きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 山本容子さんの輝きをます感性にふれて!

<<   作成日時 : 2006/01/16 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 山本容子さんという銅版画家を知ったのは、NHKの番組を偶然見たことでした。感覚としては、つい最近知ったばかりのような感じがしています。というのも版画家を仕事の基本としつつも、その創作活動は、多岐にわたり、新鮮な感性は日ごとに輝きを増しているように感じられ、新らたな創作活動を知るたびに、新しい世界を見せてくれるからなのかもしれません。

 昨日放送されたテレビ番組では、そんな山本容子さんに密着取材をしていて創作の世界を一段と広げている最近のようすがよくわかり、わくわくする内容となっていました。

 このブログでは 『2005年のベストジーニストが発表 !』 (2005/10/01)という項目で、昨年ベストジーニストを山本容子さんが受賞したときに彼女のことを知るきっかけとなったいきさつについて書きましたが、98年にNHKで放送された 『山本容子のエッチング入門』 という番組を、たまたま見たことから興味をもつようになりました。

 『趣味悠々』 というシリーズで放送された番組には、同名の 『山本容子のエッチング入門』 というテキストもでていて、これはちょっとした画集になっていました。番組は著名人が山本さんのアトリエを訪ね、一緒に作品を作りながらエッチングの制作過程を紹介するという内容で、一回見て山本さんの作品世界に魅了されてしまい。それから毎回楽しみに、かかさず見ていました。それ以来、山本さんのファンになってしまい、作品展を見に伊勢丹美術館に足を運んだりするようになりました。

 昨日の番組では、2001年にルイビトンが表参道の店舗工事をする際に、工事用の囲いに、ビルの完成まで、毎日一つずつ作品がほのかな光で照らし出されて増えていくという作品製作を依頼され、単なる工事現場がアートスペースとなり当時話題になったことからお話が始まりました。

 銀座のフレンチレストランや、大阪のニューオータニに作られたチャペルの、空間プロデュースなどの最新の仕事から、本の装丁まで、多彩な活動が紹介され、またさまざまな女性誌のグラビアも飾るといった、自身のライフスタイルまでもが話題になるほどの人気ぶりについて取り上げられていました。

 番組では、山本さん独特の銅版画の制作過程も詳しく紹介していて、作品の刷り上がる過程も、見ることができました。以前、テレビで見た時には、フランス料理に凝っていたのですが、今はタンゴに凝っているようです。もう習い始めて3年目になるのだとか。かなり上手でした。

 演劇をやりたくて大学に入ったものの、入った時には演劇部はなくなっていて新たな目標を探していて、たどり着いたのが銅版画だったというエピソードは初めて知りました。『ピカソには描けない作品を作る』 といって、手探りで歩み始めた銅版画。カミソリやバンドエイドをモチーフにした、斬新な作品は評論家の評価を得ました。現在の、活躍のきっかけとなったのは、1989年に出版された、吉本ばななの小説『TUGUMI』 の装丁を手がけたことでした。この本は、200万部を突破して装丁の注文が殺到して、一躍有名な銅版画家となりました。

 雑誌に連載する作品の制作のようすも、つぶさに紹介していましたがその彩色の暖かな美しさは、みとれてしまうほどでした。番組で知って、とってもいいなと思ったのは、病院での仕事でした。最愛の父親を病室で看取った経験から、病室の簡素な天井の光景を見て父親が最期に見た風景がこれかと思うと涙がでてきたと語る彼女は美術家として父親になにもしてあげられなかったとの思いから病を治す場所に美術家としてなにかできたらとの思いで14年ごしで実現させたのが病室の天井画だったという。

 彼女を知ってから時間が経っているにもかかわらず、そのような感じを受けないのは、たえず新しいことにチャレンジしながら、みずみずしさをさらにましていく姿に感動させらるからなのだと思いました。

 2001年から1年間、朝日新聞に連載された池澤夏樹さんの小説 『静かな大地』に掲載された、挿絵の版画から最新作までを含めた作品展 『山本容子の時間旅行展』 が始まります。見たいと思っていた作品の数々を見る、絶好のチャンスなので、これは行かなくては!と、今から思っています。(この催しは終了しています)

【資料】
山本容子さんのオフィシャルホームページ
http://www.lucasmuseum.net/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「遠くへ行きたい」宮崎ロケ
「遠くへ行きたい」宮崎ロケ ...続きを見る
ひむかブログ
2006/02/11 00:15
錬金術師の工房
 銅版画家の山本容子さんの「わたしの好きな時間―My favorite tim ...続きを見る
Au Jardin 小さな庭から
2006/09/27 19:06

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、山本容子さんのことを検索してここへ来ました。
読ませていただきました。
是非見てみたかった番組でした。
実は、3月に放映される「遠くへ行きたい」に山本容子さんが出演なさるようです。
詳細はトラックバックを行いましたのでご覧ください。
・・余談・・
ミノルタは5xi9xiデュマージュA200と使って来ただけに残念です(TT)
MORIMORI
URL
2006/02/11 00:25
MORIMORI さんはじめまして!
ブログの記事よませていただきました!この番組のことは知らなかったので、大助かり!です。
今から楽しみですね!
番組をみることが出来なくて残念でしたね。
宮崎と鹿児島の距離感が今一わからないのですが、鹿児島での作品展には行かれますか?

HPの写真も今度ゆっくり見せてもらいます。新田原の写真いいですね!飛行機の写真好きなんですよ!
楽しみがふえました。また気軽にコメントしてください!
blog管理
2006/02/11 01:53
山本容子さんの輝きをます感性にふれて! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる