は撮像素子の開発で手こずって開発が大幅におくれたという、うわさがありますよね。と質問したところ、う〜んといった表情で、まあいろいろと開発には大変なことを越える必要がありますからと語り、うわさではシグマ以外のメーカーでもフォビオン素子を採用するとささやかれていてオリンパスがE-1後継に載せてくるともいわれてますけど。と聞くと、プロユースのカメラにまだ開発年度の浅いチューニングのむずかしいものを使うのかということもありますよね。と語り意外なおはなしを聞けました。

 それよりダイナミックレンジの広い素子を採用したほうがそのようなユーザーのニーズには合っているのではないかと思いますよ。と話してくれて終わりに、そういう考え方もありますよね。と、あくまでも個人的なおはなしということとで、そういう考え方もあり、個人的にはフォビオンはフォーサーズにこそ最適な撮像素子だと思いますよ。と笑らいながらきさくにはなしを聞かせてくれました。これはなにかを意味するのでしょうか。うまくはなしを混ぜっ返させられたという感じで煙にまかれた感じでした。



【注意】
 ここに書かれた新モデルに関するおはなしはもちろん、メーカーの公式なはなしではありません。おはなしを聞かせていただいたご担当者のかたとの立ちばなしの域をでるものではありません。ここに書かれたことが正確なことなのかについては保証するものではありませんのでご注意ください。製品の発表時期なども世間話の域をでないはなしという程度にお受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「知っているけど言えない」これって苦しいですよね…担当者も大変だろうに。
やっぱ会場で直接話しを聞いてこられたレポートに重みを感じますね。担当者も構えてないというか気さくに個人として答えているようですもんね。
D40Xの画像処理エンジンの違いがどう現れるのか実写見たいです。よくD40より高繊細だけど絵作りがイマイチ、高感度がなんかも…みたいな話し聞くものだからね。購入に向かって2万の差を吟味せねばならんので(^_^;)
CAPA動画で今度はニコンの広報が出られててD40XとD80の間の機種(D60?)は「出しません」と明言してましたね(笑)
凧tako
URL
2007/03/25 08:42
凧takoさんこんにちは!
みましたよ!間のモデルはないようですね!でも
あのひとなにか知ってて今は言えないことがある
というような感じがしませんでしたか!
なにか隠してるぞ!きっと!なんてね。。。(笑)
レポート楽しんでももらえたようでうれしいです!
行って来たかいがありました!まともに聞いたら
なにも話はでてこないしかといって知りたいことは
山ほどあるしで、なんとかうまくのせて話を聞いて
みたつもりなのですが、、さてさて。(笑)
D80とD40xの違いはネットに出だしてますね!
D80はやはり素材重視傾向?(xに比べて)
D40xは華やか傾向なのかな。高感度はそんなに
心配しなくてもいい感じですよ!一段違うという
程度なのかな。D40の800がxで400とか
そんな感じみたいですよ。まだ厳密にはわかりません
けどね。その分ISO 100ではやはり高精細な
絵が撮れるので用途によるという感じかな。
あとは上でも書いたように微妙なフィーリングの差
にどちらが好ましく感じるかのほうがポイントに
なるかもしれませんね。
blog管理
2007/03/25 18:39
凄い情報量ですね。凄い読み応えです。
出張からかえってくる時に新幹線の中で堪能しました(^-^
なになに、明るい単焦点!?
なにが出るんだろう〜興味津々です!!
ささ
2007/03/25 23:55
ささサンこんにちは!
帰りの新幹線でとは、さすが情報通!
ネットの受信は問題ないのでしょうか。
会場がうるさかったので空耳だったのかも
しれませんよ!(笑)
でも、なにかしらでてきそうですね!
blog管理
2007/03/26 00:06
D40xのシャッターの感触はなかなか良いみたいですね、参考になりました。

ニコンの明るい単焦点のリニューアル、なんだかワクワクしますねぇ。
D40の売れ方を考えると、ビジネス的にもアリだと思うので、是非実現してもらいたいです。
kD
URL
2007/03/26 00:34
kDさんこんにちは!
D40xのシャッターの感触はいいです!
あっ、いっちゃった。。(笑)でもD40も静かで
悪くないですしどちらも好みの範囲だと感じました!
ニコンの明るい単焦点かは、あれですが、後藤氏が
CAPAのネット動画でどんどんだします!
と、言ってますし、そのあとの、
PIE動画ニコン河村氏に直撃!噂のボディやレンズの
動向について、という動画でもAF-Sのレンズを
だすと語っていますので、期待できると思います!
blog管理
2007/03/26 02:28
PIE 2007 レポート!第2回 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる