きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのフルサイズ機は2400万画素で07年中に登場?

<<   作成日時 : 2007/01/16 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

 ニコンのフルサイズ機の新たなうわさが流れていました。それがもし実現すればニコンファンにとっては朗報となることまちがいなしという感じです。今まででてきたいろいろなうわさや情報を整理してみるとぐっと現実味をましてくる感じです。

 アメリカのうわさがヨーロッパにまわっているのか、ネット時代を象徴するような情報のかけめぐりかたですが、それによるとニコンのフルサイズ機が2007年に登場するといううわさがあり、画素数は2400万画素程度とされ、懸念される周辺画質の低下に関してはライカがM8で解決したのと類似した方式で解決するというはなしがありました。

 去年の12月にも、ニコンはすでにCCDの開発を終えてフルサイズ機を3月にも発表するといううわさがでたばかりですが、今回のうわさでは今年中ということで、PMAにむけて発表するといったことにはふれていません。

 今回でてきた周辺画質の問題に関しては、レンズからの光が撮像素子の隅にまで届くようにする技術をニコンでは開発している。といううわさがすでに去年の4月にでていて、これが事実なら古いニッコールでもデジタルで使えるようになるとこのブログでも紹介しました。

 この周辺画質に関する対策の主眼は古いニッコールを使えるようにするのが目的というより口径の小さなニコンのFマウントでフルサイズ素子を問題なく使えるようにすることが第一の主眼だと思います。この周辺画質に関する技術的なはなしもでていることからニコンのフルサイズ機はマウント変更もなくとうぜんFマウントで登場するものと思われます。

 去年の9月にでたニコンのフルサイズ機のうわさでは、ニコンのお家芸となるクロップモードを搭載して、切り出しサイズはフルサイズに対してAPS-Cサイズに切り出すクロップモードとなるというはなしがありました。ひじょうに合理的なはなしで納得できます。もしクロップモードが採用されれば、D2Xsで搭載したようなクロップ時に余分な周辺をマスキングする機能もとうぜん引き継がれると思うので、DXレンズを装着してもさほど違和感なく使うことができ資産のもむだもなくなるのではないかと思います。

 ニコンのフルサイズを語る時にはずせないのはソニーの動向です。ソニーではα100の発表時からフルサイズ機の開発に関して含みを持たせた発言をしています。アルファーマウントのツアイスZAレンズは、フルサイズデジタルにも対応したものだということも当初から発表していて、最近ZAレンズの発売に関連して開発者インタビューでソニーの担当者がZAレンズはα100のためにだけに開発したものではないということまで語っていて、ソニーのフルサイズ機の登場もそう遠くないと思わせる含みのある発言という感じを受けました。

 ソニーとニコンは密接な関係で撮像素子の開発をおこなっていて現実にいつから撮像素子に関して両社が協業をおこない始めたのかは不明ですが、知る範囲ではニコンのD1開発の時から非公式にソニーの名前がでるようになったと記憶しています。

 去年の9月にはキヤノンEOS-5Dをベンチマークとするソニーのフルサイズ機開発のうわさが流れ、さまざまな発言ともあわせてソニー製フルサイズ機の開発は疑いのないことだと思います。今年にはいるとオーストラリアでニコンのD2Xと似たサイズのソニーのロゴをつけたカメラのフィールドテストを目撃したといううわさも流れ、ソニーのフラッグシップモデルの登場はいよいよ現実味をおびたものという感じがしてきます。

 このことからもソニーの撮像素子を採用しているニコンからフルサイズ機が登場してもおかしくない状況が整いつつあるように思えます。去年の8月にはこんなはなしがありました。ニコンイギリスのトップとされる人物のはなしとしてD80の発表会の場で、フルサイズ機の開発に関しては、ロードマップにはないとしながらも撮像素子の価格と品質のバランスがとれた時、つまりコストの問題が解決した時にお披露目できるときがくる。と、語ったといううわさがありました。

 この人物の発言にはほかのはなしもあって、D80以外にもこれからもう一つ発表されるモデルがあるとそのときはなしていたということです。そのD80に続いてでるモデルはプロ用モデルではないとその時すでに語っていて、その後発表されたD40の登場を暗にリークしていたことが裏付けられています。お披露目できる時期も近づいているということなのでしょうか。

 ニコンのフルサイズ機の登場はさまざまなうわさや情報、他社の動向などを勘案すると十分ありえる状況のように思えてきます。ただいまひとつ不明なのはその位置づけでD2Xsの後継でD3となりモデルチェンジに際してはボディデザインも変更されフルサイズになるといううわさもあるようですし、F6の後継モデルがデジタルになりフルサイズ機として次世代のニコンF一桁モデルとして継承していくというはなしもあります。このあたりのどういう形でニコンがフルサイズ機の位置づけでだしてくるのかということに関してはいまひとつはっきりしていません。

 また、ニコンのフルサイズ機に関連してはレンズにも注目しておく必要があると思います。ニコンではこれから単焦点レンズのAF-S化を進めていくことを表明していますが、フラッグシップと位置づけられるフルサイズ機の高い画素数にも対応できる性能を備えたレンズとしてだしてくるのは当然と思え、そのために新設計の単焦点AF-Sレンズとして登場するものと思われます。

 ニコンでは新しいVRU技術を核に新レンズを展開していくというはなしがありVRUを活用して開発した AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G IF はその第一弾という位置づけのようです。

 終わりに個人的な希望を書くと、ニコンのフルサイズ機はF6をベースに、視野率100パーセントのファインダーを搭載して、ニコンのF一桁モデルとして初めてゴミ取り機構も搭載したF7というネーミングの完璧なモデルとして登場してもらいたいと思います。

 F6はその開発コストを吸収するために将来のフルサイズ機のベースとしても視野にいれた開発をしてきていると想像され、可能性は高いと思います。ひとつ注文は、F6のへんなペンタ部デザインだけは引き継がないでもらいたいと強く希望します。

【注意】
 これは今までにでてきたうわさと各種情報などを総合して書いたもので、ここに書かれたものはあくまでも未確認のうわさです。実際にこれから発表されるのかということに関しては全く不明ですのでご注意ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ニコンの思い出
ismコンシェルジュ:ライフスタイルーデジタルフォトに懐かしいカメラの姿が有った。 初のマルチパターン測光(メーカーによっては分割測光とか評価測光と呼称)を搭載したNikonFAだ。 確か、私が写真を始めた頃に出たと記憶している。 が、当時、ピカピカのキヤノン党員だった私は「宿敵Nikonがぁ〜!」と云う腹立たしい想いを抱いた(笑) 時は流れ、キヤノンが評価測光を搭載したのはEOSの時代になってからだと記憶しているが、 最後のFDマウントカメラ「T90」にはスポット測光が搭載され、尚且... ...続きを見る
必撮!勤め人
2007/01/18 00:22

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
フルサイズモデルでAi-sニッコールが使えオートが使えなくても露出計も動けば最高なんだけどね。
後は価格。なんだか高価になりそうだね。やっぱD40かな(--;) 入門用にボディ内手振れ補正付けた機種出して欲しいよ〜

URL
2007/01/16 23:57
凧さんこんにちは!
なまえ省略ですか?(笑)
ニコンがもしフルサイズ機をだしたら、
マニュアルのAiレンズの連動は今のD2Xsと
同じ仕様になると思います。
価格はどうかな?こればっかりはちょっと
わかりませんねぇ。特に価格はいい加減なことも
書けませんから。想像はしていますけど。
入門用の手ぶれ付きですか。これもどうなるのか、
コンパクトに搭載したメーカーはほとんどDSLRに
搭載してきましたからニコンも例外ではないと
思うのですが、時期は。。。
blog管理
2007/01/17 00:17
2400万画素+フルサイズ。僕のチープな腕前でピント合わせられるのかがちょっと心配です(笑)

フルサイズのメリットとして、ボケ味とか色々いわれていますが、僕としては、全天魚眼が使えるようになるのがうれしいです。それと、実質的に広角側のレンズの明るさが増すのもいいですね。

周辺映像素子をずらすM8的なのは、望遠レンズで問題は出ないのでしょうか?個人的には、マウントかませて使えるということを条件に、いっそうの事マウント変更してもらってもいいとも思います。それを機会に、無理の少ない次世代を見たものになってくれると嬉しいかなと。
マスター
2007/01/17 07:19
いよいよ3月にはお披露目になるのでしょうか。
やっぱり最初はD2Xとか1Dsシリーズくらい大きく重いカメラになってしまうのかな?
個人的にはF3くらいの大きさが良いな。むりだろうけど
ささ
2007/01/17 13:14
マスターさんこんにちは!
これぐらいになるともうAFに任せるほうが
ピントは合うと思います。
全天魚眼ですか。そのレンズだとフルサイズが
必要ですね。確かに広角の自由度は増しますね!
画質にシビアなニコンが作るのですから問題ない
でしょう!(笑)
ニコンにとってもマウントの継続か変更か
悩ましい問題なのだと思います。
ただ今までの流れや以前読んだニコンの見解などを
考えるとなにかもの凄いブレークスルーがないと
Fマウントの変更はないと思います。
blog管理
2007/01/17 20:38
ささサンこんにちは!
3月のPMAで、でるんですかね〜
EOS-5Dの例もありまあすからF6ベースで
あの大きさに納めてくる可能性もありそうかなと
秘かに期待しているのですが。
D40でニコンの意地を見せてもらいましたから!
前に読んだ記事ではF一桁もデジタルになる時期が
来るようなニュアンスのことを言ってたような
記憶があるのですけど、ニコンのフルサイズは
F7でDSLRになると想像しています。
書いてしまった!
はずれてD3だったらど〜しよ〜(笑)
blog管理
2007/01/17 20:45
はじめまして
「ニコン フルサイズ」で検索すると良くこちらのサイトがヒットすることもあって、いつも興味深く拝見しております。

F3以来Fユーザーで、妻の実家でも偶然義父がFで妻の成長を撮ってきたこともあってF一桁に対する思い入れは人一倍です。

ちょっと生臭いですが、団塊世代の退職やオリンピックも絡めてF7をフルサイズで出してくる可能性は高く、D2Xs=F7、D2Hs=D3のような位置づけかな?などと勝手に妄想しています。

マニュアルAiに関する対応はおそらく管理人様の予想通りになるだろうと思います。
価格は量販店の店頭価格で60万円程度かな?とこれも勝手に予想して貯金に勤しんでいます。
marusuke
2007/01/30 20:45
marusukeさんはじめまして!
ヒットしてしまいましたか!恥ずかしくないような
記事を書かなくては!(笑)冗談はさておき、
いつも読んでいただいてありがとうございます!
いいお話ですねF一桁のお話!ニコン好きなかたに
読んでいただけて光栄です!
そのニコンF一桁を愛用されているかたの想像
だけに説得力があると思います。
「F7というカメラ雑誌の予想は単なる予想?」
(1月22日)の記事で書いたのですが、
アサヒカメラでも取り上げだしたぐらいなので
十分可能性のある雰囲気になりつつある感じです。

F7はF一桁の伝統を引き継ぎながら時代とともに
デジタル化され、D2XとD2Hは統合され
D3となるのではないかと思うのですが、こんな
ことを考えているうちが楽しくもありますね!

AFの単焦点もニコンでは楽しみにしていて下さい
と言い切ってますから、期待しているところです!
ぞくぞくとAF-S化された単焦点がでてきそう!
また気軽にコメントしてください!
blog管理
2007/01/30 22:29
あと、
F3に関してはこのブログのコメンテーターで
ささサンというかたがブログで興味深い記事を
いっぱい書かれています!このブログのトップに
フレンドリストという項目がありますので、
そこにリンクがあります!いろいろと参考に
なるかもしれませんのでよろしければぜひ!
blog管理
2007/01/30 22:32
ニコンのフルサイズ機は2400万画素で07年中に登場? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる