きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS D40の使用レポートを読んで!【 NX のアップデート発表 】

<<   作成日時 : 2007/02/15 02:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 以前まとめたD40のリンク集は想像以上に項目があって各デジカメ情報サイトの取り上げぶりにはびっくりしてしまいましたが、その後も項目は増えていてそのことが示すようにD40関連の記事はかなり感心が高いようです。

 使用レポートの中には「懐の深いエントリーモデル」というタイトルをつけて興味深い記事をかいているところもありました。いろいろなところにテストで持ち歩きハイエンドユーザーほど口を揃えて「いいねぇ」といったとあり、ニコンの操作性や質感はそのままに、ボディがコンパクトなことが評価されていたという。

 また600万画素クラスにおさえたニコンの選択にも好評価が寄せられているといい、別の情報では海外の評価でも、D40で改めて600万画素クラスで十分ではないかということが語られているようで、かなりの高評価となっているようです。この点は、ニコンの見識を評価したいと思うところです。

 また何度かこのブログでもよい点として取り上げている情報表示画面のグラフィックがやはり評価されているようです。D40で採用された情報表示画面はみやすくわかりやすいだけではなく、その画面からダイレクトに各設定項目にアクセスできることが評価されているようで実際のD40の操作性の良さを際だたせる役目をはたしていると思います。

 たまにD1Xなどを操作すると、設定項目へのアクセスの回りくどさに閉口してしまうほどで、インターフェースの大切さを思い知らされる感じです。このように比較するとほんとうにD40はよくできてるなとつくづく思います。レポーターもほかのニコンのデジタル一眼レフと併用していてD40の情報画面の表示が欲しくなると書いていました。

 あとはこのブログでも盛んに交わされている、D40に合ったレンズの充実がなんとか早急に実現してほしいと思うだけです。カメラがいいだけに、よけいもどかしい感じがつのってしまうようで、みなさんキットレンズの次の1本が決め手に欠くという感じで困っているという状況のようです。今、気軽にD40に装着して持ち歩けるAF-S対応のレンズはなにかないものかなと探しているところなのですが、やはり決定打がみあたらないのが困ったものです。

 そんな選択肢のないなか、シグマの10-20mm F4-5.6 EX DC HSM がきになっています。ちょっと大きい感じもあるのですが実際に装着するとどうなのでしょう。


【参考資料】
デジカメWatch のこの記事を参照しました。
『ニコン D40【最終回】懐の深いエントリーモデル』
Reported by 本誌:田中 真一郎
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/longterm/2007/02/14/5569.html

【関連記事】
『D40の情報が満載のリンク集!』(2007/01/20)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200701/article_20.html

【お知らせ】
ニコンのCapture NX のアップデートが発表されました。
デジタルカメラ用ソフトウェア 2007/02/14
Capture NX Ver.1.1.0 (Windows用) アップデータソフトのダウンロードについて
http://www.nikon-image.com/jpn/support/downloads/digitalcamera/software/nx/v110jw.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
D40のレポートであまり触れられてないのですが、ボディの作り込みの良さというのがあると思います。
シャッターの感触、結晶塗装の美しさなど安っぽさを感じさせないのがいいですね。
ペンタ部のNIKONロゴも彫り込みだし、D40のエンブレムもかっこいい。
手に取ったとき、「え、こんなに安くていいの?」と感じてしまいます。
MF単焦点レンズを取り付けても、ボディが位負けすることがありません。

使ってみると、プレビュー機能が無いとか、測光方法がメニュー降りないと切り替えられないとか、中級機と比べると物足りない点は有りますが、このコンパクトなボディを見ると許してしまいます。

僕がD40を買ったのは、AF-Sレンズでしかフル機能を使えないという制約を逆手にとって、じゃ、フルマニュアルで使ってみようかと考えたからです。
無い無いと不足を言い立てるより、出来る範囲で出来ることをやてみるのも面白いですね。
とにかく撮ってみる。
ランニングコストがかからないデジカメならではですね。
Summy
URL
2007/02/15 23:44
こんばんわ。
Summyさんが全てを語ってくれてますので、敢えてコメントはございません。

>無い無いと不足を言い立てるより、出来る範囲で
>出来ることをやてみるのも面白いですね。
目から鱗です。こういう考え方もあるのですね。
でも、出来る範囲が狭くても楽しいカメラですよね。
Silva
2007/02/16 01:00
Summyさんこんには!
>全てを語ってくれてますので、敢えてコメントは
ございません。
同感です!(笑)
>ボディの作り込みの良さというのがあると思い
ます。シャッターの感触、結晶塗装の美しさなど
安っぽさを感じさせないのがいいですね。
ペンタ部のNIKONロゴも彫り込みだし、D40の
エンブレムもかっこいい。手に取ったとき、
「え、こんなに安くていいの?」と感じて
しまいます。
ほんとに、おっしゃる通りだと思います!

AF-S専用と割り切ったコンセプトが実際に
販売してみたら全く問題にならなかったという
のもおもしろいですね!(ほぼかな?笑)
D40、実にいいカメラだな〜!
blog管理
2007/02/16 01:12
Silvaさんこんにちは!
そう言わずにぜひ、Silva節でのコメント
読ませてくださいませ!
そうなんですよ、ないものねだりより工夫という
のも写真の楽しみ、おもしろさだと思います!
出来る範囲が狭いと思うポイントがあれば、
聞いてみてください!なにか解決のヒントは
あるものです!(笑)
blog管理
2007/02/16 01:17
D40の使用レポートを読んで!【 NX のアップデート発表 】 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる